■2019年10月

■※更新再開のお知らせ

ご無沙汰しております、管理人のとけすんです。
来月の頭か、早ければ今月末から更新を再開します。今しばらくお待ち下さい。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■更新再開しました!そして改めてご挨拶

皆様お久し振りでございます。管理人のとけすんです。約半年の休眠期間が終わり、更新を再開させていただきます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

DSC05398.jpg
憚りながら、ここで改めて自身のヲタ経歴を綴らせていただきます。
元は埼玉県に住んでおり本店ヲタでした。2012年の冬、今となっては伝説の神番組「HaKaTa百貨店」でHKTにも強い興味を持つようになりました。関東ヲタにありがちな、典型的は百貨店新規です。自分の中で本店とHKTの比率はどんどん逆転していき、やがて本店には完全に興味がなくなってHKT単推しになりました。
そして三年前、2016年の夏に転機を迎えます。一貫して推しメンだった穴井千尋ちゃんの卒業です。

当時周囲からは「ここまできっぱりとヲタ卒する人は珍しい」と言われました。ちーちゃん卒業の喪失感は計り知れないものがありましたが、実はそれだけではありません。福岡までの遠征が負担になっていたことも事実でした。
特に私は重度の飛行機恐怖症なので、新幹線で遠征していました。二日間の休みと、交通費やホテル代飲食費もろもろ合わせて六万円。一回劇場公演を観るためにこれだけ必要でした。言い方が良くないかも知れませんが、ちーちゃんの卒業はいい潮時でもありました。
しかし私は箱推し感情がとても強かった。だから現場を離れたものの、気持ちまでは完全に離れられませんでした。その後も一日に一回はまとめまとめサイトに目を通し、HKTの最新の情勢は把握している。こんな日々が二年以上も続いていたのですが、ちょうど一年前、去年の秋に第二の転機が訪れました。半年間限定で福岡に住むことになったのです。

そうはいっても一度はヲタ卒した身。最初に劇場に足を運んだ時の気持ちはまだまだ冷めていて、物見遊山という程度の思いでした。ところがこの一時的な復帰戦でトンデモナイ事件が起こったのです。

入場抽選が1巡目!チケットが下2番!
会場は西鉄ホールだったのですが、Bステ前最前が指定枠に取られず全部空いているという最高の条件まで加わりました。

2018101613205062b181029改
神席過ぎて笑うしかありませんでしたww
そしてこの日はTⅡの手つな公演だったのですが、ユニット割りまで神でした。

2061.png
好きメンナンバーワンのえれたんがGlory daysのセンター!
あとの二人が葉月とゆうなという胸熱三期ユニット!

それを文字通りの「目の前」で見てしまったのです。
物見遊山などと言っている場合ではありません。復帰戦がこのように余りに衝撃的だったため、一気に引き戻されてしまったのです(笑)
そしてこの度、改めて福岡に住むことになったと、こういうわけです。



さあ、長々とお付き合い下さいましてありがとうございます。今度の復帰戦は、四日前に行われた九州ツアーの佐賀公演に参戦してきました。
明日そのレポを上げます。ご高覧いただければと思います。

(追記:休止中はコメントの返信を放置してしまい、たいへん失礼致しました。以後返信をさせていただきたいと思います)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年10月22日、九州7県ツアー佐賀公演

DSC05374.jpg
今度の復帰戦となったのはツアーの佐賀公演でした。こちらの参戦レポを書いていきたいのですが、まだこちらもエンジンが温まっておりません。セトリを追って詳細に感想を述べていくのはまだ無理で、印象に残ったいくつかの事だけをサラッと書いていきます。

肩慣らしということで、今回はこれで勘弁して下さい。昼夜両方参戦したのですが、一つの記事にまとめます。

2922.png

席は昼公演が5列目!
復帰戦でいきなり推されるとは前回と同じ展開です。良い事なのか悪い事なのか(笑)

夜も18列目でした。二階席まである会場でこれは素晴らしい推されと言っていいでしょう。感謝感謝です。
しかも昼は左隣が、夜も右隣の人の右隣の通路際の席が空いていて、立つ時も広くて楽でした。

cea0dcf9.jpg
昼公演が始まり、久し振りにメンバー達を見て、そのキラキラした姿を目の当たりにしたら、感激して涙ぐんでしまいました。序盤のセトリも追い討ちをかけました。さく食べから始まって、直後に初バタ。初期のオリジナル曲というのは涙腺が緩みます。
そのせいで初めのうちは全然声が出ませんでした(笑)

昼公演の席は、メインステージだけでなく上手の袖の斜めに伸びたところも目の前という神席です。ここにもメンバーが来るのですが、2曲目のぶっ倒れるまででいきなり俺のしなもんが目の前という神展開に!

16004157.jpg
しかも下野さん全力全開!
序盤からそんなに飛ばして大丈夫なのかとか、すぐ後の壁によく手がぶつからないなとか、そんな事を思ってしまいますが、皆さんご存知の通り下野座長にそんな心配は無用なのですね。
それにしてもモチベが高過ぎて圧倒されてしまいました。素晴らしいです。

73fe0bfd.jpg
しなもんはMCでも大活躍、安定の仕切りっぷりでした。これでレギュラーメンバーじゃないんだから、多人数グループは難しい…

7fc8434c.jpg
0220280c.jpg
あと目を引いたのは、めるとはなちゃんでした。二人はセンターポジも多かったのですが、立つべくしてそこに立っているというのはこの人達のことを言うんだろうなと。
これまでにも十分分かっていた事なんですが、改めて二人の凄さを思い知らされました。

そして今さらながらに気付いたのは、同じようにセンターオーラが強烈な二人ですが、方向性には違いがあるということです。
一言で言うなら、めるは上手、はなちゃんは天然で自然体。

めるは演者、表現者として非常に秀でているんです。一方ではなちゃんは、これだけの人数が立っているステージの上で、誰よりも心の底から楽しんでやっているというのがビンビン伝わってきます。センターオーラというよりはハッピーオーラ。いや、超超ハッピーオーラですね。チームH公演とTⅡ公演をそれぞれ別に観ても分かりにくい、二人が同時にフロントに立つツアーならではの発見でした。

7d4b0924.jpg
12518c25.jpg
7776578e.jpg
あとはですね、これですよ。そのちんのエロさ。
なんといってもスタイルが抜群すぎる。適度に身長あるし、脚は長いし、腰は細いし、出るとこ出てるし、完璧です。

でも、スタイルだけじゃありません。この子はどこか塩っけがあり、悪女感がある。そこにこの容姿なところが非常にエロいんです。歴代のHKTメンバーの中でも、ここまで色気、エロさがある煽情的なメンバーは他にいません。
めるが「ずっと見てられる」「足がえちえち」などと発言していましたが、1000%同意ですww

36383412.jpg
最後に、五期生について気になった事を一つ。夜公演ではおねバレがセトリに入っていて。大好きな曲だけに気付いてしまったんです。五期生のダンスが雑だということを。
四角く動くところでちゃんと四角く動いている子が一人もいない。

五期生の全力ダンスアピールが凄くて、特に楓とかくるたんなんか目を引きます。勿論良い事なんですが、がむしゃらに全力でやるだけでなく、きちんと丁寧にやらなかったら片手落ちです。まあ、成長の過程のそういう時期なのかも知れませんが…
研究生公演が半年観ていない間に正常進化しているのかどうか、心配になってきました。これも近いうちに観に行きたいですね。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年10月27日、九州7県ツアー福岡サンパレス夜公演(その一)

DSC05407.jpg
再びこの因縁の地に舞い戻ることになろうとは…

初めてここに来たのは忘れもしない2014年の3月。ああ、もう五年半も前の事になるのか…
奇しくも同じ「九州ツアーの千秋楽」でした。それはもう全てが眩い輝きに包まれていて、三階の天空席だったのですが、席が推されたとか干されたとかそんな事は些細な違いでしかないと思える程でした。
その場にいられる高揚感、幸福感に酔いしれ、圧倒され、今こそがHKT48の全盛期だと改めて確信したのでした。いや、全盛期の入口に立っていたのです。未来への希望と期待しかない、春の息吹の中にいるような幸せな時期でした。

DSC06523b1191029.jpg
時は流れてその二年後、2016年の3月。ちーちゃんが総選挙への出馬を辞退した直後に行われたマリンメッセでのコンサートに参戦したのですが、マリンメッセへ向かう時にこのサンパレスの前を通るわけです。2014年3月のコンサートのことを思い出して私は茫然と立ち尽くし、頭の中にはさく食べの歌詞が繰り返し流れていたのです。

いつかきっとここの前で今日のこと思い出してうるうると泣きたくなるね

あんなに楽しくて、未来への希望とそわそわするような瑞々しい緊張感しかなかったあの頃に比べて、今はどうだ。
ちーちゃんが卒業発表をしてしまうかも知れない…
心が押しつぶされそうな、悪い意味での緊張感。重い足取り。同じ景色がこうも違って見えるものなのか。



しかしそれもあっという間に過去のこと。さらに三年半もの時が流れました。
瑞々しい初期の全盛期も、ちーちゃんの卒業という個人的にもグループにとっても大きな節目も、今となっては良い思い出。「一周回って」というのは今のような心境を言うのだろうと得心しました。
そして、そんな自身の一周回った感を象徴する物がありました。



DSC05425.jpg
DSC05424.jpg
ちょwwwwwwww
わたくしこんなものを身に着けて参戦しておりましたんwwww

一周どころか加速し過ぎてややオーバーランした気配ww

そして前置きだけでその一が終わってしまいました。伝統芸が復活です(笑
てかエンジンが暖まってきたというべきか(笑笑





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年10月27日、九州7県ツアー福岡サンパレス夜公演(その二)

今回のツアーではロビーに各メンバーのパネルと幟が展示されていたのですが、これが何故だかランダムに置かれていたのです。名前順でもなく、チーム別でもなく。これ、目当てのメンバーを探すのが大変過ぎるからやめてもらえません?( ̄∇ ̄;

特に最終日は全メンバーが出演だから多くの人がロビー内を右往左往。ただでさえ人が多くて歩くのが大変なのに…

IMG_7818.jpg
IMG_7819.jpg
がしかし、思いの外すぐにえれたんを発見!(//∇//)
これはやはり惹かれ合っているということか。そうだな。

DSC05423.jpg
佐賀で推された時点で覚悟はしていましたが、やはりというか、安定の二階席でした。それも後ろの方…


サンパレス座席191027

ここです。しかしこの会場、過去に三階席も二度経験しているのですが、三階と二階では大分違いました。普通に肉眼でメンバーの見分けがつきます。そして全体ポジでえれたんがほぼ上手という幸運が。

8a89311f.jpg
千秋楽ならではの演出などあるのだろうか、と思っていたところ、初めに歌う曲が尾崎豊の「卒業」から海援隊の「贈る言葉」に替わっていました。
そもそもこのオープニングの演出自体がよく分からない、良いとは思えないものなのでこれはどうでもいいのですが、面白かったのはその後です。

なっちゃんが客席を指差して「みんな世代だから歌える」と言い出したのですw
図星すぎて反論の余地がございませんww
二番も歌えますが何か?www
ともあれ、なっちゃんのヲタいじりが健在でよきでした。

(そしてまだ本編に突入しないままその三へつづく笑)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR