■2019年05月

■2019年4月18日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その一)

自身二回目の研究生公演、僅か中一日で西鉄ホールです。この日はまたしなももんが#さんと連番でした。しなももんが#さん、ありがとうございました。

前回の研究生公演はスカラの後方席でした。ただでさえ五期生の顔と名前がまだ一致しない状態でそれだったので、残念ながら受け取れるものは少なく、脳パラ公演懐かしいな~、色々と研究生公演らしいな~という程度の感想しかありませんでした。
顔と名前も一致するようになったところで、ここは推され席に着きたいです。

DSC01166.jpg
チケットは107番でした。さて入場抽選の結果は…



IMG_6420.jpg
2巡目!
3巡目の翌々日に2巡目!
干され続きを何度も嘆いてきましたが、遂に流れが変わったようです。俺様のターンがやっと来たか!(`・ω・´)

しかも、ただの2巡ではありません。1巡目が260番台だったのですが、ここが三人しかいなかったのです。つまり実質この日の十人目で場内に入ったことになります。
こうなれば狙いはBステ前センブロ最前列です。果たして空いていてくれるでしょうか。最前列に指定枠が入っていて、且つ自分達の前が全員スタンド席派という悪い条件が重なれば埋まってしまいますが…

西鉄ホール座席図190418脳パラ
空いていました!神席キター(≧▽≦)
しなももんが#さんが左隣です。虫食いでなくて二席並んで空いているとは神展開。まあもし虫食いだったとしても、この巡目なら連番捨てて離れて座ったと思いますがw

そして単に神席が嬉しいだけではありませんでした。思い出すのは今回の亡霊活の最初の公演だった去年10月10日の手つなです。あの日1巡で呼ばれてBステ前最前列ドセンに座ったのです。
この時点でまだ22日の手つなの当落は出ていなかったわけですから、これが最後の公演という可能性もありました。そこで再び同じようにBステ前最前に座れるとは、運命が不思議と巡っているということを感じたのです。実に感慨深い一幕でした。



≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・上島楓・工藤陽香・栗山梨奈・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・水上凜巳花・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(上島)
5.MARIA(竹本、田中伊、村上)
6.君はペガサス(市村、栗山、坂本り、水上)
7.ほねほねワルツ(石橋、後藤)
8.くるくるぱー(市村、工藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.意志
EN4.真っ赤なアンブレラ
EN5.草原の奇跡



影アナはくるたん。こんなにも噛み倒したgdgdの影アナは初めて聞きました。ダンスのかっこよさとのギャップがよきですww

さて開演ですが、その前に。どのくらい沸いてどのくらいコールをするかという問題があります。どの場面でも誰でも全部コールする人もいますが、私はそれでは精神も喉も持ちません(笑)

2838.png
しかし、MIXとユニットのソロパートだけコールというのはちょっと物足りない。五期生はまだ誰が好きも何も定まっていないのですが、ひとまずは唯一の同郷である埼玉県出身のわかにゃんコールをしていくことにしました。
これだけの人数がいるグループで唯一人の同郷ならば、無条件で推すのはむしろ当たり前です。



席に恵まれたことによって、前回の脳パラとは打って変わって、それぞれのメンバーをよく見てよく知ることが主題になりました。12人の中でまず目を引いたのが…

2842.png
2840.png
いぶき。
なんだああこの子は?!めっちゃくちゃかわええええ!!
びっくりするくらいかわいい子というのに、久し振りに会いました。
単に顔立ちが良い、自分好みというだけではありません。ちょっとした仕草だとかちょっとした喋り方だとか、全てがかわいいのです。

生き物としてかわいい。存在がかわいい。
もしアイドルになっていなかったら、学校でモテてモテて仕方がなかったでしょうね、この子は。

2839.png
そしてこのかわいさ、半分は女の子としてのかわいさですが、今はまだ半分が子供のかわいさです。この先どう成長していくのか楽しみであり、怖くもあります。さらに爆発的にかわいくなっていくかも知れないですが、脆くも壊れてしまうかも知れないのです。まあ、ここまで美形なら大丈夫だとは思いますが。
そしてまだ13歳です。この子を推していればあと十年は戦える…

2841.png
さらに一つ年下なのがHKT最年少のくどはる。脳内パラダイスの出だしソロパフォーマンスを彼女が担当したのですが、元気に走る、跳ねる。こちらは無邪気な子供でしかない(笑)

2844.png
その一方で、メイクがおかしい。一言で言うと、目を濃く描き過ぎているのです。その結果珍獣みたいな顔になってる…( ̄∇ ̄;
まあこれもすぐに上手くなるのでしょうが、中学に上がったばかりの12歳でしょう。すっぴんで出てもいいくらいですよね。そういえば昔、当時中学生だった奈子が急遽の代打ですっぴんで公演に出たことがあったなw

2843.png
あとは前回に続いて目を引いたのはくるたんのダンス。やっぱり凄いです。ただキレキレというだけでなく、上下の動きが大きくて躍動感が素晴らしい。そしてリズムに乗って踊るというよりは、自分からリズムを作り、リズムを支配してしまう程の力強さなのです。これははるたん先生の系譜ですね~

ダンスに関してだけ言うなら、この子は背の低さが良い方に作用しているように思えます。センターがよく似合う。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月18日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その二)

(※参考記事:レポ記事その一)

IMG_6419.jpg
≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・上島楓・工藤陽香・栗山梨奈・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・水上凜巳花・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(上島)
5.MARIA(竹本、田中伊、村上)
6.君はペガサス(市村、栗山、坂本り、水上)
7.ほねほねワルツ(石橋、後藤)
8.くるくるぱー(市村、工藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.意志
EN4.真っ赤なアンブレラ
EN5.草原の奇跡



2851.png
自己紹介MCのgdgdっぷりといったらもう…笑
全員「何を話すか」はちゃんと考えてきているのですが、「どう話すか」まで用意してきている子は一人もいません。そして他のメンバーがツッコんできたりすると、途端にその子との一対一のやり取りになってしまい、客席へ向けての喋りでなくなってしまうのです。

むろんだからこその研究生公演であり、この先の成長を見ていく楽しみが真髄ではあるのですが。

2854.png
初めは、脳パラ公演は終盤MCがないから修行の場としては役不足だと思っていました。しかしこの日の公演を観て考えが変わりました。話が少し飛びますが、ユニット明けMCで驚いたことがあったのです。赤ランプが点いた後に新しい話題を始めたのです。それも結構な尺で。

えっ?!と思いましたが、連番のしなももんが#さんの分析によれば「公演の尺が短いから、喋りたいことは全部喋っていいと言われているのだろう」ということでした。なるほどそれならば納得です。
ある程度スキルが上がったところで終盤MCを加える、或いはアンコールで感想を全員が言うなどの変更もアリですね。

2852.png
2853.png
あとMCといえば、くりなとみやびーむの美声が耳に心地好い…
五期生はチビロリと美人系に二極化していると言いましたが、美人系お姉さんは物腰もおっとりしている子ばかりで、ギャップが全然ないところが惜しい(?)です笑



2855.png
ユニット曲にいきまして、一曲目でいきなり度肝を抜かれ、そして感心しました。かえでのなきほほソロが一気に進化しているのです。堂々とした物腰や力強い歌声は新人離れしている一方で、声質や歌い方がこの手の曲に合っていないのが残念。これが前回、研究生公演の二日目を観た時の感想でした。

ところがこの日は見違えるようでした。前回はとにかく声を張って強く歌うだけだったのですが、柔らかく歌うところは柔らかく、声を抑えるところは抑え気味に、裏声も効果的に使われています。素晴らしい歌声で、拍手にも力が入りました。僅か数回を経ただけでこうも成長するとは、これぞ研究生公演の面白さの真髄です。

2856.png
大好きなMARIAへ。とにかく力強いセンターくるたん、表情や雰囲気はバッチリなのにアニメ声が全然曲に合っていないわかにゃん(笑)、下手ポジのいおりは前回いなかったので事実上この日初めて見たのですが、Bステに出てきた時の0ズレ、目の前も目の前に来たのがこの子でした。

2857.png
この子も美人ですが、MARIAの衣装や雰囲気がめちゃくちゃ似合っている!いや~いいものが見られました。二公演連続での最前列特権に感謝です。

ところでちょっと気になった事がありまして。五期生メンバーへのコールなんですが、皆さんご存知の通り一部の例外を除いて、三文字の名前のメンバーへのコールはニックネームとは関係なしに本名であることが殆どです。
四期生を例にとっても、
なっぴは「ひろな」、ODAは「あやか」、おいもは「もえか」コールです。一部の例外に当たるのが「もかちゃん」コールですが、これは恐らくメンバー本人の希望によるものと思われます。

2858.png
然るにくるたんも「くるみ」でなく「くるたん」コールなんですね。これも本人の希望なんでしょうか。
それはいいとして、気になる事とはMARIAでのコールです。何故「超絶かわいいくるたん」コールなんだ…
ここはどう見ても伝統の「くるくるくるくる…」の方がおいしいでしょうが(笑)
どこでどうして超絶かわいいコールが定着したのだろう…?

そうそう、コールといえばもう一つ。ひらがなりのちゃんのコールが意外とすんなり「りのちゃん」で定着しましたね。しかし、もしさっしーの卒業がまだ先だったらどうなっていたんでしょうかww

2861.png
話をユニット曲に戻しまして、MARIAに続いてペガサスでもBステ祭りです。RESET公演みたいに余りBステを多用すること自体は賛成できませんが、この曲の1番で一人ずつ歌いながら前に出てくる演出はとても似合っています。

2859.png
ひらがなりのちゃんが目の前に来ました。まだまだですね。今はまだやるべき事をなぞっているだけの段階に見えます。そういう技術や経験の面もさることながら、この子のおっとりした物腰や声質がこの曲に合っていないのかも知れません。

2860.png
この曲ではあいちーを間近で見てみたかった…かなりクセが強いけどw
どうしてこの子はこうも熱唱しようとするのでしょうか。バレー部の副キャプテンみたいな印象だと言いましたが、合唱部の副キャップも兼任しているようです笑

2862.png
そしてほねほねもBステメインです。
いぶいぶ大天使が目の前にキター!!(≧▽≦)
(チョロい)

それはいいとして(?)驚いたのは、前回見られなかったなこみくの再来との呼び声が高いいぶはるロリロリワルツが見られると思っていたのに、相方がぴなのだったことです。早くもユニットシャッフルしてくるとは凄いな。

2863.png
ここで再び話が脱線するのですが、しなももんが#さんの五期生一推しがぴなのなんです。このユニットはてっきりいぶはるだと思っていたのに、この神席でこれとは、彼得すぎる展開でワロタww

そして終演後の感想戦において、互いに「どこがかわいいのか分からない」
いや~、推しかぶりしなくてたいへんよきですwww

2864.png
ユニット最後のくるくるぱーへ。
前回観た時は、センターのみやびーむが余りに脱力系なので、こんなくるくるぱーがあっていいのだろうか?と思ったのです。ところがこの日分かったのは、この子が余りに動けないのでここしか出来ないということでしたww

まあ踊れない子、体の使い方自体がたどたどしい子は他にも何人かいますが、この子は美人で、背が高く、ガタイが良く、胸もあって、とにかく容姿がどーんと存在感あるだけに、余計に動けないのが目立つのです。ああ、日向によく似ている…( ̄∇ ̄;
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月18日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その三)

(※参考記事:レポ記事その一その二)

DSC01216.jpg
≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・上島楓・工藤陽香・栗山梨奈・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・水上凜巳花・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(上島)
5.MARIA(竹本、田中伊、村上)
6.君はペガサス(市村、栗山、坂本り、水上)
7.ほねほねワルツ(石橋、後藤)
8.くるくるぱー(市村、工藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.意志
EN4.真っ赤なアンブレラ
EN5.草原の奇跡



2865.png
脳パラ公演では前半曲からユニットにかけてが濃いのに対して、個人的に後半曲はいまひとつ響きません。シアター・パイレーツでやっぱりくるたんのイケイケダンスに目を引かれつつ、サラッとアンコールへ。

2867.png
アンコールでメンバーが着ているのが二代目下克上Tシャツ。こんなものを用意してくるあたり、五年振りに復活した研究生公演に対する力の入れようが窺えますが、観る側にとってはΠ観衣装なのでございます( ̄∇ ̄)

とりあえずツートップはみやびーむとあいちーだろうか。二人とも標高が高いだけでなくガタイが良いから無闇に力強いw
あとはわかにゃんのケツがよき

2866.png
そんな(?)わかにゃんですが、アンコールの途中で一目でそれと分かるくらいに動きが鈍くなってしまいました。
ここまで分かりやすく電池切れするメンバー久々に見たw

公演一本を乗り切るだけの体力、筋力がまだないのでしょう。これについては自然についてくるとは思うのですが、どうか怪我だけはしないで欲しいですね。心配しつつも電池切れの様子がじわじわくるww

2868.png
そして研究生バージョンでの意志へ。ここでは前回研究生公演を観た時と同じ感想を改めて持ちました。即ち、少なくともダンスパフォーマンスにおいては、中途半端にそこそこ出来てしまっているので、良くも悪くも見応えがないということです。まあ単なるヲタクの我儘なんですが、主にダンススキル重視のオーディションでもしたのでしょうか。

2870.png
そんな中であいちーは今回も安定の滝修行でした。ゆかちゃんの系譜…笑

2869.png
さて、これで劇場公演での新曲全バージョン制覇です。それだけでも嬉しいのですが、この後さらにお得な展開に。
続けざまに五期生の楽曲、真っ赤なアンブレラが披露されたのです。しかもフルバージョン!そしてとても良い曲!
さらにはいぶいぶ大天使がセンター!(≧▽≦)
(チョロい)

曲の良さにしみじみと耳を傾け、いぶいぶセンターに萌え、わかにゃんに「あともう少しだ、頑張るんだ!」と念を送ると忙しくも盛り沢山、お腹一杯でした。

2871.png
最後に草原の奇跡。曲が良過ぎて状況、歌唱メンバーにかかわらず感動できる!(定期)

2872.png
お見送りで目を引いたのはみやびーむでした。声を張って全員に「ありがとうございます!ありがとうございます!」と繰り返しているのです。ふわふわしたポンコツに見えるけれど、この年齢からアイドルを始める遅さ、自分には時間がないということを自覚しているのでしょう。その姿勢は好印象です。

この席は退場も早めで、二公演連続で荷物の回収が早くて楽勝でした。感謝感謝です。
そして五期生メンバーのことも掴めてきて、ここからが面白いというところでもう観られないとは、仕方がないですが残念です。彼女達の健全な成長を心から願っています。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その一)

半年間限定の亡霊活も、いよいよこれが最後の公演となりました。そして日程的にも長期休館日に入る前の最後の公演であり、平成最後の劇場公演でもありました。まずはこの公演に当選して劇場に入れたことに大いに感謝します。

2873.png
これだけでも有終の美を飾れたと言えるのですが、この日の公演は本当に素晴らしいもので、最高の終わり方ができました。終わり良ければ総て良し。帰り道でも夜更けの道で一人、ああ、今日の公演はよかった…良い終わり方ができて嬉しい…としみじみ噛み締めてしまう程でした。

長きにわたって続いていて、自身もう何度も入った手つな公演です。新しい何かを見出す余地は無いと言えますが、ではそれが素晴らしい公演となり得るには、一に席、二にメンバーのモチベーション、三に客席の盛り上がりです。

少なくとも西鉄ホールにおいては、これまでは「そろそろ推され巡で呼ばれないものかね」「推されたらいいなあ」という程度の思いでした。ところがこの日はまるでスカラエスパシオでの公演のように「頼むから推されてくれ!」「絶対に推されたい!」と念じていました。良い終わり方をしたいという気持ちがとても強かったのです。

DSC01193.jpg
チケットは101番でした。最後に下1番ゲットです。まずは幸先よく嬉しかったですが、むろんより重要なのは巡目です。
ずっと干され続きだったところが突然確変して、3巡、2巡ときました。こうなったら3→2→1しかないだろう、と勝手な期待というか妄想をしていましたが、世の中そこまで甘くはないのですね。

結果は…

DSC01182.jpg
9巡でした!上々です。
最後は見事に三回連続ひと桁巡で締めくくることができました。長い干され続きの期間もこれで完全に相殺されたと言えるでしょう。そして手つな公演でこの巡目なら下手一択です。どんどん奥へ進んで…

西鉄ホール座席図190422手つな
この席に座りました。巡目の割にそこまで良くはないという印象です。実は下手の端の前から二列目、B-1からB-3も空いていました。が、まったく眼中にありませんでした。流石に端っこ過ぎます。最後だからえれたんの姿ばかりを追うのでなく、公演全体、チームTⅡ全体を見渡したいという思いもありました。



さて、この日は影アナから注目でした。これだけの回数公演に入っておきながら、実はえれたんの影アナを一度も聞いたことがないのです。むしろ凄い確率と言えそうですが、とにかく最後にえれたんの影アナが聞きたい。
しかし残念ながら他のメンバーでした。でもまあ、これは小ネタですね。真に祈るはユニット割りです。

出演メンバーは天音を除く16人、チームTⅡフルメンでした。最後に天音の姿を見たかったけれど、残念ながら間に合わなかったようです。どうかお大事に、早く怪我を治してね。

2874.png
さあ、平成最後の公演、自分にとっても最後の公演が始まりました!ここから輝きに満ちた宝石のような二時間を過ごすことになります。
みんなかわええええ(定期)

2877.png
まずは皆の髪型に注目です。えれたんがツインお団子の所謂「くまさんヘアー」!(//∇//)

IMG_6432.jpg
そして他に同じ髪型をしているメンバーが五人もいます。これだけでも祭りですが、まだ終わりません。

2882.png
みるんちゃんが前髪ぱっつんのハーフツイン!ばりかわええええええええ!
通常のツインテより結び目がやや後ろにあるところに恥じらいが感じられて、それがまた…

2880.png
しかも御年22ちゃいのさえ姉も同じ髪型に。これも尊い。

2876.png
さらに髪を上げるのが珍しい葉月はお団子。女将感ww

2879.png
極め付けはエミリーまでもがハーフツインをしていることです。これは激レア!
平成最後、はともかくとして(?)長期休館前の最後の公演だからか、メンバー達のテンションがいつもと違うことがありありと見て取れました。そして、それが表れていたのは髪型だけではありません。

肝心の公演パフォーマンス面において、各メンバーのモチベーションが高かったのです。
エミリーにみるんちゃんに葉月。まったくえれたんとは対照的に三期は気分屋でムラのある面々が多いですが、全員が弾けている公演はたぶん見たことがないと思います。(本来はいつもそうでなければいけないのだがw)これが素晴らしい公演にならないわけがない。最後までそれで突っ走ってくれたのだから最高でした。

2883.png
そして第三の要素である客席の盛り上がりですが、これについてもこの日は文句なしでした。声量十分でばっちり沸いていましたが、ただ騒ぎたいだけの輩や変なコールをする厄介もおらずまさに適切。

自分自身も、それまでの公演とはモチベーションが違いました。これで最後と思うと、完全燃焼したい、悔いなくやり切りたいという気持ちが募り、声が枯れてもいいやと最初から全開の声量でコールしていきました。特にえれたんへのコールは力が入る!
前半曲で一番の力の入れどころはチャイラブの1番Bメロですが、えれなコール四連打っただけで酸欠になるんじゃないかという勢いで爆沸きしました。この劇場でえれなコールが一番大きくなくてはならない!



かように自分自身の思い入れも並々ならぬものがあったので、序盤から早くも感慨深くもなってしまいました。
大好きな、愛すべきメンバー達。素晴らしい公演。ステージと客席の一体感。やっぱりアイドルって素晴らしい。やっぱり俺はこれが好きだ。HKT48が大好きだ。この輝かしい時間が終わらないで欲しい。永遠に続いて欲しい。でもそれはやっぱり叶わなくて、今日で終わり。もうこれで最後。

2884.png
沸きどころが少ないマンゴーNo.2でステージ全体を見渡し、16人の姿をそれぞれ見ていったら、色々な感情が湧き上がって複雑に入り乱れ、胸が一杯になってしまいました。涙がこみ上げてきましたが、それをぐっと堪えます。公演はまだ始まったばかりです。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その二)

(※参考記事:レポ記事その一)

DSC01181.jpg
みるんちゃんがこういう事を書くのは珍しい。これだけでもメンバーのモチベーションの高さが窺えます。

2885.png
もう会えないのが辛過ぎる、エロい衣装きたー
至高のへそ&くびれ&けつ&ftmmタイム
メンバーの尻のハミ肉がたまらん
みるけつに出会えて幸せだった


露出の多い衣装の美点を効果的に活かす(?)腰ふりふりダンスでえれたんをガン見して( ̄∇ ̄)こんな表情になっていると、間もなくBステにメンバーが…

2886.png
そしてこの席位置、自分にとって危険なメンバーそのちんがバッチリ0ズレに。あああやっぱりかわいい、この日もかわいい。

2887.png
かわいいだけでなくスタイル最高、もう完璧。
そしてこの後二度にわたって追い討ちをかけられ、眠っていたそのちん病が再発することに…

それはともかくとして(?)、アーカイブでは抜かれていませんでしたが、大サビのえれはづトレインはこの日も安定。それと同時に楽しみにしているのがくるくるみるんさんなのですが…

2888.png
この日は逆パターンでみるんちゃんがエミリーを回していました。そっちじゃない!ww
エミリーのくびれも絶品だからどっちでもいいっちゃいいけど

2890.png
チャイラブでは劇場公演で最もおいしいポイントだと思っている間奏三連MIXが打てます。しかしTⅡの手つなでは一筋縄ではいきません。ちょうど三連に入るところで、えれたんのどエロいけつふりふりがあるのです。しかも前列の下手側で。
MIXに入る瞬間と余りに見事にタイミングがかぶっているのですが、これをガン見しているのでMIXどころではありません。で、三連というのは出だしで力がこもらないと最後までそのまま流してしまうんですよね。はい、という個人的な話でしたw



自己紹介MCに入るところの全体礼で、ちゃんもかの谷間いただきました。DMMのスイッチャーが阻止に命をかけているところですが(笑)、現場民の特権だもんね( ̄∇ ̄)グフフ

さあ、手つな公演では毎度お馴染み、この日も自己紹介の立ち位置に大注目です。
えれたんのユニットで見たことがないのがブルドンと雨ピ。これで最後です、このどちらかがどうしても見たいです。
となるとえれたんが一列目にいたならその時点で終了ですが…

2891.png
二列目きた!これは朗報、どちらも可能性があります!

特別な理由がない限り三期生がブルドンに出ることはもうない、一度はこう悟ったわけですが、最後までえれブルドンの希望は捨てません。可能性を後押しする幾つかの要因がありました。
1.この二つ前の手つなでゆうながブルドンに出た
2.この一つ前の手つなで、石ちゃんがついにチョコ以外のユニットに出演。バーコードの下手ポジでした。これはえれたんとポジかぶりです。折角覚えたのだから石ちゃんは暫くバーコードに固定の可能性あり、するとえれバーコードは消える。
3.平成最後の公演だから何かやらかして欲しい

と、ここまで考えたところで改めてよく見たら、石ちゃん三列目やんか…
これで石ちゃんはチョコ確定か。するとえれバーコードも十分にあり得ます。ざわ…ざわ…

2892.png
とりあえずはGDへ。センターはなちゃん、葉月とまりあという安定の布陣です。
そして前回はキリマンジャロdaysでバックダンサーを見ている暇などなかったわけですが、これは平野days…

2893.png
いぶいぶ大天使コネ━━━('A`)━━━!!
でもわかにゃんはおった!(≧▽≦)
(ぇ
ソウカ、メンバーガイツモボヤイテイルノハコノコトダッタノカ

…いや、そんな事を言っている場合じゃなかった。曲の途中まではいつも通りに楽しめていましたが、終わりに近付くとバーコードのメンバーが気になって上の空です。果たして…



2895.png
バーコードはエミリー、びびあん、日向でした!
絶対とは言えませんが、通例からすれば間違いないでしょう。えれたんはブルドンか雨ピで確定です!o(゚∀゚)oワーイワーイ

2894.png
しかも大好きなバーコードのびびあんが。真顔、切なそうな顔の、それも横顔。一番かわいいびびあんが堪能できます。

さあそして、ブルドンの面子は…

2897.png
ああ、やっぱり四期生。もか、ODA、ちゃんりおでした。
う~ん、えれたんのブルドンが見たかったけれど、殊更残念に思ったわけではありません。四期生でくるだろうなと半ば予想していたし、雨ピが見られるだけで十分だからです。

2896.png
三人ともかわいい!(切り替え早っ)
そしてこの曲では三人で手を合わせてそれぞれ前を見る決めどころが三回あるのですが、俺のあやかODAが常に全く同じ顔なのが笑えるw
これはアイドルとして模範的なのか、それともそうでないのか?(笑)

さて、えれたんの雨ピ確定は嬉しいのですが、ブルドンを安穏と見ていたわけではありません。実はもう一つ、大いに気になることがあったのです。GDの時と同様、次の雨ピのことが気になって後半は上の空でした。その気になることとは…
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その三)

(※参考記事:レポ記事その一その二)

えれたんの雨ピ確定は大いに朗報でしたが、あと一つ気になることがあってブルドンの後半は上の空だったと言いました。
その気になることとは、えれたんとシンメになる下手ポジを誰がやるのかということです。ここでもう一回自己紹介の立ち位置を確認しましょう。

2891.png
三列目にみるんちゃんとそのちんがいます。二人とも雨ピの下手ポジができるし、チョコのセンターもできるんです。
むろん生で一度も見たことがないえれみるのユニットが見たいわけですが、確率二分の一といったところでしょうか。いや、みるんちゃんはここのところ雨ピが続いていたので、半分もないかも知れません。

でもどうしてもえれみるが同じユニットに出ている姿を見たい!果たして結果は…



2903.png
2898.png
2899.png
きたあああああああああああああああああああああ!!!!
うおおおなんという僥倖っ!なんという幸せ!
感激して泣きそうでした。しかしいきなり泣いたらよく見えませんからぐっと堪えます。

2900.png
そしてセンターがさえちゃん!これもきたー!
というのは、この前回同じようにえれみるの雨ピがあってた時、センターが日向だったのです。悪いけれどこれは力不足。さえちゃんセンターの鉄壁の安定感があってこそ、両脇のえれみるシンメが映えるのです。そして三期生の同期ユニットというのも最高です。

本当に、この公演に入れたこと、とても良い公演だったこと、席も上々だったこと、有終の美を飾らせてくれた様々な要素に感謝ですが、ここがまさに圧巻でした。有終の美なんて言葉ではとても足りないくらいです。ありがとうありがとう…



≪2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・今村麻莉愛・小田彩加・栗原紗英・堺萌香・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・武田智加・外薗葉月・松岡はな・松本日向・宮崎想乃・村川緋杏・山内祐奈・山下エミリー

≪同セットリスト≫
影アナ:清水梨央

0.overture
1.僕らの風
2.マンゴーNo.2
3.手をつなぎながら
4.チャイムはLOVE SONG
MC(自己紹介)
5.Glory days(今村、松岡は、外薗)
6.この胸のバーコード(松本、村川、山下)
7.ウィンブルドンへ連れて行って(小田、清水、武田)
8.雨のピアニスト(荒巻、栗原、坂本)
9.チョコの行方(堺、石、宮崎、山内)
MC
10.Innocence
11.ロマンスロケット
12.恋の傾向と対策
MC
13.大好き

アンコール

EN1.ロープの友情
EN2.火曜日の夜、水曜日の朝
MC
EN3.意志
EN4.遠くにいても



2901.png
客観的に見ても、この三人の雨ピは素晴らしかったです。三者三様が楽しめました。曲に入り込んで表現し切ろうとするさえちゃんの迫力。そこまで自分を見失わずに冷静に淡々と、それでいてどこまでも似合ってしまうみるんちゃん。歌うことを楽しんじゃって時折笑顔が出そうになるのを抑えるえれたん。
三者三様でありながら息はぴったり合い、一体感があるのです。これぞ同期のユニットならではです。

細かいツッコミどころもありました。前半曲でハーフツインにしていたみるんちゃんですが、これを解除して出てきました。そのままでいいのに…きっと周囲の雰囲気に乗せられてやってみたものの、恥ずかしくなって止めたのでしょう。そんな気もしていましたが(笑)

2902.png
これに対してえれたんはこの曲でもくまさんヘアーのままです。どちらが良いのか悪いのかw
こういう時、えれたんの方が一度始めたらアイドルに徹してやり切るんですよね。

そしてこの曲の象徴とも言える、大サビ前の間奏でピアニストの狂気を表現する振りがありますが、えれたんの動きがおかしい( ̄∇ ̄;
曲に入り込んでいる上にもう何度もやっていて見せ方が分かっているさえちゃん、元々体が柔らかくしなやかで、こういう動きが得意なみるんちゃん、これに対してえれたんはガジガジと直線的な、ロボットみたいな動きなのです。
あいやー、こいつは俺のえれたんの弱点露呈コンテンツだったか…
えれたんの愚直にひたむきに頑張るところが好きなのであって、少なくともダンスにおいてはパフォーマンスを凄いと思ったことはない。以前にこんなことを述べましたが、それを再確認させられる結果に( ̄∇ ̄;

でも、それもこれも含めて最高の雨ピでした。良いものが見られました。



そんな雨ピが終わったところで次のチョコでは放心状態…
とはならないんですよ。目くるめく展開が続いたこの日の公演、気を抜いている暇など一時もありませんでした。

2904.png
2905.png
チョコはセンターがそのちん。そしてこの席位置だといきなり歌い出しでBステ0ズレというこれ以上ない至近距離に。

あああ、やっぱりかわいい、かわいいよお(*´Д`*)
だって顔が好み過ぎる。白状しますが、曲中ほぼそのちんしか見えませんでした。ああ、どうなる俺…

2906.png
この一つ前の手つな公演で、イノセンスの歌い出しがまりあという大事件が起こったのですが、この日は健全(?)且つ安定のさえちゃんでした。
それにしても、私の記憶が正しければこの曲、元は「高校生未満歌唱禁止」ではなく「16歳未満歌唱禁止」だった筈ですが、どうして勝手に決まりを変えよったとかいな。まあべつにどっちでもいいけど笑

そして天音不在、ティファ氏がチョコだっということは…

2907.png
えれキックきたー!
全てが私の望む方向に動いていて、こんなに恵まれていいのだろうかと思えます。これで思い残すことなく福岡を去れます(本当か?)
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その四)

(※参考記事:レポ記事その一その二その三)

≪2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・今村麻莉愛・小田彩加・栗原紗英・堺萌香・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・武田智加・外薗葉月・松岡はな・松本日向・宮崎想乃・村川緋杏・山内祐奈・山下エミリー

≪同セットリスト≫
影アナ:清水梨央

0.overture
1.僕らの風
2.マンゴーNo.2
3.手をつなぎながら
4.チャイムはLOVE SONG
MC(自己紹介)
5.Glory days(今村、松岡は、外薗)
6.この胸のバーコード(松本、村川、山下)
7.ウィンブルドンへ連れて行って(小田、清水、武田)
8.雨のピアニスト(荒巻、栗原、坂本)
9.チョコの行方(堺、石、宮崎、山内)
MC
10.Innocence
11.ロマンスロケット
12.恋の傾向と対策
MC
13.大好き

アンコール

EN1.ロープの友情
EN2.火曜日の夜、水曜日の朝
MC
EN3.意志
EN4.遠くにいても



この日の公演は、奇しくもあの新潟騒動の翌日でした。ここまで問題が大きくなりそして泥沼化すると、流石に対岸の火事などと言っていられません。それまでのように、劇場に向かうのがただ楽しみでしかないという気持ちにはなれませんでした。
メンバー達だって少なからず思うところがあったでしょう。何となれば全員がAKS所属なのですから。

2909.png
しかしいざ公演の幕が開くと、そんな事を一瞬で忘れ去ってしまう程のキラキラした輝きと熱狂がありました。メンバー達が虚勢を張り、客席のヲタは単に能天気なだけだった可能性も否定できませんが(笑)

でも開演前の不安をよそに、無心でこれを楽しめるようになるのに時間は要りませんでした。そんな輝きと熱狂が最も象徴されていたのがロマロケ~恋の傾向と対策のあたりでした。

2910.png
一口に劇場公演といっても、セットリスト以外にもそれぞれに特徴、個性があります。たとえばパジャマドライブ公演は、随所に16人全員で決めポーズをするところがある。これは他の公演には殆ど見られないものです。

では手をつなぎながら公演の特徴はといえば、メンバー同士が自由にわちゃわちゃ絡むところが多いことです。そしてそれによって、楽しさが爆発するのです。陽と陰で言うなら陽の顔がここまで際立った公演もなかなかないでしょう。

2912.png
ロマロケと、恋の傾向と対策。この二曲はそんな楽しさ爆発の象徴なのです。大サビ前の間奏のラインダンスなんか最高です。

だからこの二曲は沸くのが特に楽しい。1番Bメロのえれたんのソロパートは命を懸けるところです。アフォみたいな声量でえれなコール四連。そのまま酸欠になって後ろに倒れるんじゃないかと思いましたww
ああ、やっぱりヲタ活は楽しい。



西鉄ホール座席図190422手つな
さて改めまして、この日座ったのはこの席です。
話は前後しますが、ロマロケの大サビではメンバーがBステに出て来ます。何とここでもまたそのちんが0ズレに。Bステで0ズレということはまさに「目の前」です。
やっべえ、かわいい。やっぱりかわい過ぎる!はぁそのちん(*´Д`*)

2921.png
外見だけで惹かれるのは何も悪いことじゃありません。実際の人間関係だって然りで、ましてアイドルです。それでもやっぱり危険な香りがします。この子、どうしても腹に一物あるように見えてならないんですよね。
それでも溺れたい、騙されたいとすら思わせます。アイドルとして推したい、応援したいというよりは、男としてモノにしたいという感じ。たった一夜それが叶うならば破滅してもいい、そんな感情を衝き動かされます。ああ、やっぱり危険過ぎる!( ̄∇ ̄;
まあこれはあくまで妄想の範囲であり、現実にはそんなところにいく可能性は皆無なのでいいのですが、少なくとも今は見ているだけで幸せと言っておきましょう。本質的に危険なことには変わりないですがw

それにしても、チョコのセンターは不確定要素だったとしても、Bステ0ズレが三回もあるとは。ガチのそのちん推しだったとしたらこれ以上ない神席、神公演ですね。そうでなくてもこうして撃沈してしまった人間がいるくらいですから。
過去に二回発症してはすぐに治まったそのちん病が再発したまま最後の公演が終わってしまいました。私はどうなってしまうのでしょう…



2913.png
それはさておき(?)公演は進んで本編最後の大好きへ。
歌い出しでえれたんが0ズレ!サビで0.5ズレになり、二番の歌い出しでまた0ズレに戻る。はああ、TⅡ手つなではやっぱり永遠に下手だな。そしてえれたんから大好きいただきました(//∇//)
(そう信じている)

2914.png
意志ではやはりれたんが裏センターでした。Bメロの頭で四連コールできるのがおいし過ぎる!この日三回目のえれなコール酸欠で、余命も僅かですw

2915.png
最後の公演も、あっという間に遠くにいてもまで来てしまいました。一番ではメンバーがステージに腰掛けるから、どの席であろうと全員の姿を見ることはできません。正面がもかちゃん、ティファ氏だったので二人をよく見ていました。

2916.png
ただしこの席からだとドセンに座っているODAの姿もよく見えました。半年前、同じこのTⅡの手つなで、目の前にいたODAに盛大に釣られたところで公演が終わりました。あそこから始まった今回の劇場通いももう終わりかと思うと、寂しさが募ってきます。

2919.png
2918.png
大サビではメンバーが横一列に並びます。えれたんが下手の正面に来るわけですが、この日は16人全員を、それぞれの名前を愛でるように口の中で呟きながら、ゆっくりと見渡していきました。ありったけの感謝の気持ちを添えながら。

2920.png
有終の美を飾らせてくれた運の女神は、最後まで味方でした。この席位置だとお見送りを待つ間メンバーがかなり近いのですが、ここでもえれたんが0ズレだったのです。
この日も推しグッズを持っている人が多く、えれたんへのコールも大きかった。お見送りの様子をよく見ていましたが、食い付いて話し掛けるヲタがいれば、その次の人へは軽い対応になってしまうのは仕方のないことです。ようは運ですね。自分の前の人がどう出るかで決まるのです。
えれたんの前でだけはどうしてもレス厨になってしまう。最後でもこれは抑えられませんでした。いや最後だからこそいつも通りの自然体がいいのです(何の言い訳だ?w)

「えれたん、雨ピよかったよ~」
えれ「あ、ありがとー♪」
軽レスをもらって終了。
以前はもっと爆レスをもらうことも何度かあって「ああっ、ありがと~!(≧▽≦)」という感じでしたが、この日は「あ、ありがとー♪」でした。でもこれで十分です。彼女にとっての公演はまだ続くのですから。



DSC01217.jpg
ああ、終わっちゃった…
この思いは正直なところありましたが、それ以上に良い終わり方ができた満足感の方がずっと大きかったです。最後に幸運に恵まれたことに改めて感謝の気持ちで一杯です。

そしてここまでの公演レポにお付き合い下さった読者の皆様にも重ねて御礼を申し上げます。ありがとうございました。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■忘れられない公演四選

いよいよ全ての劇場公演レポも終わり、更新も本記事と最後のお知らせの二件を残すのみとなりました。ここで半年間29公演を振り返り、その中から忘れられない四本を挙げてみたいと思います。

特に印象に残っている、忘れられない四つの公演は下記です。
 2018年10月10日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演
 2018年12月6日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演
 2019年4月7日、チームKⅣ「制服の芽」公演 下野由貴生誕祭
 2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演

当初はベスト○○の形にしようと思ったのですが、とても順位、優劣は付けられませんでした。そこで機械的に日付順に振り返っていきます。



2018年10月10日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演

DSC09925.jpg
この半年間の活動の緒戦となった公演です。とにかく受け取るものが多過ぎて、とても消化し切れず吐きそうでした(笑)
濃密だったという点で言えば、全29公演の中でも抜きん出ています。

二年半振りの復帰戦。
初めて観るチームTⅡ公演。
初めて観る手つな公演。
事実上初めて見る四期生達。

これだけでもお腹一杯で飽和していますが、何と何と入場抽選が1巡、しかもチケットが下2番!
さらにはBステ前最前列に指定枠が入っていなかったので、そのドセンに座りました。

2018101613205062b181029改
この席です。
繰り返しますが、余りにも濃過ぎて吐きそうでした。思えば、何度も通って慣れてきた頃にこの席に座ったならより幸せだったと思います。この日は干され席でも十分に満足したでしょうからね。贅沢な物言いではありますが。

ただし、今振り返ってみてこうも思うのです。当初自分で予想していたよりも高い熱量と頻度で劇場に通うことになったと言いました。その決定的な要因がこの日の公演、この席だったのではないかと。
最初にこの余りに衝撃的な体験をしてしまったが故に、心の奥底に燻っていた気持ちに一気に火を点けてしまった…果たしてこれは幸せな事だったのでしょうか、それとも否かww

2061.png
そしてこの日Glory daysはえれたんがセンターで、あとの二人が葉月とゆうなでした。これも今思えば激レアな組み合わせで、且つ私にとって神メンバーでした。当時はその価値をいま一つ理解していませんでした。勿体ない話です。



2018年12月6日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演
他の三つの公演は、自身の状況や思い入れによって強く印象に残っているのです。これに対してこの日は、淡々と繰り返す劇場通いの中で、ただ幸せでしかない公演でした。

会場はガスホール。入場抽選で2巡で呼ばれ、下手前ブロックの最前列、センターから二つ目の席に着きました。

ガスホール座席図181206ただ恋
ここです。この神席で公演を観られるだけでも十分に幸せですが、これは序の口に過ぎませんでした。この後神展開に次ぐ神展開、目の眩むようなえれたん祭りが始まったのです。

2228.png
2226.png
えれたんが純クレのセンター!
これをこの席で観られたのだから最高です。最高過ぎます。しかし神展開はまだ続きました。

2249.png
BINGO!の落ちサビでえれたんが0ズレに。最前列の0ズレですから、まさに「目の前」です。さらにはペンラの電池が切れてしまって素手でケチャをしていたことが奏功しました。他のヲタより目立ったのでしょう。えれたんが目の前で「逆振りコピ」をしてくれて、さらに目が合ったところでニコッと笑ってくれたのです!

幸せ過ぎて死ぬかと思いましたが、まだ終わりません。

2241.png
2242.png
2243.png
何とその直後のMCでもえれたんが0ズレ!しかもエロエロショートパンツ姿!
すぐ目の前にえれたんの神々しいftmmが…

何が凄いって、センターから二つ目の席で最高の展開だったことです。もし一番センター寄りの席が空いていたなら、誰だってそっちに座りますよね。そうでなかったところがミソなんです。
とにかく眼福過ぎて死ぬかと思いましたが、これでもまだ終わりません。

2250.png
2251.png
最後の曲、なんて素敵な世界に生まれたのだろうでメンバーがステージに座るところでも、えれたんが一番近い場所に。16分の1の奇跡!

これを超えるえれたん祭りはもう二度とないでしょう。そしてこの頃はまだしなもんKissmanにそこまで傾倒していませんでした。だから下手の席に座ったわけですが、だからこその結果でした。偶然の奇跡、偶然の神展開が最も輝いたのがこの日の公演でした。



2019年4月7日、チームKⅣ「制服の芽」公演 下野由貴生誕祭

DSC01229.jpg
素晴らしい公演、素晴らしい生誕祭だったことが勿論あるのですが、それ以上に自身の複雑な思い、心境をもって忘れられない公演です。私なんかが参加させてもらっていいのだろうか?という気持ちを抱いたまま劇場に入りました。

公演が始まったら、周囲のしなもんをガチで推しているヲタとの熱量や物腰と自分のありようが乖離して、居場所がなくなってしまうのではないか。そんな不安もありました。

2751.png
ところがいざ幕が開くと、そんなちっぽけな杞憂がばかばかしく思える程の素晴らしい時間が流れていきました。ただひたすらに楽しく、温かく、健全なのです。こんなに良い生誕祭があるものなのか…
それは終演後に招かれた界隈の打ち上げも同様でした。生誕祭の公演以上に、私なんかが参加していいものやら、というやつです。ところがガチ推し界隈にありがちな宗教性や排他性は欠片もなく、ただただ健全でHKT48としなもんのことが大好きな人達の飲み会でしかなかった。

これはとりもなおさず、しなもんの人柄とグループ内での真摯でひたむきな在り様がそのまま反映されているということです。忘れられない夜であり、しなもんのことがさらに好きになった一日でした。

2755.png
そしてはるたんからの手紙の素晴らしさに、感動の涙が止まりませんでした。真の価値に触れるという、人生の喜びを味わったのです。しなもんの生誕祭に入れて本当によかった。今となってはこの一言です。



2019年4月22日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演

DSC01181.jpg
2910.png
半年間の活動の締め括り、最後となった公演です。有終の美を飾らせてくれたことへの感謝。とにかくこの気持ちで一杯です。
9巡で呼ばれて上々の席、メンバー達のモチベは高くその姿はキラキラと眩しく、客席の盛り上がり方も文句なし。客観的に見てもこの日は良い公演でした。

2899.png
2903.png
これだけでも十分ですが、とびきりの土産が用意されていました。それまで一度も見られなかったえれたんの雨ピが見られたのです。しかもえれみるのシンメ!えれみるの同ユニットも初めて見られました。

2907.png
さらにはイノセンスでえれキックのおまけ付き。何から何まで最高でした。
なお、そのちん病は経過観察の模様



さあ、今回も長々とお付き合い下さいましてありがとうございました。ここに挙げた四つ以外にも、良い公演は沢山ありました。充実した半年間を過ごさせてもらったことに感謝の気持ちで一杯です。
次が最後の記事になります。そこで大切なお知らせがあります。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■声高らかに、一時休止宣言

DSC01212.jpg
歓楽極まりて哀情多し。当初の自身の予想を大きく超えて熱を上げ入れ込んだからこそ、終わってしまった寂しさもまた大きいです。今は抜け殻のようですが、全てが終わったわけではありません。

半年間限定の福岡住まいの末に残ったものは、儚い思い出だけではありません。福岡の町が大好きという気持ちです。
以前から福岡は大好きでした。ただしそれはあくまでも一泊や二泊の旅行者、余所者の視点でしかありませんでした。頻繁に通っているから思い入れがある、という程度です。これに対して、実際に福岡に住んで、暮らして、働いて、違う次元で一から福岡の町が大好きになってしまったのです。
福岡は住んでみたい町、郷土愛が強い町、移住してみたい町などのランキングで一位、上位の常連です。それが心から深く理解できた気がします。こんなに住みやすい町はない。
ここに個人的な思い入れが加わるわけですから、移り住みたいという気持ちが募るのは当然でしょう。それはもう、たとえ明日HKT48がなくなってしまったとしても、そんな事はお構いなしに移住したいと思える程です。

そしてそんな自分の気持ちにいよいよはっきり気付いた去年の暮れ頃から、それを叶えるために色々と画策をしてきました。
さあ、大切なお知らせというのは他でもないこの事でした。それでは本ブログの更新は一旦お休みとなりますが、また近いうちにお会いしましょう。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR