■2019年11月

■秋の当選祭り

2923.png


八周年の前夜祭に加え、二つの公演にもすんなり当選しました♪
5日の脳パラはキャン待ち当選でしたが、モバ枠のキャン待ちで、確実に入れると断定してもいいでしょう。落選欄には一つの表記もなく、ツアーの佐賀昼公演から六連勝です。モバイル会員枠働き過ぎてる(笑)

しかし…
なんでも今日の脳パラは抽選ボードの三分の一が黒潰しで当日券販売、八周年前夜祭も当選祭りのようです。まるで素直には喜べない…
ともあれ、劇場公演の復帰戦は明日のただ恋です。ここから本格始動です。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年10月27日、九州7県ツアー福岡サンパレス夜公演(その三)

席を干されて二階だったと言いましたが、それを言うのも贅沢というものでしょう。というのは、この千秋楽はかなり倍率が高かったようなのです。
しなもん推し界隈の方々の話を聞くと、当選率実に1/4くらいだったようで。母数が少ないからこれだけで断定はできないものの、当日券まで出た会場もあったそれまでとは全く状況が違っていたのは間違いないでしょう。だから入れただけでも感謝です。

冒頭の歌が「贈る言葉」に変更されたいた以外は千秋楽だからといって特別なことはなく、それまでと同じセトリでした。これは非選抜のえれたんが全体曲で後列ばかりということを意味します。
しかし、素晴らしき速さでえれたんを捕捉!
しかも多くの場面で上手に固定という上手んかい、もとい神展開でした。


サンパレス座席191027

もう一度載せますが、席はここでした。ここまで後方だと0ズレもへったくれもないですが、それでも真正面の位置にいる時間が多かったですね。

664b0d92.jpg
こうなると俺のえれたんしか見えない!
後列でも安定の全力全開、そして相変わらずの美脚すぎる(//∇//)



そしてむしろこちらがメイン(?)の寸劇へ。
私は佐賀からしか参戦できなくて、中盤までの話は映像でざっと確認しただけなのですが、質、量ともにこれまでの寸劇を大きく凌いでいました。話題を独占したのも納得がいきます。

27805be8.jpg
それを象徴していたのが、ジワるダークブルーが松本社怪人に憑依する場面です。ODAの声だけ流れてそれに日向が口パクするとは、凝りすぎw
同期の声に口パクするってどういう気分なんだろう笑

509fb661.jpg
それにしても、最後にタンスの中からさっしーが出てくると思っていたのは私だけではない筈。前日に仕事に福岡に来るなんて出来過ぎた話だし、さらになつあおの家に行くとか。とどめは「明日は仕事で観に行けない」というツイートです。出る側だったら当然観には行けないわけですが、結局は裏の裏をかかれましたね。

9a8289e9.jpg
そして全て終わった後で村重が号泣。こういうバカな事に本気になれるHKTが大好きだと。珍しくすげー良い事言った。
言葉を飾れない不器用な彼女が泣きながら放った一言だけに、今のグループの良いところを象徴していて、グッとくるものがありました。

ただ、寸劇が良ければ良い程出るメンと出ないメンとの格差も際立つんですよね…
全員出演にして欲しいなんて思いませんが(散漫になり過ぎる)、ここは難しいところですね。



72db9ef9.jpg
後半の全体曲もえれたんはずっと上手でした。そして後列の高いステージにいることも多かったです。ポジション的には残念ですが、二階席からはむしろ距離が近い。隣りが葉月というのもよきでした。

そしてサプライズ発表は事実上なかったようなもの。八周年記念公演は言わずもがな、前日にプレイベント的な事をやるのも通例から言えば当たり前のことです。
もういい加減早く組閣発表してくれと個人的には思いますが、ここは八周年まで一ヶ月ないという事情もあったのでしょう。八周年でも発表なかったら暴れますよホントにw

IMG_7839.jpg
お見送りは二列に分かれていて、事前にどちらのレーンにどのメンバーがいるか掲示されていました。ここで思い出されるのは三年前のF24コン。事前告知なしで二列に分かれていた、恐怖のギャンブル二択だったわけですが(笑)、あれに比べると良心的ですね。
それはいいのですが、印刷された活字の坂本の文字の後に汚い字の手書きで「愛」「り」と書かれていましたwww
(写真に撮っておけばよかったと後悔)

で、汚い字の手書きで「愛」と書かれていた②レーンへ。えれたんは真ん中辺りにいました。劇場公演に比べて剥がしが早かったのですが、えれたんから両手ふり&「あ~、ありがとー♪」と爆レス。やはり生誕Tシャツの戦闘力が高過ぎる!(`・ω・´)
そんなこんなで最後大満足で外へ出ました。



終演後は、しなもん生誕祭の日に続いてしなもん推し界隈の飲み会に招いていただき、ありがたく参加させていただきましたm(_ _)m
楽しく歓談させていただいた上、ゴマ鯖やらキャベツの盛られた大皿に乗せて出される豚バラなどを見て、福岡に帰って来た実感が湧きました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月2日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演(その一)

劇場公演の復帰戦となったのは、昨日11月2日のただ恋でした。
半年振りに劇場に行きよったらチケット代が3,400円になっとったと(´・ω・`)
2%の増税でなんで300円も上がるとかいな。解せん。

まーそれはともかくとして、この日は土曜日だったしロビーで文化の日展覧会なるイベントをやるというので、また久し振りの公演でもあるので、かなり早めに西鉄ホールへ行きました。となれば、普段は買えない若い番号のチケットを買う好機です。ところが…

DSC05467.jpg
片手で乱暴にチケットを渡してくる女の発券係に少しイラっとしながらチケットを受け取ると、下0番でした。
なんか流れ悪いな~
と思っていたのですが、この後これらが些細な事に思えるトンデモナイ展開に…

DSC05453.jpg
DSC05450.jpg
その前に、まずは展覧会を見物します。毎度ODAの絵は素晴らしいですね。

DSC05454.jpg
DSC05451.jpg
なんだろうこの、えれたんにしては珍しい手抜き感満載&シュールな作品(?)は…( ̄∇ ̄;

それから一旦階下に降り、買いたい本があったので俺達のメトロ書店へ。HKTの栞、まだ配ってたのね(笑)

DSC05468.jpg
俺のあやかODAきたー



ロビーに戻って入場抽選です。この特殊な緊張感を味わうのも久し振りのこと、変哲のないただ恋公演なのに手汗が半端ないです。
さあそして、トンデモナイ展開とはここからでした。

DSC05467.jpg
もう一度載せますね。チケット番号は40番でした。

まさか…


まさかの…



DSC05455.jpg
完全優勝wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
あのわたくし、半年振りの公演なのですがwwwwwwwww
確率300分の1、まさに奇跡www

これは最初に膿を出してしまう、厄払いをしてしまう最高の展開です。
強がりでもネタでもなく、結構本気でそう思ってます。
だってこれ以下はもうないわけですからね。いやまた次優勝する可能性だってなくはないですが、初めにこれだけの経験をしておけばもう何も怖くない。

そしてこう思えるのも西鉄ホール様様です。これだけ干されても特に視界が悪いわけでもなく、普通に公演楽しめましたから。もしスカラで完全優勝だったら復帰戦でいきなり心が折れて死んでいたかも知れません(笑)
さあそしてまたも開演前にレポ記事その一が終了です。伝統芸も調子が上がってきましたw
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月2日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演(その二)

半年振りの復帰戦でいきなり完全優勝とは、何度振り返っても凄すぎます。これでヲタでいる限り永遠に話のネタに困りませんw

西鉄ホール座席図191102ただ恋

そしてここに座りました。一番最後に劇場に入ったのに、ここより後ろの列に先に座っている人が沢山いるのだから、世の中分からないものです。多連番ならともかく、一人で好き好んで最後列に座るとは、野球場じゃあるまいし。
それはともかく、完全優勝でも視界が悪いわけでも絶望的にステージが遠いわけでもなく、普通に公演が楽しめてしまう。繰り返しますが西鉄ホール様様です。
こうなると新劇場の座席の造りが大いに気になるところですね。

実を言うと初めは、この公演に投げるかどうかは様子を見るつもりでした。えれたんは出るものの全体的には強メンとはいえないし、一期生が一人もいないのも寂しいものがあります。

ebeafacb.jpg
ところがすぐに、ある大事な事に気付いたのです。この日は歌唱力No.1決定戦が終わって最初の公演。えれたん好順位→自己紹介MCで盛大におめでとうの流れならば、参戦しないわけにはいかんばい!(`・ω・´)

IMG_7845.jpg
結果はまさかのファイナル進出ならずという残念なものでしたが、もう一つ大事な要素がありました。
この日は三期生六周年のお祝い一色になっていたのです。すっかり頭から飛んでいたのですが、結果としてやはりこの公演に入ってよかったです。



≪2019年11月2日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・伊藤優絵瑠・今村麻莉愛・小田彩加・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・地頭江音々・馬場彩華・外薗葉月・村川緋杏・山内祐奈・市村愛里・小川紗奈・上島楓・竹本くるみ

≪同セットリスト≫
前説:荒巻美咲、坂本愛玲菜、外薗葉月、山内祐奈
影アナ:小田彩加

0.overture
1.ただいま恋愛中
2.くまのぬいぐるみ
3.Only today
MC(自己紹介)
4.7時12分の初恋(小田、清水、馬場、外薗、竹本)
5.春が来るまで(坂本愛、上島)
6.純愛のクレッシェンド(石、村川、小川)
7.Faint(地頭江、山内、市村)
8.帰郷(荒巻、伊藤、今村)
MC
9.ダルイカンジ
10.Mr.Kissman
11.君が教えてくれた
12.BINGO!
MC
13.軽蔑していた愛情

EN1.LOVE CHASE
EN2.制服が邪魔をする
MC
EN3.なんて素敵な世界に生まれたのだろう



なんと一期生と二期生が一人もいない公演。三期が一番上。これは初めて見た気がします。しかし三期生六周年には相応しいと言いますか、この日には合っていました。

IMG_7847.jpg
前説はもちろんこの日出演の三期生四人。
話の内容はあってないようなgdgdなものでしたが、むしろそれが良い。同期同士の絡みはやはりほっこりしますね。
そしてゆうな「もう六年もいるのか、おばさんやん」→ヲタ「そんなことないよー!」のお約束のやり取りも(笑)



さあ漸く開演です(笑)
この日のセンターはみるんさんだったのですが…

2926.png
みるんさんのみるんさんが増量してる( ̄∇ ̄)
フッキセンノボウトウデイキナリドコヲミテルノカ、カンゼンユウショウシタノニハヤクモゼッコウチョウダナオレ

2925.png
それはともかくとして(?)、えれたんがBステに出てきたところでいきなり見せ場が。
ターンをした時にスカートが浮き上がり過ぎて、見せパンが少し見えてしまったのです。それをえれたんが片手で抑えたのですが、慌てて抑えたという動きではなく、かっこよく小気味好く、パンっとはたいたのです。無駄にかっこいい動きw

その直後、今度は首から掛けていた笛が後ろに回ってポニーテールに引っ掛かってしまいました。今度はかっこよく処理できずに慌てるえれたん。その方がむしろ萌える(笑)
この一連の場面はDMMアーカイブには抜かれていませんでした。だがそれがいい。

2927.png
そして一曲目の終わりから二曲目にかけてえれたんが下手端に固定(//∇//)
このポジションはGJでした。

2933.png
クマ投げバッテリーはおいしいけれど、笛吹き係もなかなかおいしい。



サクっとユニット曲へ。
この日、三期生六周年ということで、それらしいユニットをやってくれないかと秘かに期待していたんです。最高なのは純クレ、次点はFaintです。しかし自己紹介MCで葉月が一列目、えれたんが二列目、ティファみるんが三列目。この時点で何もないことを悟ってしまいました( ;∀;)
しかしまだえれたん純クレの可能性はある!

IMG_7846.jpg
が、結果は春来るでした。一瞬残念に思ったのですが、すぐさまこの考えが実にあさはかなものであったことを悟りました。
劇場でえれたんの生歌が聴けるという極上の贅沢。むしろ春来るで大勝利です。
単に上手いというだけではありません。圧巻は二番でした。

2928.png
 私はきっと わざとぶっきらぼうに
 軽く「おはよう」って言うでしょう
 微笑みは胸の奥

これが二番Bメロのえれたんの歌パートなのですが、「おはよう」の部分を優しく囁きかけるように歌うんですよ。
ただ恋公演も随分長いことやっていますが、この曲をここまで情感込めて歌う子は初めて見ました。

この場面は感動的で、思わず涙ぐんでしまいました。本当にいいものが見られました。これだけでも公演に入って良かったと十分に思えます。

2929.png
このあたりから楓のリズム取りが少し狂ってきて、少し歌のリズムが遅れるようになってしまいました。先輩と一対一でユニット曲をやることにまだ緊張があるのも理由なのでしょうが、完全にえれたんに呑まれてしまって、自分ももっと声を出さなくちゃと浮足立っていましたね。

研究生にとって良い経験なのでしょうが、レベルが違い過ぎて少々気の毒でもありました。

2933_20191104121320d9c.png
(えれたん755より)
繰り返しますが、この前々日に行われた歌唱力No.1決定戦の決勝、えれたんは前回よりも順位を落としてファイナル進出ならず、これはまさかの残念な結果でした。でも誰よりも残念だったのはえれたん本人の筈。

毎度思うのですが、どんなに悔しいこと、無念なことがあっても、すぐに前向きに切り替えなければこのグループではやっていけない。分かっているのですが、彼女達の切り替えの早さには感心します。それが若さということでもあるのでしょうが、悔しさをバネにするなんて言葉にするのは簡単ですが、それを易々と実行してしまうのだからやはり恐れ入ります。
えれたんの素晴らしい歌を聴きながらこんな事を思ったのでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月2日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演(その三)

DSC05456.jpg
≪2019年11月2日、ひまわり組「ただいま恋愛中」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・伊藤優絵瑠・今村麻莉愛・小田彩加・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・地頭江音々・馬場彩華・外薗葉月・村川緋杏・山内祐奈・市村愛里・小川紗奈・上島楓・竹本くるみ

≪同セットリスト≫
前説:荒巻美咲、坂本愛玲菜、外薗葉月、山内祐奈
影アナ:小田彩加

0.overture
1.ただいま恋愛中
2.くまのぬいぐるみ
3.Only today
MC(自己紹介)
4.7時12分の初恋(小田、清水、馬場、外薗、竹本)
5.春が来るまで(坂本愛、上島)
6.純愛のクレッシェンド(石、村川、小川)
7.Faint(地頭江、山内、市村)
8.帰郷(荒巻、伊藤、今村)
MC
9.ダルイカンジ
10.Mr.Kissman
11.君が教えてくれた
12.BINGO!
MC
13.軽蔑していた愛情

EN1.LOVE CHASE
EN2.制服が邪魔をする
MC
EN3.なんて素敵な世界に生まれたのだろう



ユニット曲の続きからです。
純クレはびびあん、みゅん、さなちゃんでした。小川紗奈ちゃんをまともに見るのは初めて入った研究生公演以来のこと。ただしその日はスカラの干され席で、個々のメンバーの印象など殆ど残っていませんでした。事実上初めてと言ってもいいでしょう。

2930.png
この子もビジュアル強いな!
美人で小顔だし、適度に身長あるし、スラっと細いし、素晴らしいです。

2931.png
みゅんもスタイル抜群だから、真ん中でびびあん一人がずんぐりで可哀相…( ;∀;)
でも念のため言っときますが、俺氏はびびあん大好きだから!(`・ω・´)

2932.png
Faintはセンターが音々ちゃん、ティファ氏とあいちー。
これですよ、これ。こういう曲の音々ちゃんはやっぱり良いです。素晴らしい見応え。
ftmmとけつも素晴らしい見応え

それからあいちー。この曲をやる時点で研究生の中では踊れる方なのでしょうが、音々ちゃんとティファ氏では春来るに続いて組む相手が悪かった。ついていくのがやっとで、ドタドタしていました。しかしこの子は音々ちゃんと同様に強力なエンジンを積んでいる印象があるので、洗練されたら素晴らしいものになる気がします。

で、帰郷へ。毎度のことながら退屈な時間きたかー、と思っていたのですが、ここでも発見が。

2936.png
ゆえるがとても良くなってる!
半年前に見た時はまだ自信のなさから来る無表情で、伏し目がちで、への字口をしていました。ところが笑顔で堂々と客席に目線を投げかけ、見違えるような一人前のアイドルです。

先の半年間限定の活動の間、みゅんの奇跡のような急成長ぶりを目の当たりにし、頻繁に劇場に通う意義を大いに感じさせてもらいました。ゆえるも同じように晩成型だったようですね。
あーちゃんとさやまるには前から天賦のアイドル性を感じていたし、みゅんなど最近では独自のキャラまで確立しています。こうなるとドラ3も立派な主戦力ですね。



後半曲へ。Mr.KissmanからBINGO!までの神曲三連発が個人的にはただ恋公演の一番の見所です。中でもKissmanは一番好きな超神曲。しなもんもいないし、ここは全体を見渡して曲の良さを堪能…
しようと思っていたのですが、ここまでまたまた発見が。ただし今度はよろしくない点に気付いてしまいました。くるたんのダンスです。

2937.png
この子のダンスの凄さは、先に研究生公演を観た時に私自身も絶賛しました。あおい選抜のダンスユニットに五期生から唯一抜擢されたのも大いに納得がいきます。しかしこの日の公演で妙なクセを感じてしまいました。

一つ一つの動きの前に、大仰な前振りのような動きを加え過ぎるのです。真っ直ぐバットを振り下ろせばヒットが打てるのに、大き過ぎるテイクバックを取るような。グリップで素直に曲がるのが一番速いのに、フェイントドリフトでコーナーに突っ込むような。
その結果、他のメンバーと動きが揃っていなくて、目に障るのです。きっと振り付けやポジションなど基本的なところに余裕が出てきたが故の、本人なりの全力アピールなのでしょう。研究生だから今はそれでいいとも思いますが、この子の能力はそんなものじゃない筈。
Litcharmで鍛えられてさらなる高みに行き、こんな余分なところは早いところ削ぎ落して欲しいですね。そして将来はHKTのダンスリーダーになってくれると信じています。



神曲三連発と言いましたが、中でも圧巻はBINGO!の大サビでメンバーの半分がBステに出てくるところ。客観的に見ても西鉄ホールならばこの公演で一番盛り上がるところでしょう。
ここでえれたんがBステ下手端に!最高に俺得なポジション(≧▽≦)

2934.png
みるんさんは増量してたけど、俺のえれたんは相変わらず軽快でスマートだなあ(ものは言いよう)
これが筑後平野ってやつか

2935.png
この日のMV上映は僕だけの白日夢。個人的には非常にGJですが…

初め、三期生六周年を記念しての選曲かと思ったんです。でもよく考えたらこの曲には葉月とゆうなが出ていないから、それも何か違う。三期生のお祝いならやっぱり微笑みポップコーンでなければ。
となると、ランダムでこの曲に当たったのか。それはそれで凄いな(笑)

IMG_7855.jpg
こんな席位置ですからお見送りも最後の方です。自分の番が来るまで長々とメンバーの様子を見ていられるということでもありますが、えれたんは団扇なりの推しグッズを持っている人がいるとその都度「あっ!」と声を上げて指差してレスしていました。

私は徒手ですが、生誕Tシャツの戦闘力が高いことは(当たり前ですが)過日のサンパレスで実証済みです。「えれたんお疲れ様~」と言いながら手を振ると、目を細めて結構長い時間目を合わせてくれました(//∇//)

(この人誰だろう)(でも生誕Tシャツ着てくれてるから、新規のファンの人)(とりあえず厚いレスしとかなくちゃ)
えれたんの心の声を代弁するならこんなところでしょうか(笑)
しかし新規ファンではなく潜伏ファンといったところです(怖)
しかしこの先は潜伏ではないのでご安心を(謎)
こんなところで復帰戦のただ恋レポは終了です。お付き合い下さいましてありがとうございます。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月5日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その一)

ただ恋から僅か中二日での研究生公演。通常だったら投げないのですが、この先当面公演がなく、次いつあるのかも分からないという実に困った状況です。ほぼ迷わず投げました。

そしてキャンセル待ち当選。モバ枠のキャン待ち、47番でした。平日の研究生公演だし、ほぼ確実に入れるだろうと思っていましたが、意外と伸びずに当日発券時刻の直前に繰り上がりました。

IMG_7857.png
なかなか見られないレア画面、17時40分頃に繰り上がり当選のメールが着弾しました。
半年振りに研究生公演を観よったらチケット代が2,400円になっとったと(´・ω・`)
かつて1,000円で観られたものが今や2.4倍とは、隔世の感があるっちゃんね~

まーそれはともかくとして、残念ながら(?)二回連続優勝はありませんでした(笑)

DSC05479.jpg
チケット番号は212番、今回は下2番でよかったです。

DSC05475.jpg
抽選はど真ん中の16巡、30巡→16巡ときたから、これは次は1巡しかない流れだな!

西鉄ホール座席図191105脳パラ

そしてここに座りました。三日前のただ恋とは比べるべくもない、上々の位置ですが、半年のブランクのせいでちょっとしたコツを忘れていました。

前が背の高い人の場合、余りセンターに寄り過ぎると見辛いんですよね。この一列後ろの一つ左の席あたりが正解でした。が、べつに気になる程ではなかったので無問題でした。手つなやしなもんの出るただ恋のように自分の中で観るポイントが定まっている公演もありますが、そうでない公演の場合はセンター寄りが一番です。



≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・小川紗奈・上島楓・川平聖・工藤陽香・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(竹本)
5.MARIA(上島、川平、村上)
6.君はペガサス(市村、小川、坂本り、長野)
7.ほねほねワルツ(石橋、工藤)
8.くるくるぱー(市村、後藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.真っ赤なアンブレラ
EN4.草原の奇跡



2938.png
あっ、みんなかわいい!
幕が開いて即座に思ったことがこれでした。
アイドルなんだからかわいいのは当たり前、という話ではないんです。前回研究生公演を観たのは、まだ始まったばかりの頃。皆緊張でガチガチで、何とかレッスンしてきた通りの事をステージの上で披露している、そんな段階でした。

あれから半年、五期生にも随分余裕が出てきたようで、メンバー同士で目配せしたり、胸を張って客席に笑顔を投げ掛けながら歌ったり。こうなるとアイドルというのは笑顔がキラキラしてきて、かわいく見えるのです。
ただし、そんな余裕もメンバーによって差があるように見えました。これはとりもなおさず、研究生公演が始まったばかりの頃に比べてメンバー間にスキルの差が生まれているということです。

2943.png
一曲目の友よは動かずに歌うし、楽器を前にしているから余り伝わって来るものはありません。二曲目からが本番という感じですが、ここでまず目を引いたのがくどはるです。
一気に身長が伸びてる!
僅か半年でこんなに…と驚きました。流石は成長期。五期生はチビ組と背の高い組に二極化していますが、なんなら既に背の高い組です。
他にも色々とセイチョウしている

珍獣みたいだったメイクも上手になって、真顔の時など子供のかわいさというよりも早くも美人と呼ぶのが相応しい気配すらありました。この子はこの先どんどんきれいになるぞ…

2945.png
これに対して相変わらず「かわいらしい」の塊が動いているようないぶいぶ大天使。この日もくっそかわええええ!(//∇//)

2948.png
あとはこの三日前のただ恋公演でも思ったのですが、さなちゃんのスタイルの良さがやはり目を引きます。背の高さ、顔の小ささ、細さ。五期生で一番スタイル良いのはこの子じゃないかな。

2942.png
あとはひじりんの健康的な肌色がよきですね~
やはり色白な女性の方が好きという紳士諸兄は多いだろうし、私もそうなのですが、沖縄大好き、宮古島大好きなので、これはこれで応援したくなりますね。
ただこの子は、現状のままでは人気を得るのは難しいと思います。何か武器を身に付け、突破口を開かないと…

自己紹介へいきまして、研究生は「参加型」のキャッチフレーズがやたら多いから疲れる…( ̄∇ ̄;
まあ誰もが最初はそうで、段々とやらなくなっていくのは歴史が証明していますが。しなも~ん!と叫んでいた頃が懐かしい…笑
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月5日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その二)

DSC05476.jpg
上に並んだ顔が怖すぎる(((( ;゚Д゚))))ガクガク




≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・小川紗奈・上島楓・川平聖・工藤陽香・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(竹本)
5.MARIA(上島、川平、村上)
6.君はペガサス(市村、小川、坂本り、長野)
7.ほねほねワルツ(石橋、工藤)
8.くるくるぱー(市村、後藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.真っ赤なアンブレラ
EN4.草原の奇跡



自己紹介MCでまず印象に残ったのがわかにゃん。
テンション低っ!
えっ、この子大丈夫なの…と思った程です。でもよく見ると顔色が良くありません。本調子ではなかったのでしょうか。

2944.png
わかにゃんの話を少し広げていきます。五期生の中で一番かわいいと思うのは文句なしにいぶいぶ大天使。顔だけでなく、動きやちょっとした仕草、立ち居振る舞いなど、全てがかわいらしいです。
わかにゃんも美人さんですが、そこまで強くは響きません。ただしこの子は自分と同じ埼玉出身、56人もが在籍しているグループで唯一人の同郷なのです。だからそこは無条件に応援したいのです。わかにゃん生誕委員に入ったらHKTヲタ埼玉県人会みたいになってるのだろうか。もしそうだとしたらちょっと入ってみたい(笑)

もう一つこの日発見したことがあります。この子は全然踊れないということです( ̄∇ ̄;
みやびーむ程には酷くありませんが、動きも小さいしもっさりしている。ただ、本調子でなかったであろうことは考慮に入れねばならないので、決め付けるのは早計かも知れません。

2946.png
自己紹介で次に印象に残ったのがひらがなりのちゃんです。この子、めちゃくちゃ天然の不思議ちゃんだな!w
ふわふわし過ぎでしょ。

えれたんがこの子のことを妙に可愛がっていますが、同姓つながりのネタ半分だと思っていたんですよ。でもその理由がやっと分かった気がします。えれたんはたまにズレる時があるけれど、基本的には切り返しが速くチャキチャキしている部分がある。正反対だから馬が合うのでしょう(笑)

2947.png
そしてみやびーむも負けじと不思議すぎるw
最年長がこれでいいのか、大丈夫か五期生…
つくづく面白いのは、五期生は年少のチビッ子組が皆しっかりしていて、お姉さん達がぼーっとしていることです。上手くできてるww



ユニットへ行きまして、この日はなきほほがくるたんでした。後から知ったのですが、この日初めてのなきほほだったそうで。貴重な場面が見られました。単に貴重なだけでなく、くるたんのなきほほが素晴らしかったのです。

2950.png
私が思うに、この曲は歌唱力や表現力も大事ですが、より大切なのはユニットの一曲目で且つソロという大舞台を勤め上げられる能力、ステージに立つ者としての資質、力です。

2949.png
然るにくるたんはまず目力が凄い。強く、揺るぎなく、真っ直ぐな眼差し。その眼差しに力が漲っているのです。歌は「上手い」とは言えませんが、その歌声は力強く声量も十分です。
堂々とした姿、ステージに映える存在感。その凄さに圧倒されてしまいました。素晴らしいの一言、全力で拍手せずにはいられませんでした。そして観覧アンケートでこの日のMVPはくるたんにしました。

これが15歳の研究生なのか。あおい選抜のダンスユニットに選ばれたばかりですが、踊らない曲でもここまで惹き込まれるとは。この子はまだまだとんでもない力を秘めているような気がします。
個人的には推し要素はないですが、HKTファンならば応援せずにはいられない熱いものを感じます。この点ではるたんと共通しています。
HKTは昔からたんの付く子は熱いメンバーが多いな(笑)
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2019年11月5日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演(その三)

≪2019年3月15日、HKT48研究生「脳内パラダイス」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・小川紗奈・上島楓・川平聖・工藤陽香・後藤陽菜乃・坂本りの・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・村上和叶

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.友よ
2.脳内パラダイス
3.気になる転校生
MC(自己紹介)
4.泣きながら微笑んで(竹本)
5.MARIA(上島、川平、村上)
6.君はペガサス(市村、小川、坂本り、長野)
7.ほねほねワルツ(石橋、工藤)
8.くるくるぱー(市村、後藤、田中伊、長野)
MC
9.クリスマスがいっぱい
10.シアター・パイレーツ
11.片思いの卒業式

EN1.花と散れ!
EN2.K2ndメドレー、Virgin love~シンデレラは騙されない~転がる石になれ
MC
EN3.真っ赤なアンブレラ
EN4.草原の奇跡



2951.png
個人的に脳パラ公演の一番の見所はMARIAからペガサスの二曲です。この日のMARIAはセンターが楓、わかにゃんとひじりん。
う~ん…それぞれ頑張っているんですが、何か噛み合っていない。これはスキルがどうのという問題ではなくて、歌い方とか声質とか、各人が元々持っているものと楽曲との相性の問題です。こればかりはどうしようもないですね。

2952.png
これに対してペガサスは身長あるメンバー四人を揃えてきて、これはよかったです。りのちゃんの声質が唯一惜しいかな。
ここで話が脱線しますが、坂本りのちゃんをひらがなりのちゃんと呼ぶのは何だかかわいいし楽しいからそうしていたのですが、段々書くのが面倒になってきました(笑)
元支配人もタンスの中に入ったままだし、今後は単にりのちゃんと書くことにします。

ペガサスの話に戻って、かように見映えは素晴らしい四人ですが、研究生まだまだだなと思わせる点も散見しました。
まずはこの曲特有の小刻みで素早いステップです。誰もできていない。というか丁寧にやろうとしていない。ここでツアーのおねバレを見た時に感じた物足りなさと繋がりました。
べつにケチをつけようというんじゃないんです。研究生として、今はそういう時期なのでしょう。これはとりもなおさず、八周年でもし昇格が発表されるようならそれは尚早ということを意味しています。

2957.png
もう一つより高度なことを言いますと、右手の伸ばし方が物足りないです。この曲って、一風変わったこの世界観に没入してしまうことが大事だと思うのですよ。それができればもっともっと情感が溢れて、右手の伸ばし方が美しく、そしてその手先から漲るものが伝わって来る筈なんです。
私は三周年記念公演のペガサスを劇場で観ましたが、あの時のじーななんて素晴らしかったなあ…



さあそして…

2953.png
2954.png
いぶはるワルツきたああああああなんじゃこれわああああwwwwww
ロリコン瞬殺コンテンツすぎるwww
破壊力が凄すぎてもう笑うしかないwwww

いやあこの日真ん中寄りの席に座って大勝利でしたわ(笑)
それはいいとして、この曲で一つ興味深い光景を目にしました。
西鉄ホールだと初めから二人がBステにいて、その後もずっとBステ。メインステージに行くのは最後の最後だけで、事実上前ブロック全干しと言えます。

2955.png
で、曲中一切後ろを振り返らずに前を見ている人が結構いるんですよ。
特に下手の前ブロックは過半数の人が微動だにせず前を向いているんです。いぶはるワルツを捨てるなんて余りも勿体なさ過ぎるww

人それぞれ事情があるんでしょうけど、DMMに映るのが嫌なんですかね…?そんなんだったら劇場なんて来なければいいのに( ̄∇ ̄;
まあそれは大きなお世話かも知れませんが、とにかく後ろを振り返らない人が余りに多くて思い出してもじわじわくるw

2956.png
くるくるぱーで気になったのはあいちー。
あれ、この子いつからこんな省エネダンスになったんだろう…?
それが証拠に、半年前に見た時には滝修行だったのに、この日は最後まで前髪も崩れず涼しい顔をしていました。公演の後半になるといつも前髪がなくなる、と自己紹介MCで自分で言ってたのになあ…



2958.png
サクっと進んでアンコール曲へ。序盤に全然動けていない上に顔色が悪くて心配していたわかにゃんですが、後半に持ち直して動きも良くなってきました。そして半年前に見た時はあからさまに電池切れする様子に思わず笑ってしまったのですが、それもなくなっていました。

このあたりは体力が付いてきたのか、それともペース配分を気にするあまり立ち上がりの悪い先発投手みたいになってしまったのかw
あとはわかにゃんのけつがよき
前にも同じこと書いた気がする

2960.png
真っ赤なアンブレラ。これも久し振りに観ましたが、やはり良い曲です。
曲は素晴らしいのですが、メンバー達の踊る姿を見て、ここまで何かが物足りなくてもやもやしていたものを、はっきり形で見せられた気がしました。

2959.png
この曲はメンバー同士が頻繁にすれ違い、立ち位置がくるくると入れ替わるのが大きな特徴です。つまり群舞の美しさを見せなければいけないのですが、これがまるでなっていないのです。12人それぞれが一生懸命やっているだけで、全然揃っていない、まとまっていない。

繰り返しますが、粗を探してケチをつけようなんて気は毛頭ありません。自分の良いところを知り、それを前面に出してがむしゃらに頑張る。今は成長の過程のそういう時期なのでしょう。だからこその研究生公演です。こうして至らない点を自分の中で明確にしておけば、成長する姿を見守っていくという素晴らしい時間がより実りあるものになるのです。



総括するなら、色々と気になったところもあったけれど、それは一度見ただけでは決め付けられない要素が多かったということ。そして頑張って成長しているからこそ半年前には気にもならなかったことが色々見えてきたということです。

2961.png
何より大切なのは、最後の草原の奇跡を聴きながら「やっぱりアイドルっていいな、劇場公演っていいな」と思わせてくれたことです。
半年前に観た時は、まだ終演後の感想は「これが今の五期生の状態というやつか、そしてこれが研究生公演というやつか、なるほど」という程度のものでした。あの時とはまるで違います。

私も半年前と比べて、研究生公演というものが実り多い楽しいものだということが、少し分かってきた気がします。また近いうちにお会いしましょう(笑)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■ふくこいアジア祭り

昨日のふくこいアジア祭りに参戦してきました。

実は行こうかどうか、当日まで迷っていました。無料イベントはありがたいものの、何分くらい前に行ったらどのくらいの距離でメンバーを見られるのかとか、最前にジャンプ厨がいるんじゃないかとか、不確定要素も多いからです。
でも結局行くことにしました。何といっても不足過ぎる!公演も全然ないし、八周年の後に再開したところで生誕祭の大渋滞です。
それから出演メンバー。昨日の顔ぶれがこちらだったのですが…

6c0b1427.jpg
今田美奈、運上弘菜、小田彩加、坂口理子、下野由貴、田島芽瑠、豊永阿紀、松本日向、宮崎想乃、本村碧唯

無料のちょいイベントなのに無駄に強いww
これは博多座B日程に出ていない面子なのですが、あれ?
そーいえば、博多座に出るか出ないかって、どうやって決まったんでしたっけ…???
今勢いがあるなっぴやODAもこっちなのね…

まあそれはともかくとして、俺のしなもんがおる!(≧▽≦)
俺のあやかODAもおる(小声)
そのちんもおるデュフフ(超小声)
なっぴもおる



これだけの強メンなら、行く時間があるんだったら行かない手もないでしょうということで。
ただし、余り力まず直前に行って、メンバーが遠かったら仕方ないと思うことにしました。早めに行こうとするとキリがないし精神的に疲れますからね。

で、出演予定の20分前に到着。会場は毎度お馴染み福岡市役所の前の広場でした。ここで三月に行われたフェスの時はスタンディングで、開場前から結構並んでそれなりの視界でした。さらに遡って去年の同じふくこいアジア祭り、この時は座りで、同じように直前に行っても好位置を確保できました。果たして今回は…

DSC05519.jpg
去年のふくこいアジア祭りと同様、ステージ前は座りでした。お陰で余裕の好位置確保です♪
これは20分前に着いた時に撮った写真ですが、一つにつき数分間の演目が終わる度に抜ける人がいるのでこの後さらに前へ移動し、劇場公演だったとしても全然悪くない位置につけました。

写真だと遠近感が分かり辛いと思いますが、ステージとの距離や位置関係、角度をスカラエスパシオの座席に例えると…

スカラエスパシオ座席図191116ふくこい

こんな感じですかね。無料イベント、直前到着でこの近さなら大勝利です。

f0850e2f.jpg
そんなこんなで開演。みんなかわえええええ!
セトリはさく食べ、早カレ、メロンの三曲のみ。喋りもほぼ無く、正味十分あったかないかであっさりと終了。でも無料イベントならこんなものでしょう。

一応ペンラも持っていったのですが、結局沸けなかったのがやや残念でした。最前と二列目くらいはヲタばかりで、声出してペンラ振って普通に沸いていたのは二列目の人まで。あとは後ろの方で周りが一般人でも一人で沸いている強心臓の人もいましたがw
そこまでやる気にもなれず、左右の人もヲタじゃなくて、少々もやもやしながら地蔵で観てました( ̄∇ ̄;
でも今回は皆のかわいいお顔が見られただけで十分です。次は八周年前夜祭まであと九日もあるけんね。

940885ac.jpg
ここからは蛇足ですが、印象に残ったことを三つ。
まず、去年の同じふくこいアジア祭りはHKTのステージも撮影可だったのですが、今回は不可になっていました。まあ去年撮影可だったことにむしろ驚いたくらいですから…

それから、一昨日の寒さが嘘のように昨日は暖かく、日が暮れても上着要らずでした。しかし公式ツイやメンバーのSNSでも「寒い中をありがとうございます」的な記述が。テキトーに書き過ぎだろww

三つめ。会場を去り際に若い女の子が「初めて本物のメロンジュース見た」と喜んでいるのを見掛けました。地元でファンを増やすこういう活動ってやはり大事なんだと実感しました。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■生誕祭の大渋滞

2962.png

昨日の記事でも少し触れましたが、目下生誕祭の大渋滞がたいへん困った問題です。八周年明けに立て続けに各チームの公演があることが発表されていましたが、これらも当然のように連日生誕祭です。
一昔前、HKTはたまたま九月生まれのメンバーが多かったので、生誕祭の渋滞が秋の風物詩になっていました。しかし今はまるで状況が違います。もう九月生まれも最大勢力でなくなり、単に公演がないから借金がどんどん溜まっていくという、如何ともしがたい有様です。

現時点での借金はこのようになっています。(日程が発表された三名を除く)
 H… 渡部愛加里、秋吉優花、伊藤優絵瑠、豊永阿紀
 KⅣ… 地頭江音々
 TⅡ… 月足天音、宮崎想乃
 研究生… なし

チームHは特に酷いです。まさに大渋滞。対照的なのがKⅣで、音々ちゃんの次は来年三月のみなぞうまで誕生日がないので、借金完済はすぐでしょう。

誕生日。 | メンバープロフィール HKT48 Mobile

私にとって大きな問題は、俺のえれたんが所属するTⅡです。現時点での借金は二人ですが、十二月生まれのメンバーが四人もいるのです。一月生まれも三人も。むしろHよりも厄介です。こちらも当面は毎回生誕祭続きという状態が避けられないでしょう。

このままでは公演を観に行けないじゃないか!ヽ(#`Д´)ノ
結論を言いますと、もはや推しメン以外の生誕祭には投げないなどと言っている場合ではありません。節を曲げるしかないでしょう。

(おまけ)
モバイルサイトのプロフィール欄の、誕生日順に表示する機能がこの記事を書くのに非常に便利でした。ところが何故だかPC版だとこの機能がないのです。不思議な話だ…





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR