■日常の話題

■一生ヨロシクHKT

この表題を見てすぐにピンとくる人は、HKTのファンであってもそう多くないのではないでしょうか。ヒントは、とあるオリジナル曲の歌詞、その最後の一節です。曲名、分かりますか?

答えは「ファンミーティング」。092のアルバム曲です。
アルバム曲というだけでも地味な存在ですが、TYPE-CのDisc2にだけ収録されている超マイナー曲です。ついでに言うと特に名曲、神曲というわけでもありません。平凡な曲です。
しかし一部のファンはこの曲に思い入れを持っている筈です。私もその一人です。


この曲にはクレジットが特記されています。歌唱メンバーは、F24。そう、F24の博多座フレコンのテーマソングという位置付けで扱われ、当時繰り返し流れていたのです。
三期生推しの私はこの曲に強い思い入れがありますが、単なる思い入れでありません。歌詞の最後の一節「一生ヨロシクHKT」が妙に胸に刺さったのです。

ちょうど1,000件の記事をもって完結した前ブログ、その最後の記事で私はこのように綴りました。
「アイドルヲタクは一生続けられる素晴らしい趣味です」と。
今も変わらずこの思いを持ち続けているからこそ、この何気ない歌詞が胸に刺さったのです。

DwZB-CtVYAAOsC6.jpg
とはいえ、フレコンが終わり、F24が事実上の終了を迎え、この歌詞も一旦胸の奥に眠ることになります。
ところが二年半の時を経て、この「一生ヨロシクHKT」という言葉を鮮やかに思い出す出来事が起こりました。HKTの単独リクアワです。当時のレポ記事を振り返ってみましょう。自著の引用を続けるというのも芸がないですが、今回はしばしお付き合い下さい。

「なんて素晴らしい場面、なんて素晴らしいグループでしょうか。
ファンでいることをこうも誇らしく思ったことはありません。そしてこれからも。
これを見て、改めて誓ったんですよ。一期生の最後の一人が卒業するまで、心から声援と拍手を送り続けると。」

4299.png
リクアワの最後の場面に心が震える程に感動した私は当時このように綴ったわけですが、思いは一期生に対するものに留まりませんでした。

アイドルヲタクは一生続けられる素晴らしい趣味……一生ヨロシクHKT……
私は元々狭く深く、熱しにくく冷めにくい典型の性格です。昔からアイドルが好きでしたが、こんなにも愛したグループは他にありません。福岡に住むことになったのも何かの縁。終生このグループのファンでいよう、胸を張って応援し続けよう。涙を流しながらそう心に決めたのでした。



IMG_2706.jpg
さて話は少々変わります。去年から今年にかけて、六期生の中から未来の推しメンを探すと繰り返してきました。
昔から私のブログを読んで下さっている人、私と親交のある人の中には、これに違和感を覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
元々私は「推しメンを探そう、見付けよう」という考えを持たない人間でした。結果として好きになったから推す、というスタンスです。推しメンがいないから見付けたい、探さなければ、とは思わないのです。

では何故この考えが変わったのか。それこそが「一生ヨロシクHKT」に繋がっていくのです。

yumehitotuoffshot160906a.jpg
前推しのちーちゃんが卒業した時、余りに喪失感が大きくて悲しみに沈み、そして一度はヲタ卒しました。しかし箱推し感情が強くて成仏できず、このように戻って来てしまったわけです。

DSC07915.jpg
えれたんという心から好き、推したいと思えるメンバーに再び出会えたお陰でここまで幸せな日々を過ごさせてもらいました。ではえれたんが卒業してしまったらどうするのか。間違いなくその日は遠くありません。

ちーちゃんが卒業した時と今とで決定的に違うのは、終生このグループのファンでいようという思いが胸にあることです。しかしえれたんが卒業した時にその喪失感と悲しみに耐え、一生ヨロシクHKTであり続けるにはどうすればいいのか。
だからこそ六期生の中から未来の推しメンを探す必要があったのです。



5402.png
推しメン探しの旅は二転三転、迷い道が続きました。
六期生で最初に気になったのはざわちゃんでした。かわいさは文句なし、いかにも育ちが良さそうな上品なところがどストライクだったのです。しかし比較的短期間で「なんか違う」となったのです。

5415.png
その後、一度は江口のここちゃんに行こうとしました。童顔で小顔、小柄で細身で色白…私の好物の見本市のようです(笑)
しかしここちゃんも「やっぱりなんか違う」となりました。

5867.png
結局は一年半の旅路の果てにはんちゃんという安住の地(?)に辿り着いたわけですが、それも土壇場まで燻っていました。最後の一押し、決定的なきっかけが足りないと思っていたところに2023年12月27日の大事件が起こり、とうとう長い旅が終わったわけですが、あれがなかったら未だに旅半ばの迷いの中に在ったかも知れません。

私は昔から、人生において行く末を左右する重要な場面、転機において、偶然の巡り合わせや運こそがその最も大切なきっかけであると考えています。
真面目に生きること、一生懸命にやること、努力をすること。どれも大事だと思います。しかし偶然の運や縁、巡り合わせの強大な力の前に、時にそんなものは軽く吹き飛んでしまうのです。

5996.png
そんな私にとってはんちゃんから番号を呼ばれるという0.35%の奇跡は、まさにこれ以上ないトドメでした。

そうはいっても、元から気になっていたからこそあの大事件が最後の一押しになったのであって、もし全然興味のないメンバーから生写真にサインをもらったとしても事件でも何でもないイベントでした。
去年の秋頃、こう繰り返していました。不意にはんちゃん株が急上昇したものの、どうしてなのか自分でも分からない。入口に心当たりがない、と。

5878.png
しかし今思い返せば、心の中で潜在的にはんちゃんに向かわせていた要素が一つだけありました。それこそがまだ12歳という彼女の若さです。アイドルであるからには若さこそは絶対正義。どうせ推しメンを探すのであればより年齢が低い子がいいに決まっています。

IMG_3834.jpg
大事件を報告した記事の最後を「えれたんが卒業しても、あと十年は戦える…」と締め括りました。我々世代の大好物、某ガンダムに出てくる台詞を引用したものですが(笑)、実際のところえれたんとはんちゃんはちょうど十歳差です。もしはんちゃんがえれたんと同じ歳までアイドル活動を続けてくれたとしたら、シャレでもネタでもなく本当にあと十年は戦えるのです。

もしその時まで元気にヲタクを続けられていたとしたら、「はんちゃんがいつ卒業してもいいように、十期生の中から未来の推しメンを探す」とか言っているかも知れません。その日を楽しみにお待ち下さい(笑)
一生ヨロシクHKT。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■参号機落成

fc2blog_20240120103427875_202401201038222c5.jpg
※画像と本文は一切関係ありません(?)


「二刀流」
この言葉を聞けば、全世界の人が大谷翔平を思い浮かべるでしょう。今や世界最高の野球選手とまで評される若き英雄。彼のためにあるようなこの言葉を使って語るのもおこがましいですが、時を同じくしてアイドルヲタクのおぢさんが福岡の街の片隅で二刀流を頑張ろうとしているのです。
(一体なんなんだ)

KⅣのここ天公演には従前通りにえれたん装備で行く、はんちゃんに対してどう出るかが目下の課題だと先日述べました。はんちゃんセンターのパジャドラ公演ははんちゃん推し電光ボードで行くとして、ここ天で完全無装備というのも寂しいです。
いや寂しいというより、前回のここ天のお見送りではんちゃんを無視するかのようにノーアクションで通り過ぎたことに、自分自身強い違和感を感じてしまいました。
そしてはんちゃんにしっかり認知されれば「ふーん、ここ天ではえれなさん装備なんだ…」となってしまいます(震)
そこでここ天に入る際にえれたん推し電光ボードの陰に隠して(?)、やや控えめなはんちゃん推しグッズを同時に携える必要が出てきました。



IMG_3882.jpg
どーん
推し団扇というものを生まれて初めて作りました。私はパソコンでこういう物を作ったりする知識も技術もないので、電光ボードと同様に専ら手作業です。そして手作りの物はメンバー受けが良いのも経験から分かっています。
とはいっても、現場に行くと周りのヲタさん達の団扇のクオリティの高いこと…

それらに比べると最低限のもの、という印象ですが、初めて作って、それも手作業でこれなら及第点でしょう(自分で言うスタイル)。

IMG_3883.jpg
つくづく感心するのは、材料が全て揃ってしまう百均の神っぷりです。夏の日に扇ぐという本来の目的からすればやたらと大きくしかもハート型、且つ黒い紙が貼ってある団扇も有り難いし、切って貼るだけの超絶便利な蛍光カッティングシールなど二枚組で100円ですよ。団扇にカッティングシール二色、団扇カバーも買ってたったの400円(+税)とか!
初めてだったので三時間以上かかりましたが、慣れてくれば作製時間を大幅に短縮できそうです。裏側にセロファンを貼り付けねばならない電光ボードに比べれば遥かに楽なので、今後は生誕祭とかの時にばんばんワンオフ物が作れそうです(沼ってるw)



さてこの参号機、折を見て製作に取り掛かればいいや、というくらいに思っていたのですが、まさかの落成を急がねばならなくなる事案が発生しました。昨日のここ天バレンタイン公演に参戦してきたわけですが、この公演、助っ人はりんかの予定でした。
はんちゃん推しとしてはKⅣ助っ人の筆頭、助っ人枠独占の状態でなくなったのは悔しくもあるのですが、一方でえれたんに集中できるので安心安全(?)とも言えます。ゆったりと平日のバレンタイン公演を楽しもう。そんな風に呑気に構えていたのですが…


fc2blog_202402110819425d4_2024021108415113d.jpg

ちょwww安全公演じゃなくなったっていうwwwww
席を干され、さらにお見送りでえれたんとはんちゃんが離れていれば特に危険ではありません。しかし状況によっては逆に公演開始即修羅場ということもなくはないのです。
ともあれえれたん推し電光ボードとこの新作はんちゃんうちわ、ダブル装備で公演に入ってきましたよ。果たして結果はどうだったのでしょうか…後日上がる公演レポの記事に乞うご期待(?)

それにしてもかつて「あれこれ物を持って公演に入るなんて野暮、ペンライト一本ポケットに入れて劇場に行くのがいいのだ」などと語っていたのに、どうして私はこうなってしまったのでしょうか…(震)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■弐号機落成

5321.png
先日も報告しましたが、数々の名場面を共に作ってくれた電光ボードがお亡くなりになってしまいました(涙)

背面にモバイルバッテリーを貼り付けてケーブルで給電する、という方式でしたが、元からそのケーブルの差し込み口の作りがチャチでした。そのせいか突然消えたり光量が最小になったりと、買った時から動作が不安定なところがあり、少々心許なかったのです。そこで二代目電光ボードは乾電池式のものに買い替えました。

IMG_3841.jpg
どーん

何といっても乾電池式の安定感が良いですね。動作不安定なところは全くありません。加えて初号機が無段階調光だったのに対し、こちらは三段階です。電源のオン・オフボタンを長押しして無段階に明るさを変えるのも、動作不安定の一因ではなかったのかと思っています。しかし新たな弐号機は電源ボタンを押す毎にオン(光量小)→光量中→光量大→オフという方式です。
現場での推しボードとして使う以上、一番明るい光量でしか使いませんから、この方が扱いやすい上に安定していて有り難いです。
もう一つ良いところを挙げると、乾電池を入れる部分がグリップを兼ねてくれて持ちやすいのです。初号機は左手の親指と人差し指の腹で支えねばならず、神経を使うし疲れました。弐号機はしっかり握って持てるので安定しているし疲れにくく、一石二鳥です。
さらには、初号機は点灯すると背面に盛大に光が漏れたので、そのままでは現場で後ろの人の迷惑でした。そこで黒いガムテープを貼って対処していたのですが、こちらは背面に光が全然漏れないのも美点です。

勿論良いところばかりではありません。初号機に劣る部分も幾つかあります。
まず初号機に比べてやや大きく厚みもあります。乾電池式であることを差っ引いても、一回り大柄なのです。物が物だけにより小さくより薄く、は正義ですから、この点はやや残念です。
私は日頃大小二つのリュックを愛用していますが、初号機は通勤に使っている小さい方のリュックに収まりました。ところが弐号機は小リュックに入りません。平日の公演に入る時は職場から劇場に直行しますから、これまでは旅行の時にしか使わなかった大きい方のリュックで出勤しなければならなくなりました。結構これが煩わしいのです。
また、光る側が完全な平面になっておらず、A4サイズに窪んでいるのです。黒画用紙を切り抜いてカラーセロファンを貼った推しボードの本体部は、A4のクリアファイルに入れて、そのクリアファイルをボードにセロテープで貼って固定していました。ところがこのクリアファイルが窪みの部分より若干大きいのです。これが扱いにくく、全体的に平滑が保てません。まあ暗い客席で光らせるものなのでさほど問題でないと言えば問題でもないのですが…

IMG_3842.jpg
電池を入れる部分の蓋がネジ留め式というのも理解に苦しみます。なんでだ!
これでは電池をぎりぎりまで使って公演中に入れ替えることができないじゃないか…

かように一長一短なのですが、やっぱり動作が安定していることは何物にも代え難いです。これで電池が単3でなく単4だったらペンラと共通運用できて尚よかったのですが、これは仕方ありません。
ともあれ弐号機にも末永く活躍してもらいたいですね。というか、去る1月10日のパジャドラ公演で既に初運用を済ませてあります。










あっ…!

IMG_3840.jpg
……………………………………

(※質問には一切お答えできません)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■続・その名は研究生公演

今日から研究生公演が始まりますね。
半年遅い!
どうしてこのグループはいつもいつもいつもこうなんですかね…

研究生がちょうど16人になったあのタイミングでやらないでこの期に及んで始めるなんて、まさに的外れ。機を逸するという表現がここまでぴったりな愚策もない。当時既に何人かを昇格させる構想があったのではないかとか、小学生のゆいながいるから16人公演が土日しかできないとか色々な話が飛び交いましたが、それもこれも含めてです。
なんだよ結局やるのかよ、今さら…という思いです。
かように手放しでは喜べないわけですが、





fc2blog_20230930195922a60_20230930200408677.jpg
しっかりと見てきますが何か笑笑
(チョロい)

ガチの初日公演というのに入るのは初めてのことです。セットリストが分からない無二のわくわく感はコンサートと同じですが、それを劇場公演で味わえるとは非常に楽しみです。
(非常にチョロい)

fc2blog_20230930200143f71_20230930200409c02.jpg
それはいいのですが、七人はやっぱり弱いなぁ
いくらチケット代が安いとはいえ、これで集客できると思ってるんですかね?
平日は空席祭りでしょこれ。何かもっと良いやり方があったんじゃないかなあ…





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■推し事は楽しいなあ(棒)

IMG_3156.jpg
IMG_3154.jpg
今年の生誕Tが届きました♪
えれたんの生誕Tを買うのもこれで五回目かあ…(遠い目)
アイドル活動10年かあ…(遠い目)

IMG_3155.jpg
それはさておき、過去一おしゃんなデザイン!
はいいのですが、今年の生誕Tの色は白でした。

青(19歳)
黒(20歳)
ピンク(21歳)
緑(22歳)
白(23歳) ←New!

こんなメンバー他にいます?ww
飽きっぽい性格がそのまま反映されてるw(定期)


そんな生誕Tを着て臨むえれたんの生誕祭ですが、今年は当日に決定!
当日生誕祭は尊い(≧▽≦)

朗報はこれだけではありません。

おおおおまた舞台出演きたー!!
最近また一段と歌に力を入れていたので意外といえば意外でもあったのですが、えれたん本人がそのあたりを含め将来のことをよくよく考えているのを知っているし、とにかくこれは嬉しいです。

一方でちょっと残念というか空振りというか、そんな事もありました。


5673.png

えれたんのパジャドラ出演が何だか随分と少なくてもどかしい。先日の記事でこう述べたばかりです。漸くえれパジャドラがきたと思ったら、この日なのかあ…

生誕祭の直前なのに、とかいう話ではありません。今は平日ならば生誕祭でも定員割ってるのが現実です。火曜日のえれ誕祭は直前の当選持ってても大丈夫でしょう。
そうではなくて、この日は所用の予定を入れてあったんです。宿も切符も既に手配済み。所用とはいってもプライベートの事なので、延期や中止したところで誰にも迷惑はかかりません。一週間延ばそうかとも思いました。でもそんなことばかり言っていたらキリがないし、また、次の週の日曜日(9月10日)は10時から他ならぬしゃーSHE彼女3のチケット発売があるのです。

1275443044_photo230827.jpg
ぽんプラザホールは小さな劇場です。チケットを買おうと思ったら、まして良い席をおさえたいならばパソコンに張り付いて発売時刻を待ち構えることが必須です。スマホでも買えるといえば買えるけれど、戦闘力が大きく低下することは否めません。

どうしたものか…と思いましたが、やっぱりこの日のパジャドラはどーしても観たい!
えれたんだけでなく俺のいぶいぶ大天使もいるし、俺のここちゃんも俺のきゅうりちゃんもビジュアル最強くりなたんもいる。おいもちゃん初出演というイベントまである。
ついでに言うと、このパジャドラの当落出た後生誕祭に投げられる日程も絶妙(小声)



fc2blog_202308271303082f7_20230827133336b52.jpg

で、結局投げたったwww
しゃーSHE彼女3のチケットはどうするのか。9月10日は10時前後は時間が作れることが確認できたので、ノートパソコンを持参することにしました。このためだけに持って行くの重くて大変だけどw

とにかくこーなったら9月3日のパジャドラ無事に当選するよう祈ってやって下さい笑笑
当たったら忘れずに宿と切符キャンセルしなきゃ笑笑笑





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR