■2020年03月

■2020年2月16日、チームH「RESET」公演(その一)

3293.png
えれたんが出演するRESET公演に初参戦。遂にこの日がやって来た♪と上機嫌で劇場に向かった私を待っていたのは、むごい仕打ちでした。

今回のレポはいつもと雰囲気が違います。
結論を先に言いますと、本店のものも含めこれまでの劇場公演観覧の中で最悪のものとなってしまいました。

DSC05942.jpg
チケットは120番。また下0番かよorz
しかしこれは悲劇の序章に過ぎませんでした。

DSC05934.jpg
入場抽選は15巡でした。前回の手つなに続いてのど真ん中巡ですが、スカラエスパシオでは既に干され巡と言えます。

スカラで干された時の席選びは、毎度反動の繰り返しです。視界の良さを求めて段差のある後方席を選ぶとステージの遠さに不満が残り、その反動で少しでも前の席へ座ると今度は視界の悪さに不満が残るのです。四日前の手つなでは視界を優先した結果ステージが遠いのなんの…
この日は多少視界が悪くても少しでも前へ、という気分でした。


新・スカラエスパシオ座席図200216RESET

その結果この席、J17を選びました。
初めはこの斜め前の席、I18に座ったのです。しかし前の人も斜め前の人も背が高かったので、ここに移りました。前の人の背が低いことを優先したのです。ところが…

着席して四、五分は経ったでしょうか。周囲の席も全て埋まったところでとんでもない事件が起こりました。
前の席の奴(敢えて奴と書きます)が姿勢悪くかなり浅く座っていたようで、それをきちんと座り直したのです。するとこいつがとても背が高い上に頭がデカい。私の視界はほぼこいつの頭で遮られてしまいました。
はあ?なんだよそれ。そりゃねえだろう(怒)
初めからこいつがきちんと座っていたなら、この席を選ぶことは150%ありませんでした。何せこの列の中でも一番背が高いのです。



開演を待つ間、楽な姿勢で腰掛けているというのは誰でもあるでしょう。しかしこいつは度が過ぎていました。寝そべるくらいに極端に浅く腰掛けていたと思われます。座り直す前と後で余りにも視界が違い過ぎるのです。しかも、周囲の席が全て埋まったタイミングできちんと座り直すとは、私を陥れる罠としか思えません。

ステージの真ん中は全く見えず、見えるのは遥か斜め遠方の下手の一部と、上手の一番端の部分だけ。まさに絶望的な視界ですが、さらなる追い討ちがまっていました。
この男、じっと姿勢を保っているということができないようで、頻繁に体を左右に揺すり、首を右に傾げたり左に傾げたりするのです。こういうだらしない人間、大嫌い!
そして問題は大嫌いであることよりも、実害が大き過ぎることです。こいつが頭を左に傾げれば私は右に大きく寄り、右に傾げれば左に寄る。そうしないとステージが全く見えないです。これを二時間の公演が終わるまでずっと、頻繁に繰り返さなければなりませんでした。これがどんなに悲惨な時間だったか。
気が散って、鬱陶しくて、煩わしくて、全然公演に集中できません。メンバー達の歌い踊る姿から、いつもの半分のものも受け取れませんでした。



3295.png
この日はRESET公演を観に行ったのではなく、RESET公演に出るえれたんの姿を見に行ったのです。
だから今日こそは俺のえれたんしか見えない!

と言いたいところでしたが、そんな次元ではありません。俺のえれたんも何も、公演自体が見えない。
特に、ユニット曲でメンバーがステージの真ん中に固まる時など絶望的で、殆ど何も見えませんでした。

3292.png
この日の前座ガールズはさなちゃん、いぶき、くるたん、わかにゃんの四人。おおお、いぶいぶ大天使とくるくるたんたんとわかにゃんがいるとは、この上なく俺得な最強の面子!
…ですが、これも殆ど見えなかったんですよ。

本当はもうこの日の公演レポは書く気もせん、無しでいいや、と思っていたんです。しかしそれはそれで悔しいし腹立たしいです。だからスカラエスパシオでの席選びの反省も込めてこうして形に残すことにした次第です。
レポのその二で、多少なりとも受け取れたことについてざっと書いていきます。たぶん。
(つづくかも知れない)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■ヲタ活に休みなし

DSC05977.jpg
元々三月の前半は公演が全くない予定だったのに加え、その前の五公演も中止になってしまったから、長い空白ができてしまいましたね。
しかしこんな状況下でも何かしらの動きがあるのが大規模グループの強みです。追い掛けるこっちは休む暇がないとも言えますがw

地下鉄天神駅のホームドアにメンバーの広告が貼られる「天神駅どーん」が昨日まであってました。本当は28日の制服の芽公演を観に行く時にこれをおさえる予定だったのに、公演が中止になってしまいました。
色々なところに画像も上がってるし、わざわざ見に行かなくてもいいかな…と一度は思ったのです。しかし全てのホームドアをジャックしてメンバーの広告がずらりと並ぶなんて、思い描いただけでも壮観です。地元民としてやはりこの目で見ないわけにはいかんと思い直し、最終日の昨日行ってきました。

しかし夕方の五時、人が多くてじっくりとは撮れない(笑)
まあ当たり前といえば当たり前、仕方ないですね。全ての広告をしっかりとおさえたければ早朝に行くしかないわけで、実際界隈の熱心な人達は早朝に行っていました。わたくしにはそこまでのモチベが…( ̄∇ ̄;
(もしメンバーにえれたんが入っていたら、絶対に初日の早朝に行っていたと思うw)

DSC05978.jpg
DSC05979.jpg
ともあれ、実際にホームに立ってホームドアを見渡すとやはり壮観です。見に行った甲斐がありました。
が、一つだけ後悔が。まいこむの広告だけはアップでしっかり撮っておけばよかった!
しかし後の祭りです。



そしてそのまま電車に乗って博多駅まで移動しました。昨日はJR駅内のデジタルサイネージ広告にメンバーが出る初日でもあったのです。天神駅どーんを最終日まで引っ張ってしまったわけですが、結果として効率の良い活動ができました。

こちらは人の背より高い位置にあるので、じっくり撮影できました。

DSC05980.jpg
DSC05981.jpg
DSC05982.jpg
今回は九人のメンバーが九州各地の駅に振り分けられたのですが、博多駅はODA、しなもん、びびあんの三人。なんて俺得な面子なんだ(笑)
なっぴ推しの人達はこれだけのために大分まで行ったのだろうか…(´-`).。oO



このように広告系は良い感じだったのですが、これに対して気になるのがこちら。

3320.png

これも昨日からだったんですよね。ところが…
昨日から今日にかけて、ハローデイ、マミーズ、サニーといった地場のスーパー、さらにイオン系やCGC系も訪ねてみたのですが、何処にもないのです。へっ??

対象店舗が思ったよりも少なく、ごく一部なのでしょうか。大々的に宣伝した割には早くも空気過ぎる…
自分の行動範囲に対象店が無いのなら、もういいかなこれは…
でもいぶいぶ大天使とくるたんたんのファイルは欲しいのですが





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2020年2月16日、チームH「RESET」公演(その二)

かように残念で、悔しく、希薄な、思い出したくもない公演となってしまいましたが、それでも多少なりとも受け取れた事をざっと記していきます。観覧した全ての劇場公演のレポを書いていくという、本ブログの連続性、統一性がこんなことで損なわれるのはもっと悔しいからです。

DSC05935.jpg
≪2020年2月16日、チームH「RESET」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・伊藤優絵瑠・上野遥・神志那結衣・坂口理子・田島芽瑠・田中美久・豊永阿紀・松岡菜摘・渡部愛加里・地頭江音々・今村麻莉愛・坂本愛玲菜・武田智加・工藤陽香・坂本りの

≪同セットリスト≫
影アナ:神志那結衣
前座ガールズ.檸檬の年頃(石橋颯、小川紗奈、竹本くるみ、村上和叶)

0.overture
1.RESET
2.洗濯物たち
3.彼女になれますか?
4.ウッホウッホホ
MC(自己紹介)
5.制服レジスタンス(上野、武田、松岡菜)
6.奇跡は間に合わない(秋吉、神志那、豊永)
7.逆転王子様(今村、田島、渡部)
8.明日のためにキスを(伊藤、上野、坂口、坂本愛)
9.心の端のソファー(田中美、地頭江、豊永)
MC
10.毒蜘蛛
11.オケラ
12.ホワイトデーには…
MC
13.ジグソーパズル48

アンコール

EN1.星空のミステイク
EN2.夢の鐘
EN3.引っ越しました



この日はRESET公演ではなくRESET公演に出るえれたんの姿を見に来たのであり、ずっとえれたんだけを目で追っていようと思っていました。が、望むべくもありませんでした。限られた視界にえれたんが来た時に、受動的にこれを見るしかなかったのです。しかも下手の端の方はとても遠く、豆粒が如しです。

3296.png
図らずも色々なメンバーを見ることになりました。まず目を引いたのはゆかちゃんです。この日のゆかちゃんは髪の毛がサラサラで、いつも以上にかわいかったです。

3297.png
そんなゆかちゃんが前半曲で二度目となる(?)スカート紛失事件をやらかしたようで、MCでも話題になっていたのですが、私にはこれも分かりませんでしたorz

3298.png
それから音々ちゃん。RESETに出る音々ちゃんも初めて見るので、実は秘かにこれも楽しみにしていました(小声)

太陽の輝きを放つ制服の芽公演センターの音々ちゃんですが、他の公演ではその魅力が必ずしもハマらないことがあります。
ではRESETではどうかというと、悪くありません。少なくともR24の音々ちゃんよりずっといい。ただ助っ人ならではの後列の多さと、回数と頻度が少ないが故のこなれていない感じ、そしてごくたまにしかその姿が見られないことにより、いまいちよくは分かりませんでした。

3300.png
自己紹介MCのお題は「来世なりたいもの」。このお題は各メンバーの個性、変わったところを引き出す絶好の素材だったようで、この日の自己紹介MCは稀に見る面白さでした。DMM月額会員の方には必見の回とお薦めします。

3299.png
中でもみくりんは「ラッコになりたい」などど言い出し、笑い声と共に劇場の注目はもかちゃんにw
もかちゃんが上手の端だったので、この時の表情が見られたのはせめてよかったです。面白いのは、もはや完全に「自分=ラッコ」を前提にしてしまっていること。台本があったのではないか、というくらいのコンビ芸でしたww



3301.png
ユニット曲にいきまして、制服レジスタンスのはるたん先生が良いです。これ、もう一度見たかったんですよね。
目力の鋭いところがこの曲の表現にぴったりで、相性抜群です。ただそんなはるたん先生の姿も途切れ途切れにしか見えなかった…

3302.png
奇跡はじーな、ゆかちゃん、あきちゃん。三人ともこのユニットで初めて見る組み合わせ。これは嬉しいですね。

3303.png
逆転王子様で異彩を放っていたのがセンターのめるでした。両脇の二人、まりあとあーちゃんは笑顔を振りまきぶりぶりに、「アイドルですっ!」という感じ。この曲では本来それが当たり前なのですが、めるは無表情なのです。

しかしそれが、やる気がないとかこの日調子が良くないとか、そういうのとも違う。良い意味で何処にも力が入っていないというか、ふわーと脱力系にこの曲をこなしているのです。そして時折目線だけでふっとどこかに向かって笑みを投げ掛けるのです。
一体何でしょう、この独特に過ぎる演じ方は。少なくともこれを見て私は「悪くない、心地好くすらある」と感じました。七年以上ずっと見てきましたが、この人の世界はまだまだ掴み切れないようです。

3304.png
そして明日キスのえれたん!

3305.png
3306.png
素晴らしいです、最高です。ゆっくりと歌い上げる昭和の歌謡曲のようなこの曲、えれたんと相性抜群。えれたん本人も楽しそうです。
それだけに、そんなえれたんの姿が途切れ途切れにしか見えないのはやはり悔しくて仕方ありませんでした。えれたんRESETは必ずリベンジしなければなりません。それも一日でも早く。

あと、りこぴのセンターソロ歌唱がちょっときついな…
あきちゃん、ゆかちゃん、じーなにえれたんの歌唱力カルテットでできないんですかね、この曲。



あと何かあったかな…

3307.png
そうだ、終盤MCの前半組の面子。ゆかちゃん、もかぴ、みくりん、はるたん先生、えれたん、くどはる、ゆえる、まりあでした。他の七人が黒髪で、えれたん一人だけが茶髪なのです。何だか印象的な画でした。

3309.png
最後の曲、引っ越しました。その最後の大サビのところでえれたんが上手の端、0ズレでよく見えました。糞視界で最悪の公演になってしまいましたが、せめてものささやかな有終の美があったのは救いでした。

3308.png
で、紙テープを取り出すのに手間取ってあたふたするえれたんがw
えれたんはRESETにはこの日で八回目の出演だったそうで。音々ちゃんと同様こなれていない感があり、それがまた良きでした。



お見送りへ。ここ最近隣席推しかぶりが続いたりしてえれたんから爆レスが貰えず、これといった印象的な場面がありませんでした。やはり問題となるのは自分の前の人が誰推しかということです。
以前こんな事がありました。私の前の人が全身ピンクで完全武装したバリバリのはるたん推しでした。えれたんがその人を半スルーして私に厚いレスをくれたのです。

3310.png
この日はどうだったかというと、私の前(左隣)の人は公演中ずっとあかりボードを掲げていました。それを見て安心していたのですが、とんでもない展開に…
その人、メンバーのパネル写真のようなものを持っていたのですが、あかりパネルの下からえれたんパネルが何枚も出てきたのです。なんやこいつ。

嫌な予感を抱きつつえれたんの前まで行くと…
そんな前の人にえれたん爆レス。「ああっ、いつもありがと~♪」と。
なんやこいつ!
そのあおりで私はえれたんと絡む時間無し!えれたんから「あ、ありがと~」と普通過ぎるレスをいただきました。ここ最近で一番特別感がなかった( ;∀;)
やっぱり駄目な日というのはとことん駄目なんでしょうね。



ついでに言うと、この公演が余りに酷かったので、怒りにまかせて投げるつもりのなかったこの四日後の手つなに投げたんです。
(日曜の夕方公演だったので、終わった時点でまだ19時だった)

ところが、ここのところモバ枠は落選知らずだったのにあえなく落選orz
やっぱりこの日は厄日だったのです。こうしてここに形に残したので、もう記憶から抹消しよう…





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2020年2月20日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その一)

RESETから中三日で手つなに入りました。少々公演に入り過ぎです。べつにいいんですけれど、自分としては「そこまでする必要はない」頻度です。会場がスカラエスパシオなので尚更なのですが、元はそのつもりはなかったこの公演に投げたのは、相応の理由がありました。

3326.png
直接の動機となったのは、この四日前のRESET公演です。お伝えした通り、余りにも酷い、過去最悪のものでした。
そして日曜の夕方公演だったので終わって19時。この20日の手つな公演のモバイル枠の締め切り前でした。「この無念を晴らし、取り返さないわけにはいかん!」と怒りに任せてぶん投げたのです。ところが厄日というのはどこまで行っても厄日なんですね。キャンセル待ちにも引っ掛かりませんでした。こうなるとますます後には引けません。

「こうなったらえれたん推し、チームTⅡ推し登録が一年を超えた副垢一般枠でぶち当ててやんよ」と改めてぶん投げたところ、当選してくれました。
当選もらって少し冷静になったところで、もう一つ大切な意義があることに気が付きました。

3321.png
天音の卒業発表が自身の予想を超えて重く辛くて、日々胸を痛めています。何故なのかと思いを馳せた時に、一つの結論に行き着きました。天音が卒業してしまうことで、四期生の全盛期、チームTⅡの全盛期が遂に終わるのです。これはたいへんに大きな損失です。
ならば、その輝きを少しでも多く、少しでも長くしっかりと見届けたい、いや見届けないわけにはいかないという思いが募ってきます。ここまで考えた時に、やっぱり投げてよかった、当選してよかったと思えたのです。しかも当選もらった半日後に三月の前半が全て休館日だと発表されたものだから尚のことです。結果として投げて大正解でした。

しかし、喜ぶのはまだ早いです。四日前のRESETのように悲惨ではなかったものの、その前に入った手つなも後方席でステージが遠い遠い…
今日こそは、今日こそは推され席で観られなければもう救いがありません。

DSC05960.jpg
チケットは121番。おおっ、下1番ゲト!
悪夢のRESET公演はまずチケットが下0番だったところからケチが付いていましたが、少しは運気が上向いてきたのでしょうか。

しかし言うまでもなくより大事なのは巡目です。変哲のない通常公演とは思えないくらい、入場抽選が始まると緊張感が高まりました。手の平に滲む汗。果たして祈りは天に通じ…

DSC05955.jpg
たああああああ!4巡目きた(≧▽≦)
嬉しいというよりは救われたという心境でした。

新・スカラエスパシオ座席図200220手つな

ここに座りました。前から三列目の、下手の端の方です。
毎度TⅡの手つな公演では下手しか考えられませんが、ここで運の風向きが変わってきたことをさらに実感する出来事がありました。劇場の席は入口に近い方から埋まっていくのが鉄則ですが、この日は同じ列の上手側は既にびっしり埋まっていて、ここが空いていたのです。えれたん0ズレを連発する私にとって最高の軸ですが、まさに理想的な展開です。そしてユニット曲でさらなる神展開が…



それは後述するとして、まず影アナから。エミリーでした。フィリピンから帰って来て公演に復帰したキャプテン。まあこの日はエミリーしかないという感じでしたが、またもえれたんじゃないんかいww
ここまでくるとむしろ記録を伸ばしたくなってくる(笑)

3323.png
そんなエミリーですが、この日はテンションが高かったです。
まったくキャプテンのくせに気分屋でムラっ気があるのがエミリーですが、顔も血色よくニッコニコの笑顔。フィリピン行でグラビア仕事を勝ち取った以上のものを得てきたようで、何よりです。やっぱりエミリーのテンションが高いと公演全体が明るくなります。



手つな公演をこんなに良い席で観たのはいつ以来でしょうか。去年の11月のちゃんりおの生誕祭以来のことです。
スカラエスパシオはステージが高いので、三列目だとやや下から見上げる形になります。スカートの裾から三、四曲目の衣装のショートパンツがちらちらと見える時があります。良席特権です。スカラの最前列には座ったことがないのですが、きっと凄い景色なんだろうな。

3324.png
開演の瞬間こそ上手側にいるえれたんですが、一曲目の僕らの風は立ち位置が入れ替わるので、すぐにえれたん0ズレ祭りが始まります!(≧▽≦)
0ズレと言っても前回のような干され席の0ズレとはわけが違います。あの距離だと「左右の軸はせめて一致している」という感じですが、この席だともう「目の前」です。

3325.png
一方で、ステージが近過ぎるが故に常にえれたんの姿を追うのは難しいです。センター辺りまでがいいところで、そこから上手の方に行った時は見え辛いのです。
しかしこれはこれで良いのです。えれたんが上手に行った時はきっぱり切り替えて目の前にいるメンバーを見るという、何とも贅沢な時間が始まりました。四日前の悪夢を清算して借りを返すために、順調な滑り出しです。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■天神どーん!からの…

今年も降臨しました。福岡の真ん中のど真ん中、天神大画面前にメンバーの巨大広告が。

どーん!

DSC06001.jpg
DSC06002.jpg
DSC06003.jpg
DSC06004.jpg
DSC06005.jpg
でけえええええええええwwwwwwww
ここまででかいと笑うしかないwww
今年の主役はODA、それからなっぴ、びびあん、もかぴ、そして俺達のしなもん!

昨日本降りの雨の中をわざわざ天神まで行ったのは、これを撮るためだけではありません。この後いつものしなもん推し界隈の飲み会に参加させていただきました。
その名も「下野下集合飲み会」ww
皆様今回もありがとうございました♪



で、近くの居酒屋へ移動。
そして恒例のキーホルダー撮影会へ。

DSC06007.jpg
まずは刺盛りとえれたん。

IMG_8248.jpg
他の方のキーホルダーと一緒に並べさせていただいて…えれみるの並びが実現!これは尊い!ww
と、くるたんとさやまる、と生ビール(笑)

IMG_8251.jpg
豚バラとえれたん。

IMG_8255.jpg
日本酒とえれたん。これがあと半年で解禁されるとか、全然実感が湧かんな~
それはともかく、文字を上下逆の向きで撮っていたことに後で気付きましたorz

この飲み会は前々から企画されていたのですが、何と開始一時間後に13thシングルの選抜発表が行われるという神展開に。
皆で飲みながらわいわいと発表を見るのは実に楽しいひとときでした。



ただし…
その時間それ自体は楽しかったのですが、内容は必ずしも喜べないものでした。
まず、選抜メンバーの中にえれたんの名前はありませんでした。正直なところ「なんでこの子が?」と思うメンバーもいました。しかし自身のヲタ活のスタンス、ありようを考えた時、私はこれ以上この件について深く書くべき人間ではないと思うので、ここまでにします。

ですが、一つだけ。
えれたんが「悔しい」「選抜メンバーに入りたい」「選抜復帰したい」と繰り返し言い切ったこと。これがとても嬉しかったです。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2020年2月20日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その二)

3285.png
近いぞ、見上げるぞ、反則だぞ、エロい衣装きたー
至高のへそ&くびれ&けつ&ftmmタイム
みるけつとそのくびれを世界遺産に登録推薦
メンバーの尻のハミ肉がたまらん


3328.png
3329.png
えれさんのくびれからお腰がえちえちでよきよきですな( ̄∇ ̄)
色白なところがまたたまらんばい( ̄∇ ̄)

3327.png
繰り返しますが、スカラエスパシオはステージが高いので三列目だと結構下から見上げる感じになるんですよ。ftmmの付け根からおケツの辺りの線もちらちらと…ふむ、絶景ぢゃ絶景ぢゃ( ̄∇ ̄)

3333.png
一方で気になるのはみさきちさん。明らかに過去最大だな…
今のところまだギリギリでえちえち恵体の範囲に踏みとどまっているけれど、お腹の辺りとか本当にギリギリ。

みさきちさんだけでなく、びびあんと日向も過去最大。大丈夫かチームTⅡ…

3330.png
これに対して俺のえれたんのお腹はきれいだな~
これはHKTお腹総選挙であおいちゃんと良い戦いができるわ

3332.png
それからはぁち、えれたんに負けじと相変わらず脚が長くてきれいだな~
まあ二人ともその代わりにry



さて、この日の公演の見方には一つのテーマがありました。えれたんが見え辛い時は天音の姿を追うというものです。先日のえれたんとまいこむが出たただ恋の時と同じ要領ですが、こういう見方は散漫になる時が無くて良いですね。
そうして気付いたのは、天音も意外と正面に来ることが多いということでした。やはり下手のこの席に座ったのは正解だったようです。

3286.png
そんな天音がこの日は自己紹介MCの仕切りでした。これは激レア、初めて見ました。いやもしかしたら初めての事だったのかも。

ともかく卒業発表をしたからの特別措置に違いありません。何せ二月中にもう一回だけあるTⅡ公演はもかぴの生誕祭(後に公演中止に)、そして三月の前半は公演が一回もないのです。卒業公演の前にTⅡの通常公演が何回あるのか、あっても一回か二回がせいぜいでしょう。やはりこの公演に入れてよかったです。この貴重な光景をしっかり目に焼き付けます。

3287.png
天音が仕切り役に不慣れな感じが丸出しであたふたしているのも萌える!w

3334.png
自己紹介で印象に残ったのはびびあんでした。びびの奴が萌え萌え三段攻撃を仕掛けてきたのです。

先日福岡に雪が降ったことを話題に出しました。
びび「これは雪合戦たい!」
唐突に繰り出す博多弁。これが萌えの一。
そして二十歳にもなってまず雪合戦というのがかわいい。これが萌えの二。
極めつけは、同期の二人を雪合戦に誘ったら「寒いから」と断られたというのです。福岡より寒い群馬県出身で、四つも年下のまりあにまで断られるとはwwこれが萌えの三です。
結論、びびあんはかわいい(ぁ

3331.png
あとはもかちゃん。自己紹介でもかちゃんが0ズレだったのですが、衣装を押し上げるお山の存在感が相変わらず凄いな。
このエロ衣装はメンバーのえちえち下半身に目が行くものですが、ものともせずに主張するキリマンジャロ。流石は世界最高の独立峰たい…



お山の話はともかくとして(?)、話が前後してしまいました、TⅡ公演では毎度お馴染み、えれたんが自己紹介で何列目にいるかです。

3338.png
この日は残念ながら一列目でした。


新・スカラエスパシオ座席図200220手つな
もう一度載せますが、座ったのはこの席です。これを踏まえていただいた上で話を進めます。何故えれたんが一列目にいるのが残念かというと、目下えれたんのユニット曲で見たいのは、
雨ピ>>ブルドン>>>>>>>>>>バーコード>チョコ=GD
だからです。

チョコは前回見たばかり、バーコードは過去に見た回数が一番多いです。ではGDの序列が低いのは何故かというと、えれたんが出る時は基本的に上手ポジだからです。
GDセンターのえれたんも見たことがありますが、たった一回きりのこと。出現率はごく低いと言えます。この席位置、ステージが近いのは幸せですが、GD上手ポジにえれたんでは最悪です。

ところがこの後まさかの僥倖、奇跡の神展開が舞い降りることに…



3337.png
3335.png
えれたんがGDの下手ポジ!なんと初めて見る下手ポジ!サビでずっと目の前!うおおおおおおおおおお
こんな幸せがあっていいのでしょうか。神展開も神展開。SUGEEEEEEEEE

3336.png
どこまで本気かどこまでネタか、最近のGDではバックダンサーの五期生に誰が出るかが話題をさらいます。しかしこの日はバックダンサーなんて要らない!てか実際誰が出たか全然覚えてない!だってサビでえれたんがずっと目の前にいるんですよ!(大事なので二回言った)
いや~、最高でした♪

3289.png
しかももう一つ書いておかなければならないことがありまして。GDは曲が始まる瞬間ステージが暗い上にバックライトが光っているから、暫くは誰が出るのか分かりません。客席も「さあて今日は誰かな~」という緩い空気が流れているのですが、ここで発動するのが推しの眼力!自分で言うのもナンですが、凄いと思いましたね。

3290.png
ぼんやり微かに見て取れる身長や体格、雰囲気から、「下手側のメンバーがえれたんだ!」と秒で確信したのです。

「えっ、えれたん下手ポジって激レア、ってか初めてじゃね?てかいやいや、この席でえれたん下手ポジは大勝利じゃね?!うおおおお!!!!」
伴奏が始まった瞬間こう爆沸きしていたのは、この日の客席できっと私だけだったでしょうww

3322.png
ついでに言うとこのGD、センターは天音でした。これも卒業発表直後ならではのユニット割りでしょう。手つな公演で一番多く単独コールできるのはGDのセンターですからね。これだけでも印象的な場面なのに、えれたん下手ポジという個人的な神展開まで加わって、忘れられないひとときとなりました。

このようなわけで、この日の公演の圧巻はユニット一曲目で終わってしまいました。これを超える場面などあろう筈もなく、後はもはや蛇足でしかありません。これでこの日の全ての仕事は終了です。お疲れ様でした。
(おわり)







…というわけには流石にいかんったいねw
だけん、いつも通りレポを続けます(当たり前だ)
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■表裏一体、光あれば影あり

3359.png


これは朗報(≧▽≦)
本日これよりえれたんがこのイベントに出演します。

https://www.youtube.com/watch?v=z8kUB5CEGsw
しかも無料生配信というおまけ付き♪

五日前にえれたんのモバメで典型的な「嬉しい報告の予告」があってたので何だろうと思っていたのですが、選抜落ち、そして劇場公演をはじめあらゆる活動の見通しが立たない状況だけに、尚のこと嬉しいですね。パソコンの前で全力待機なうです。
しかしその一方で…



3360.png

全ての人が納得する選抜メンバーなどあり得ないわけで、誰だって自分の推しが漏れれば「なんでだよ!(怒)」と思う筈です。だからこそこのイベントは嬉しかったのですが、えれたんが選ばれる側になったらなったで当然その影も生まれるわけです。

全員が平等、公平はあり得ない。それがこのグループの宿命であり、これまでずっと繰り返されてきたことです。だからいちいち気にしていたらキリがないのですが、ゆかちゃんはえれたんと特に仲の良いメンバーだし、先の歌唱力No.1決定戦のこともあります。
前回はえれたんがHKT内では最上位でした。しかし今回は反対に、ゆかちゃんの勝ちでした。それだけに少々心苦しいものがありますね…
今回はまさに典型的な図式でした。
とはいえ、それを言っても仕方ありません。多分に漏れずこのイベントも無観客の配信のみとなってしまいましたが、えれたんの雄姿をしっかり見届けたいと思います。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■大反省会(笑)

IMG_8279.jpg
昨夜の「GIRLS'FACTORY NEXT」DAY4、生バンド付きの、生のステージ!空耳ロックのフル!一組ずつの尺もとても長くて、えれたんの晴れ舞台を堪能しました♪

空耳ロックは、オリジナルではメンバー達はただ歌っているだけですが、二人が「ロックンロールの歌い方」に寄せていました!

IMG_8278.jpg
この曲のオリメンには個人的に思い入れがあるので、実を言うとえれたんがオリメンでないあきちゃんとのデュオで歌うことに複雑な気持ちも抱いていました。

しかしこれができるメンバーはグループの中でも僅かしかいません。少なくともチームTⅡでえれたん以外にできる子は一人もいない。だから納得させられてしまいました。やっぱりあきちゃんは凄い、本当に何でもできるなこの子は…

97996a56.jpg
それどころか感心したのは、この二人のコンビの質の高さです。声質や歌い方、歌の表現など、互いが持っていないものを見事に補完し合っているのです。予想していなかった素晴らしさでした。
と、ここまでは最高だったのですが…



IMG_8282.jpg
えれたん、肝心なところでコケちゃった…
結果論ですが、革命デュアリズムともっと、きっと。の曲順、色々な意味で反対にしなきゃいけなかったよね。

そして印象的だったのは、コケたことがむしろ良かった、これはこれでアリという意見があちこちで見られたことです。
その気持ちは、よく分かります。アイドルとしてこれはおいしい。

3361.png

えれたんも軽いノリで笑い話にしています。がしかし、本当はとても悔しかったのではないかと私は思っています。



IMG_8283.jpg
昨夜のステージ、えれたんはきっと「アイドルのえれたん」ではなく「歌手・坂本愛玲菜」として立っていた筈。ならば自身が作詞した曲をセンターで歌う、最高の見せ場でコケていい筈がない。
でも革命デュアリズムで全てを出し切ってしまってモロに燃料切れになっていましたね…だから曲順が逆じゃなきゃいけなかったのよ。

IMG_8284.png

とはいえ、そこまで深刻にするような雰囲気でもないですけどね。えれたんがとても楽しそうに歌っているのが伝わってきたし、今後への手応えを掴んだようなのでなによりです。
公演の再開が見えない中で、えれたん不足も補充できてよきよきでした♪





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2020年2月20日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その三)

DSC05956.jpg
えれたんの書いたもの「たのしみんちょ・たい」にしか見えないけど、何なんだ?w



≪2020年2月12日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・今村麻莉愛・小田彩加・栗原紗英・堺萌香・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・武田智加・月足天音・松岡はな・松本日向・宮崎想乃・村川緋杏・山内祐奈・山下エミリー

≪同セットリスト≫
影アナ:山下エミリー

0.overture
1.僕らの風
2.マンゴーNo.2
3.手をつなぎながら
4.チャイムはLOVE SONG
MC(自己紹介)
5.Glory days(坂本愛、月足、山内)
6.この胸のバーコード(小田、堺、石)
7.ウィンブルドンへ連れて行って(今村、清水、松岡は)
8.雨のピアニスト(荒巻、松本、宮崎)
9.チョコの行方(栗原、武田、村川、山下)
MC
10.Innocence
11.ロマンスロケット
12.恋の傾向と対策
MC
13.大好き

アンコール

EN1.ロープの友情
EN2.火曜日の夜、水曜日の朝
MC
EN3.遠くにいても



3339.png
あーまね!×4
えーれな!×4
ゆーうな!×4

公演の圧巻がユニット一曲目のGDで早くも終わってしまった。これは冗談でもネタでもなく本気も本気です。しかし三列目という良席、目の前にいるメンバーから受け取るものはやはり多いです。

3341.png
バーコードはセンターがODAで、おいもとみゅん。

3340.png
真顔のODA、きれいだな~
真顔フェチの私には得な時間です。

3342.png
それからみゅんの成長がまた見られたのもよかったです。
今からちょうど一年くらい前、みゅんの奇跡のような成長ぶりを目の当たりにしてきました。しかし余りにも速く及第点に達してしまったが故に、祭りの期間が終わると埋もれてしまったのです。

しかし歩みが止まったわけではありません。この日はたとえばマイクを持っていない方の手の細かい動きだとか、目線の切り方など、自分なりの工夫を込めている様子が窺えました。

3343.png
ブルドンはセンターがはぁち。これも初めて見たな!
青がまりあ、黄色がちゃんりお。どうせならドラ2のブルドンが見たいと思いましたが、安売りしないのもそれはそれでアリだな。生誕祭とかでやった時に感動するものね。

はぁちがセンターでひときわ華があるブルドンを見つつ、ある思いが浮かんできて寂しくもなりました。
文字通り自由自在にユニットを組み換え、誰がどのユニットのどのポジションをやっても素晴らしい見応えと完成度。今チームTⅡは完成された状態にあります。だからこそそれがあと少しで失われてしまうと思うと、たまらなく寂しいのです。儚く失われるからこそ一瞬の完成された輝きが美しくもあるのですが…天音の卒業公演の前に手つなの通常公演が果たしてあるのでしょうか。もしあるなら必ず劇場で観たいですね。

3345.png
雨ピへいって、センターがみるんちゃん、日向とそのちん。おおお、何という美しさ。身長も含め、反則級にこの曲に似合っています。

3344.png
そしてセンターのみるんちゃんが素晴らしかったです。歌詞に準えた一つ一つの表情がとても丁寧で、緻密で、説得力があるのです。ふっと一瞬の微笑を浮かべた時などゾクゾクしました。これに対して日向などはまだ「この曲は全体的にこういう表情でやる」という域です。(そのちんは上手ポジだったのでそこまでよく分からなかった)

一日の長などと言葉で言うのは簡単ですが、それで済ませては失礼とも思える良いものを見せてくれました。そしてこんな細かい表情が見られるのも推され席ならではのことです。やはり劇場公演はこうでなくては。
※なお、みさきちさん呼びはもう飽きた模様ww

3346.png
チョコはエミリー、さえちゃん、びび、もかぴという今回も統一感のない四人w

印象的なのはびびあんでした。前回の手つなではびびあんの涙が天音の卒業発表の前フリだったわけですが、ここでのびびあんが本当に楽しそうで、心からの笑顔になっているのが伝わってきました。
すっかり卒業発表恐怖症、通常公演恐怖症になっていますが、このびびあんの笑顔を見て今日は卒業発表は無いと確信できたのです。

3347.png
それからもかぴ。チョコの衣装は全員が首からネックレスをしているのですが、飛び跳ねた時に浮き上がったネックレスが顔に当たって痛そうにしたのです。で、次から跳ねる時に手でネックレスを抑えてやっていました。他にそんなメンバーいます?w
ネックレスの位置が初めから前にあり過ぎるからやww流石はキリマンジャロ



後半戦へ。前回の手つなではイノセンスでえれたんが珍しい下手側にいて、さらにえれみるの並びという俺得展開だったのですが、この日はえれたんはいつもの上手ポジ。この席からだと殆どよく見えません。が、今回に限っては無問題です。えれたんが見辛い時は天音の姿を追うというのをテーマに臨んだわけですが、天音がずっと下手の正面だったからです。

3348.png
えれたんが激レア下手ポジで0ズレ目の前、さらにはセンターが天音のGDで既に悪夢のRESET公演の借りを返した感がありますが、この日は何から何まで流れが良いです。

3349.png
そして二番歌い出しからのODAキック!これは初めて見ました。見所の連続です。
そういえばODAで思い出したことが。生誕祭で髪を染めたと言っていましたが、SNSでの写真など見る限りでは全く分からず、黒髪にしか見えません。劇場で生で見れば分かるだろうと思っていたのですが、やはり全然分からないのです。

以前の記事で「先輩の期が誰も髪を染めていないのに後輩が先に染めた前例が一つもない」と書きました。四期生によって遂にこの法則が破られたわけですが、この限りなく黒髪に近い自称染髪、やっぱりどこか先輩のドラ2に対する遠慮が感じられて仕方ない…でもこれって中途半端だよなあ…
元から凄くこの髪色にしたいと思っていたのなら話は別だけど。
(話が逸れたところで次回へつづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2020年2月20日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演(その四)

3312.png
≪2020年2月12日、チームTⅡ「手をつなぎながら」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・今村麻莉愛・小田彩加・栗原紗英・堺萌香・坂本愛玲菜・清水梨央・石安伊・武田智加・月足天音・松岡はな・松本日向・宮崎想乃・村川緋杏・山内祐奈・山下エミリー

≪同セットリスト≫
影アナ:山下エミリー

0.overture
1.僕らの風
2.マンゴーNo.2
3.手をつなぎながら
4.チャイムはLOVE SONG
MC(自己紹介)
5.Glory days(坂本愛、月足、山内)
6.この胸のバーコード(小田、堺、石)
7.ウィンブルドンへ連れて行って(今村、清水、松岡は)
8.雨のピアニスト(荒巻、松本、宮崎)
9.チョコの行方(栗原、武田、村川、山下)
MC
10.Innocence
11.ロマンスロケット
12.恋の傾向と対策
MC
13.大好き

アンコール

EN1.ロープの友情
EN2.火曜日の夜、水曜日の朝
MC
EN3.遠くにいても



席が良ければ受け取るものも多くなり、レポも長くなる。必然の成り行きです。久々にその四に突入です。

3318.png
3319.png
全体曲唯一のえれたんのソロパートがある、恋の傾向と対策の一番。今回も血管が切れんじゃねえのかってくらいのアフォみたいなえれな四連コールで酸欠死直前ですww

3313.png
そんな明るさ爆発、楽しさ爆発、えれたんによく似合うしチームTⅡによく似合う曲ですが、だからこそそうでもないメンバーの姿が印象的に映ります。

3314.png
まずはこの日注目していた天音。
これまで何度か見てきたし、この間のまいこむもそうでした。卒業発表をしたメンバーというのは晴れ晴れした良い笑顔をしているものですが、天音はそれがない。これまでと変わらず、どこか影があるのです。喜びや楽しさが湧き上がって来て現れる心の底からの笑顔ではないんですよね。

3315.png
普通ここまでの美人が笑顔になれば自然と周囲が明るくなり、華やぐものですが、天音の笑顔はむしろ心配になってしまうような寂しい佇まいがある。そこがたまらない魅力でもあるのですが…残り少ないその姿を目に焼き付けます。

それからそのちんです。この手の曲でもそのちんはどこまでもクールです。

3311.png
えれたんと同様にこの曲と相性が良く、当人の魅力が爆発するのがはぁちです。明るさと楽しさの塊みたいなもので「もう楽しくって楽しくって、踊ってる間に汗や鼻水飛ばしちゃっても全然おっけー♪」みたいな雰囲気です。

3316.png
これに対してそのちんは「私絶対にそんなことしない」「全部はさらけ出さない」という気配なのです。えれたんやはぁちとその物腰はまさに対照的。胸に熱いものを秘めている筈なのに、だからこそ面白いです。最初に誤解されやすい典型の人物ですね。

3317.png
そうだ、レポその三で書き忘れた事があったので、ここに挟みます。
ユニット明けMCがチョコメンのびび、エミリー、さえちゃん、もかぴでした。この日はもかぴの300回出演だったのですが、そこから先日さえちゃんが500回だったという話題に。

さえちゃんの500回といえば、天音が卒業発表をした公演です。卒業発表の直後にさえちゃんに対するおめでとうコールがあったことを先日の記事でも取り上げましたが、そのせいでよろしくない雰囲気になってしまったことをびびあんが話題に出していじったのです。
よくぞ言ってくれた流石はおびび。大事ですよ、それ。

3352.png
大好きではこの日も安定の下手側、えれたん0ズレ連発♪

3350.png
3351.png
三列目で0ズレということは、まさに「目の前」です。今日こそは大好きな俺のえれたんの大好き俺だけ独占漏れなく全部回収(≧▽≦)

3353.png
そして天音も下手だったので目の前でした。しっかりと見届けます。

3354.png
アンコールの頭の二曲は毎度個人的に響かず、たいした印象も残らないのですが、この日は発見がありました。ロープの友情のはぁちがとても良いのです。誰よりも髪を振り乱し、表情にも情感がこもっていました。

明るい曲、楽しい曲においては彼女は天才だから、センターだろうとどこだろうと何もせずともハマってしまいます。しかしこの手の曲においてはそこまでではない。そこを埋めるべく本人が努力しているのがよく伝わってきました。ここまで来てまだ進化するのならば、凄いことだと思います。



3355.png
さあ、この日もいよいよ最後の遠くにいてもまで来ました。最近の流れ、ここまでの流れからして、どうしても懐疑的にならざるを得ません。まずびびあんを見ました。泣いてはいません。

3357.png
他に泣きそうな子はいないか、いつもと様子が違う子はいないか、何度も見渡しました。大好きに続いて折角えれたんが下手側の目の前にいるのに、いまひとつ集中できないっていう(笑)

3356.png
しかしメンバーの細かい表情までよく見える、推され席ならではの緊張感が味わえたとも言えます。これまでの公演で余り味わったことのない、独特の時間でした。
そして卒業発表などなく無事に終演、お見送りへ。



四日前のRESET公演は悲惨な視界でしたが、厄日というのはとことん厄日なもので、お見送りでもえれたんからここ最近で一番特別感のない軽レスしか貰えませんでした。
下手三列目の推され席、えれたんGD下手ポジという神展開でRESET公演の借りは十分に返せた感がありますが、最後のお見送り次第では画竜点睛を欠くことになりかねません。

3358.png
果たしてこの日は自分の前後にえれたん推しはいませんでした。えれたんは正規メンの最後から二人目くらいの位置に。最近いつもずっとこの位置にいるのは何故だろう?
それはともかくえれたんの前へ行くと「あっ♪見付けたよ~、ちゃんと!」と。
先日の「見付けたよ~、たぶん」と呼応している!!
さらには指で丸を作って見付けたポーズをしてくれました!神爆レス(//∇//)
それに応えて自分もえれたんに見付けたポーズをしながら終了♪

まさに完璧。最初から最後まで大満足で公演が終わりました。悪夢のRESET公演の借りをその次ですぐに返せたのは幸運で、本当に喜ばしいことでした。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR