■2021年11月

■清水梨央さん卒業発表

昨日の公演でりおちゃんが卒業発表しました。

私はかつて彼女について、こう評したことがあります。「かわいい曲にもかっこいい曲にもセクシーな曲にもはまってしまう、15歳とは思えない清水梨央という天才少女」。その後何度公演で見てもこの思いは変わらず、毎度感心したものです。手つな公演で雨ピのりおちゃんを見た直後にRESETの逆転王子様なんか見せられたらそのふり幅、破壊力は抜群でした。
エキゾチックな顔立ちの本当に美人で、ドルヲタ受けする顔ではないし好みは分かれるでしょうが、好きな人にはたまらないでしょうね。かわええな~、というよりはドキッとするような美人で、私も公演でたまに見るその面立ちにハッとさせられることがありました。

bae6065f.jpg
こんな子が選ばれない、人気が上がらないのだから、多人数グループの難しさ、厳しさというものを改めて感じます。そういえば一つここで思い出した事がありました。いつだったかりおちゃんが「アイドルは学生の間だけで、大人になる前に辞める」と言っていたような気がするのです。微妙に違うかも知れませんが、ニュアンスは多分これ。もしその通りにしたのだったら驚くべきことでもないし、本人には未練は無いのでしょう。
しかし高齢化著しいグループにとって貴重な十代メンバー、貴重なJKメンバーです。今はただ勿体ない、としか言えない…
でも、また今回も、また…ですが、我々ファンは笑顔で見送ることしかできないのです。

私にとって思い出は、何といってもりおちゃんの16歳の生誕祭に参戦したことです。
とはいっても単に手つな公演が観たかったからで、「りおちゃんならガチ推しが300人いるとは思えないから、投げてもよかろう」という安直な発想でした。
当日は2巡で呼ばれてBステ前で生誕祭公演を観て、しかしながら体調がいまひとつで存分には楽しめなかったという…
今思い返してもりおちゃんガチ推しの人に申し訳ない(汗)
でも勿論主役への全力コール、全力拍手という務めは果たしました。

DSC08812.jpg
折角なので当時の記事からの使い回しでなく、今日撮った写真を載せます。
残り少ない期間、HKT48メンバーとして最高の思い出が出来ますように。そしてどうか素晴らしい卒業公演を。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2021年10月5日、「博多なないろ」公演チームレッド・チームパープル(その三)

≪2021年10月5日、「博多なないろ」公演 出演メンバー≫
(チームレッド)石橋颯・熊沢世莉奈・神志那結衣・清水梨央・下野由貴・田中美久・松岡はな
(チームパープル)小田彩加・武田智加・馬場彩華・外薗葉月・村川緋杏・本村碧唯・後藤陽菜乃

≪同セットリスト≫
影アナ:小田彩加

0.overture
(チームパープル)
1.さくらんぼを結べるか?
2.遠距離ポスター
3.やさしさの稲妻
MC(自己紹介)
4.オネストマン
5.ハート・エレキ
6.シャムネコ
7.しぇからしか!
MC
8.初恋至上主義
9.早送りカレンダー

(チームレッド)
10.真っ赤なアンブレラ
11.アクシデント中
12.みなさんもご一緒に
13.カメレオン女子高生
MC(自己紹介)
14.隣人は傷つかない
15.意志
16.僕だけのSecret time
17.走れ!ペンギン
MC
18.永遠より続くように

アンコール

EN1.(チームパープル)選んでレインボー
EN2.(チームレッド)ハッピーエンド



新赤組公演の後半曲に追加されたのは、僕だけのSecret time。選曲も意志からの繋がりも良く、流石はしなもんの仕事、実によく出来たセトリです。
しかし旧セトリの意志からペンギンの流れがさらに上をいく素晴らしさだった故、どうしても物足りなく感じてしまいました。

ところが、そんな一ヲタの不満をいぶいぶペンギンは全て呑み込んでいったのです…

4379.png
なんだこの常軌を逸してかわいい生き物わああああああああああああ

4380.png
ああああああいぶいぶいぶううううううううああああおおおおおおおええ

4381.png
ああああ宇宙誕生以来一番かわえええええええええええああああああああああ

ぜえぜえ…はぁはぁ…
今回も即死するかと思いました。
相方が桃組でなくてよかったばい
マスクの下でニヤニヤが止まらなかった

4382.png
真面目な話をしますと、劇場で生で公演を観る喜びがここにあります。
配信の画面越しに抱いていた新セトリに対する不満は一体何だったんだ…目の前で歌って跳ねるメンバーの姿、その尊さは画面越しではとても感じ取れるものではなく、別のものを観ていると言っても過言ではありません。

4383.png
この日は後半MCがしなもんの独擅場でした。喋り倒した挙句、「ごめんないランプ点いたんですけど喋ります」→客席拍手
しなもんにしては珍しいw
しかも話の内容がみくりんに対してツッコミまくりというww
いつにも増して切れ味抜群でした

それにしても赤組公演の濃いこと。個人的な好みもあるでしょうが、メンバーの強さとセトリの良さ、充実感に圧倒されました。
そしてアンコールへ。



4384.png
いや~、やはりメンバーのTシャツ姿は至高ですな(何が)

4385.png
しかも紫組はもかさんがおるけん、尚凄いことに(だから何が)
ようちえんのくせに破壊力がけしからん
びびあんのびびあんが0ズレ連発でぶるぶる揺れてた

それはともかくとして(?)、紫組は曲順を動かして旧セトリで二曲目だった選んでレインボーをアンコールに持ってきました。
う~ん、これもどうなんだろう…
旧紫組のセトリは、一曲目がオネストマンだったのがいまいちでした。曲の雰囲気が公演の頭の一曲目に似合っていないというのが大きな理由でしたが、選んでレインボーの方がずっと一曲目向きじゃないか、という思いがさらに加わったからです。

4387.png
そしてセンターはびびあんからもかぴに替わっていました。これこそ個人的な好みでしょうが、びびあんセンターの選んでレインボーがめちゃくちゃ良かっただけに、これも残念です。

4386.png
武田プロはこういった陽の曲より陰の曲のセンターの方が似合う気がするんですが…

一方で、最後をこの曲で終われる満足感とフルで見られる喜びというメリットもあります。悪くもあり良くもありといったところでしょうか。難しいですねぇ



赤組のアンコール曲へ。

4389.png
いや~、やはりメンバーのTシャツ姿は至高ですな(何が)
しかも赤組はみくさんがおるけん、尚凄いことに(だから何が)

4388.png
それはともかくとして(?)、赤組のアンコールは追加曲のハッピーエンド。爽やかで疾走感ある典型の楽曲です。選んでレインボーに比べるとやや薄いというかパンチが弱い気もしますが、公演の最後をこの曲で終われるという癖の無さは素晴らしいです。食事の後に特上のお茶を飲んで静かに席を立つような。やはり下野Pの仕事は最高です。

そんな下野プロが最後に引っ掻き回してもっていくことになるとは…

4390.png
最後のMCを仕切っていたしなもん、言い間違えて、「それでは最後の挨拶、の前に、え~っと…」と言ってしまいました。咄嗟に卒業発表ではないかと思った後輩達がここで大騒ぎ。
ところが実際には卒業発表などありませんでした。

4391.png
ざわつきが収まらないステージ上で、しなもんの隣りにいたあおいが「ただ下手なだけなんです」とwww
マジレスすると、隣りに立ってたのが同期のあおいでよかったと、ただそれだけの出来事ww

そんな感じで今日もHKTの公演は平和に終演しました。

4392.png
前回入った桃緑公演はお見送りがありませんでしたが、これが復活しました。
こちらもメンバーもマスク着用ですが、何が良いって、メンバーの肉声を間近で聞けることです。そしてかわいい子はマスクをしていてもやっぱりかわいいんですよね。全員のお顔をよく見渡して終了です。

そうそう、研究生公演脳パラの時から変わっていない、いぶきの前のめりなお見送りが印象的でした。少し斜めに立ち、上半身を乗り出すようにして、さらに手を思い切りこちらに伸ばしてくるのです。くっそかわええし声も元気でよきよき(//∇//)
最後列+お見送りなしだった桃緑公演とは比べ物にならないくらい充実した気持ちで劇場を後にしました。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■君どこ聖地巡礼、孤高のやり直し編+α(その一)

さあ、君どこの聖地巡礼活はこれにて完結です。しかし一連の活動はまだ終わりではないようです。
ざわ…ざわ…

石炭記念公園を訪ねた時のレポ記事、その一番最後にこんな事を書いていました。実は君どこ聖地巡礼の第一弾だった長崎・佐賀編で一つ大きな見落としをしていたのです。その後選抜JK組の四人による聖地巡礼動画が上がり、ネタも加わりました。
(それにしても、当のメンバー達が聖地巡礼するとか斬新すぎるwwwww)
ここはやり直しの旅に出る一手です。

DSC08685.jpg
仕事が終わった後博多駅から特急かもめ号に乗って長崎へ向かうという、既視感の塊のような旅の始まりです(笑笑)

DSC08684.jpg
この日はたとえ天気が悪かったとしても活動を強行するつもりでいたので、早々に切符を買っておきました。早特7で正規料金が4,800円のところ半額以下の2,340円に。割引率が凄過ぎるww

DSC08686.jpg
DSC08687.jpg
この日は暗く曇っていて、残念ながら有明海や雲仙普賢岳の眺めは楽しめませんでした。そして18時前に長崎に到着。隣席する新幹線のホームも殆ど完成していました。
長崎駅に着いたところでちょうど公演の当落発表の時間なので、チケショを開きます。



fc2blog_2021110617305831d_20211106175248712.jpg
12日のりっとちゃーむ当選!♪
幸先が良いとはこのことです。上機嫌で投宿するビジネスホテルに移動します。

DSC08688.jpg
やっぱり路面電車しか!
そして長崎の街に繰り出します。そう、これも前回と一緒で、この日は前乗りしただけです(笑)

DSC08693.jpg
海鮮の居酒屋→おでん屋とはしごして、活動前夜のハイテンション+久し振りのLit Chamが観られる喜びでつい締めのちゃんぽんに走ってしまいました(汗)

DSC08694.jpg
一夜明けて、いよいよ活動本編と言える二日目です。この日は旅名人の九州満喫きっぷを使いました。
天気が悪くとも活動を強行するつもりだったと言いましたが、一つの理由はこの切符の期限が目前に迫っていたからです。そしてもう一つの理由は、この活動の根幹に関わるものでした。それについてはまた後ほど…

この切符を使うからには長崎駅まで路面電車に乗って然るべきなのですが、この日は早朝始動です。始発電車の時間が遅くて噛み合いませんでした。そこで歩いて長崎駅に向かいました。

DSC08695.jpg
石畳の急坂、長崎らしい佇まいです。

DSC08696.jpg
639発の普通列車に乗って活動開始です。この季節の長崎、この時刻では漸く空が明るくなり始めたところです。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■上島楓さん卒業発表

昨日の公演でかえちゃんが卒業発表しました。
まさか、まさかのまさか、こんな事があっていいのでしょうか。・゚・(ノД`)・゚・

00775f20.jpg
昨日は卒業発表に慄きながら配信を観ていました。最後の挨拶を…というなっちゃんの言葉を遮る声が上がった時、ああやっぱり、みるんちゃんか?それともティファ氏か?と思ったんです。
ところが、まさかのかえちゃん?!ええっ、かえちゃん??!嘘でしょ???!

余りにも予想外過ぎて思考が完全に止まりました。突然後ろから刺された気分です。

FDgeImbaUAA67cP.jpg
昨日今日で決めた話ではない、とかえちゃんは繰り返しました。しっかりと考えて、周囲の意見にも耳を傾け、その上で本人の意志で卒業を決めたからには笑顔で送り出してあげなければいけません。
そうは分かっているものの、今はただただ勿体ない、どうして?としか思えません。これが一ヲタの正直な心境です。本当は誰よりも辛い筈なのに、優しい言葉と眼差しで彼女を守るはるたんの気丈な姿が涙を誘いました。



それにしても、くどはる、さなちゃんに続いてあっという間に五期生が三人も…引っ掛かるのは、彼女達の引き際が妙に呆気ないというか淡泊なところです。

5127678c.jpg
キャリアが長いメンバーほど卒業は重いものになり、だから末っ子の五期生の引き際が淡泊に思えるのはむしろ当然ではないか。こう言われるならばまさにその通りなのですが、何かそれだけではない違和感というか、違いのようなものを感じるのです。八年間やってきてまだ一人しか卒業していない三期生と、そのありようは余りにも違います。

これは、五期生達のアイドル活動の希薄さ、成功体験の少なさに起因するのではないかと思っています。
夢のオーディション合格、そして憧れのアイドルへ…ところがそんな彼女達を待ち受けていたのは、中止、自粛、空白期間、客席のファンが押し黙っているステージでした。

海中211107
これに対して三期生などグループの一番良い時、上り調子の時に加入してきた。デビューしていきなり満員の客席からの大声援、大拍手で迎えられ、すぐに海中の野外ライブだ紅白出場だと、約束されたような成功体験の連続です。
こうした濃密な活動と成功体験の積み重ねが、自身の中にしっかりとしたアイドルとしての芯を確立し、グループへの愛着を深めるのです。だからそう簡単には卒業できなくなる。

不幸でしかありませんが、五期生はこの点を決定的に欠いています。五期生のキャリアは三年です。ちょうど倍のキャリアになるのがドラフト二期生ですが、アイドル活動の量、濃さで言ったら五期生はどらにの三分の一、四分の一もないでしょう。
十代の後半から二十代の前半という、人生においてもっとも貴重な期間にこうも希薄に日々が過ぎてしまうのでは、将来について色々と考えてしまうのも無理はないです。引き際が呆気ない、淡泊になるのもむしろ当然なのかも知れません。

E0jgmrQVkAUFQjj.jpg
c3f05664.jpg
そしてかえちゃんは、先に昇格と選抜入りを果たし、色々な場面で選ばれるようになった五期生の勝ち組だっただけに事は重大です。「アイドルになりたいというよりHKTに入りたかった」とまで言った未来の希望が、こうも早く去ることになるとは。

今はただ勿体ないとしか思えない、受け入れられないと言ったのは、かえちゃん一人を失うだけではないからです。グループの先行きが見えない、今後に不安しか感じられない卒業発表でした。
次に卒業するのもベテランではなく五期生やドラ3といった若手ではないのか…そう思えてなりません。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■君どこ聖地巡礼、孤高のやり直し編+α(その二)

(※レポその一の記述で一つ間違いがあったので、ここで訂正します。長崎駅に着いたところで着弾したのはLit charmeetingではなく、えれ誕祭の当選通知でした。活動とレポが前後して記憶もごちゃごちゃになってるww)



長崎駅を639に出発する列車に乗り込み、活動開始です。

DSC08697.jpg
朝食は駅構内のコンビニで買ったサンドイッチで簡単に済ませます。この時間の始動ではホテルの朝食も食べられないし、飲食店もまだ開いていない…
のですが、真の理由は朝食を意図的に軽くするためです。この日は早めの昼食に重量級のものを食べると決めていました。こう書けば熱心なヲタの皆さんならもう先の展開が分かったでしょう(笑)

DSC08698.jpg
DSC08699.jpg
諫早で島原鉄道に乗り換えます。実はこの部分はヲタ活とは関係ないオマケです。

この日は千綿駅に11時過ぎに着く列車に乗る必要がありました。それまでの朝の時間をどう有効に使うか、二つの選択肢がありました。一つは路面電車に乗って長崎の町を散策するというものです。しかし平日の朝は区間によっては通勤、通学客で激混みします。

DSC08700.jpg
これを回避して、もう一つの選択肢、島原鉄道への乗車を選んだのです。土日だったら路面電車案を採用していたかも知れません。

DSC08703.jpg
DSC08702.jpg
DSC08701.jpg
DSC08704.jpg
終着の島原港まで乗って折り返し、諫早まで戻って来ます。乗り放題切符を使う日ならではの行程です。



DSC08705.jpg
DSC08706.jpg
前座が終わり、ここからが本番です。大村線の列車に乗って、再び千綿駅に降り立ちました。
(駅の風景は最高ですが、下品で気味の悪い電飾のYC1だけは絶対に好きになれない…)

DSC08709.jpg
千綿駅を再訪したのも、11時過ぎに到着する列車に乗って来たのもこのため。駅の食堂でJK組四人が食べていたカレーをいただく一致活です。
ところがとんでもない事態に…

この店は11時開店なのですが、既に席は埋まっていて、暫く待ってもらう旨告げられました。これは混む飲食店においてどこでも共通する事ですが、開店の1巡目にぎりぎりで入れないというのは一番長く待たされる、最悪の展開です。

DSC08707.jpg
DSC08708.jpg
DSC08712.jpg
DSC08713.jpg
でも仕方ありません。次の列車までは一時間あるので、絶景のホームや素晴らしい駅舎を眺めつつ席が空くのをのんびり待ちます。
ところが…

厨房の様子も席の様子もよく見えるのですが、カレー出来るの遅いな!
15分だか20分くらい経って、漸く先客達が食べ始めたようでした。
さらには…
三組、計十人の先客がいたのですが、なんかどの人も食べるの遅ええええええ
次の列車までは一時間あるとのんびり構えていたのですが、気付けば時間が迫っています。
ハヨウタベンネ!(゚Д゚)

DSC08710.jpg
列車の時刻まで20分を切ったところで、遂に動きました。中に入って行って店員さんに訊ねます。
「1208の列車に乗らなければいけないんですが、あと何分くらいでカレー出来ますか?」
すると、「えっ、そうなんですか?!余り時間無いですね!」みたいな反応なのです。いやのんびりし過ぎでしょww

DSC08714.jpg
でもせめて、大急ぎで私の分のカレーを作ってくれたのはよかったです。先客が立った後のテーブルも急ぎで拭いてくれました。ただし…

fc2blog_20211107110018c0e_202111071103063ec.jpg
本当は真ん中の大テーブルに座りたかった。いぶいぶかくるたん一致席で食べたかったのに…(´・ω・`)
しかもこの時点で列車の時間まで僅か十分です。ボリュームも満点の本格的な美味しいカレー、目の前は絶景のホーム。これらをじっくり味わう暇もなく、急いでかき込む羽目になるとは。う~ん、腹一杯なのに消化不良…(全然笑えない)

運が悪かったと思うしかありません。
(車で乗り付けて開店一番で六人で入ってゆっくり食べるのはやめてくれ)

DSC08715.jpg
DSC08717.jpg
気を取り直して1208発の列車に乗り込み、大村線をさらに北へ進みます。
そしてこちらも前回と同じ、小串郷駅で下車しました。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■君どこ聖地巡礼、孤高のやり直し編+α(その三)

DSC08720.jpg
千綿駅の食堂ではいぶくる一致席に座れなかった上に、時計を気にしながら大急ぎでカレーをかき込む羽目になってしまいました。気分も腹具合もすっきりしないまま、それでも予定通りに後続の列車に乗り込み、小串郷駅に降り立ちました。

DSC08727.jpg
前回は気付かなかったのですが、駅名標の裏を見てみたら、こちらが側がジャケ写に使われた国鉄仕様になっていました。なんでやねん

DSC08718.jpg
あと前回来た時にはロケ地である旨を表す張り紙があったのですが、残念ながら無くなっていました。

DSC08726.jpg
そんな確認もそこそこに駅の外に出て、向かいにあるパン屋に足を運びます。

DSC08722.jpg
君どこ聖地巡礼の第一弾、長崎編で重大な見落としをしていたと述べましたが、いよいよリベンジの時が来ました。今回の最大の目的はこのパン屋の再訪でした。

DSC08723.jpg
これこれ!
壁に掲げてあるメンバーのサイン、これを見落としていたのですよ。
店に入ると目の前にパンの棚があり、その横に会計をする窓口があります。このサインは後ろを振り返って天井近くの高い所を見上げないと見付けられないのです。見落とし易さ満点ですが(笑)、それでもヲタクの巡礼活としてあるまじき失敗でした。無事に写真に収めて、リベンジ完了!

それでは皆様お疲れ様でした。さよ~なら~



と言いたいところですが、ちょっと待ったあああ!
今回のレポもその三まできていますが、表題の+αとは何ぞや?と思われたのではないでしょうか。実はこの+αがパン屋のサインリベンジと同じくらいの結構なネタなんです。

DSC08724.jpg
あ、ちなみにパン屋で買ったコロッケコッペパン、カレーを腹に詰め込んだ直後では食べられる筈もなく(笑)、翌日の朝食として美味しくいただきました。
これもこの季節になったからですね。前回来た時のような夏の盛りでは、翌朝に回すなど無理です。

DSC08746.jpg
小さなレシートがかわいい♪

DSC08728.jpg
さあ、小串郷から後続の列車に乗って佐世保までやって来ました。千綿駅、小串郷駅に続いて今回の大きな目的地がこの佐世保駅でした。
どういう事かというと…

fc2blog_20211111165035793_202111111656556e0.jpg
fc2blog_20211111165036590_20211111165656d11.jpg
fc2blog_2021111116503753c_20211111165653d4f.jpg
最後に佐世保駅だけ残ってたwwwww
福岡人にとって最難関の「海幸山幸」や「指宿のたまて箱」なんかもいつの間にかひっそりと行ってるっていうwwww

fc2blog_20211111165111435_202111111656576c5.jpg
fc2blog_20211111165112d5aa.jpg
fc2blog_20211111165113965_20211111165659d26.jpg
というわけで、もっと!みんなの九州デジタルスタンプラリー完全制覇!!
これが+αの正体でした。

fc2blog_20211111165114bc2_202111111656502b2.jpg
fc2blog_202111111651156ad_20211111165651cd0.jpg
ちなみに去年と違って、完全制覇しても何の特典もありません笑笑笑
スタンプを七つ以上集めればエントリーできる、ただそれだけの企画ww
でも残り一つとなったらフルコンプしたくなるのがヲタクの道ってやつでしょう(笑)



そんなわけで、千綿食堂で一致活+小串郷のパン屋さんリベンジ+佐世保駅でスタンプラリー完全制覇と、三大目的を達成しました(≧▽≦)

DSC08729.jpg
あとは帰るだけです。佐世保から松浦鉄道に乗ってのんびり帰ります。

DSC08730.jpg
DSC08731.jpg
DSC08732.jpg
DSC08733.jpg
DSC08734.jpg
たびら平戸口駅では六分間停車で、駅を見物する時間が用意されていました。

DSC08736.jpg
DSC08737.jpg
伊万里で筑肥線に乗り継ぎます。

DSC08738.jpg
前回訪ねた肥前長野駅や鬼塚駅を通り過ぎて、すっかり日も暮れた唐津に到着しました。あとは唐津の居酒屋に吸い込まれてほぼ終了です。

DSC08742.jpg
余談ですが、旅名人の九州満喫きっぷは一日に3,667円分以上乗るとお得になるのですが、この日の使い倒し方が凄かった。正規運賃を計算したところ、何と8,880円分も乗車していました!

さあ、君どこの聖地巡礼及び付帯活動は今度こそ本当に完結です。次のシングルはよ(笑)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2021年10月23日、The Creators2021

d7f2ee37.jpg
この日はえれたんの生誕祭が入るかも知れないと、仕事を早上がりできる日程にしていました。結局えれ誕祭こそなかったものの、福岡市役所前の広場で行われたこちらのイベントに参戦できるという、超結果おーらいの神展開となりました(笑)

DSC08740.jpg
現地には開演の15分前に着きました。客席…ではなくオールスタンディングの完全フリースペースですが、ステージに近い所は柵が立てられて細い通路のように仕切られ、人の間隔を空けるように指定されていました。ここは早い時間から並んでいた人限定でしょう。恐らくHKTのヲタが殆どだと思われますw

そこで、人だかりの後ろにつきました。すると…
ほぼドセンの位置が、前に背の低い人しかいないのです。嘘みたいに視界良好!
なんの神展開ですかこれはww
ステージまでの距離は、劇場の最後列、立ち見よりも若干遠いかというところ。これならメンバーの微妙は表情までは分かりませんが大体の表情は見えます。真ん中だからえれたんが何処にいてもよく見えるでしょう。15分前の到着、無料でこれなら大勝利!!



思いがけずに好位置をゲットしたことで、上機嫌で開演を待ちます。ここでステージの様子も目に入ってきたわけですが、福岡市の高島市長が子供達に何かの表彰をしていました。
表彰が終わって少しの間繋ぎのトークとなったのですが、ここで高島市長「今日はね、ここにいる皆さん勿論HKTのステージを楽しみにして来たと思うんですが」
からの…

市長「みくりんの写真集買った人?」ちょwwwwwwwww
これに対して素直に手を挙げる人多数wwww
福岡は今日も平和でした笑笑
しかし開演前から今日のMVPが高島市長に確定してしまった笑笑笑

e1c9e787.jpg
≪2021年10月23日、The Creators2021 出演メンバー≫
石橋颯・運上弘菜・栗原紗英・神志那結衣・堺萌香・坂口理子・坂本愛玲菜・武田智加・竹本くるみ・田島芽瑠・田中美久・地頭江音々・豊永阿紀・渕上舞・松岡はな・渡部愛加里

≪同セットリスト≫
0.overture
1.12秒
2.スキ!スキ!スキップ!
3.大人列車
挨拶
4.早送りカレンダー
5.控えめI love you!
6.君のことが好きやけん
7.おしゃべりジュークボックス
8.メロンジュース
9.君とどこかへ行きたい



いよいよ開演ですが、セトリも充実していました。まず12秒、次にスキップ。流石にここで披露されるのはシングル表題曲だけかと思いきや、客席も温まってきた三曲目に大人列車が。これはナイス!
ってかメンバーが大人列車の衣装着てたんだからセトリに入るのは当然か。気付けよって話w

横長のステージだったのでメンバーが横一列になる場面も多かったのですが、スキップのサビではえれたんがめるとダブルセンターの位置に固定!これはおいしい(≧▽≦)

FCZE9zeUUA0mzcA.jpg
3e354eb5.jpg
そんなえれたんはポニテに赤リボンでした。かわええ(//∇//)

d6eef497.jpg
それから印象的だったのは、選抜メンバーだけによる16人のステージが壮観だということです。劇場公演でも単独コンサートでもなく、この手のイベントならではと言えるでしょう。

野外ライブならではの開放感、高揚感も最高です。久し振りにこの無二の感覚を楽しめました。メンバーもキラキラしていて、皆が結構な汗を掻いていたのも、セーターにジャケットという冬服の衣装だけが理由ではないでしょう。

FCY8t3xUcAEbkX7.jpg
32c4c83a.jpg
あとは今日も今日とていぶくるの破壊力が…
この二人がシンメになってぴょこんと跳ねるとこなど見ると、世界征服も難しくないと思えます。

FCdjPWJVQAEIbNW.jpg
FCY0vT1VgAcVC8n.jpg
おしゃべりジュークボックスがセトリに入っていたのも嬉しい誤算でした。
メンバーの変な横移動とダサい歌詞というクセになるコンテンツを、一般客にも見せ付ける!www

そして最後は君どこです。これしかないという終わり方で、キターという感じでしたが、ここで神展開が…
16人による、つばめ選抜+みずほ選抜の準完全体というべきものが見られたのです。これはたぶん初めての事!このレアものを生で見られるとは、現場ヲタの冥利に尽きます。

FCZFA5kVQAQpCls.jpg
あとは個人的にとても印象的だったことがあります。

実はこの日仕事がうんざりするくらい忙しくて、昼の休憩も全然取れなかったんです。心身共に疲れ、荒んだ気持ちで会場に辿り着きました。
ところがHKTのステージが始まるや、嘘みたいにあっという間に心の中の色々な嫌なものが洗い流され、清々しく満ち足りた気分になったのです。その後はただ幸せな時間が流れていきました。

6357c5e7.jpg
ああ、やっぱりHKT最高だな。アイドルっていいな…自分の中で当たり前になっていたそんな事を再確認して、尚充実した気持ちになれたのでした。
もう一度繰り返しますが、無料のイベント、直前の到着とは思えない大勝利でした♪





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2021年10月29日、「博多なないろ」公演チームピンク・チームグリーン 坂本愛玲菜生誕祭(その一)

FC3ZV-vakAAlebA.jpg
えれたんの生誕祭に無事入れると決まった時、勿論嬉しかったのですが、かつてゆいちゃんやちーちゃんの生誕祭に平手で当選した時のような爆発的な歓喜というわけではありませんでした。
振り替え権利を行使したので、何事もなく無事に呼ばれてホッとしたという感じでした。それよりも色々な思いが頭の中を巡って、感慨深かったです。

一度は完全にヲタ卒をしたものの、HKTに対する箱推し感情が強過ぎて成仏し切れず、結局は現場に戻って来てしまいました。
それでも初めのうちは遠巻きにステージを眺めている気分でした。それが(予想通り?)どんどん深みにハマり、レス厨が発動して電光ボードまで作るようになり、そして当然のようにえれたんの生誕祭へ…

DSC08760.jpg
推しメンの生誕祭こそはあらゆるヲタ活の中で至高のコンテンツです。この感覚を味わうのも久し振りのこと…
ここにおいて亡霊であった期間は完全に過去のものとなり、現世に呼び戻される一連の物語が完結したと言っていいでしょう。今の私は再び生身の身体を手に入れたということです(謎)

とはいえ、今ここでそんな感慨に耽っていても仕方ありません。ひとまずは目の前の生誕祭を楽しむことに集中しましょう(一体何なんだ)

DSC08758.jpg
いつもより早めに劇場に足を運び、まずはフラスタとご対面です。

DSC08758a.jpg
プラレールでつばめ号www
ただ飾ってあるだけではありません。実際にぐるぐる走り回っています。早めに劇場に行ったので、まだ人はそんなに多くありませんでした。フラスタの周りに人がいない時でもガーと乾いた音を立てて走り続けていて、めっちゃシュールwwww

FC347ENakAAT4OJ.jpg
そしてヘルメットwww

570c6801.jpg
えれたんにあおい、さえちゃんと、よくも整備士役が似合わない子ばかりを選んだものだと思いますが(わざとか?)、そのミスマッチ感がよきとも言えます。
このフラスタも同様に、可愛らしい花にヘルメットのミスマッチ感が絶妙でたまらんwwセンス最高wwww
ひとまずは生誕委員の皆様お疲れ様でした。



さあ劇場のロビーに入り、何といっても気になるのは席です。
再開した一発目の桃組公演では、リクアワ夜公演から連続のまさかの最後列。次の赤紫公演では、今度こそ推されると思いきや70番でした。

今日こそは推される番でしょう。そうでなければ辛過ぎます。もしここで推されたならば、ここまでの干され席続きも全てはえれ誕祭のためだったと思えます。新劇場で未経験の最前列まである!さあ今度こそフェイスシールド装着の準備するばい!
ところが…

fc2blog_20211113115352685_202111131220012d8.jpg
112番…
なんで…どうしてまたこんな…(´;ω;`)

劇場座席図(改)211029なないろえれたん生誕祭
しかも斜め前、99番の人が背が高い上に頭がデカい…
なんでこげん席運悪いと?辛すぎる(´;ω;`)

三台あるVRカメラのうち、ドセンに立っているやつが99番の人の頭に隠れて完全に見えないことを確認した時は、絶望的な気分になりました。
しかし実際にはセンターのメンバーが立つのは少し後ろなので、ステージ中央が見えないということはありませんでした。せめてホッとしましたが、下手の一部が全く見えないのも事実です。そして言うまでもなくステージは遠い…

DSC08623.jpg
話が前後しますが、テンションだだ下がりの私をさらに攻撃する出来事がオバチャの時に起こりました。
この日持参したのは勿論ハピバ仕様の電光ボード。開演前の待ち時間に、例によってDMMカメラさんにこれをアピール。カメラさんが暫くの間こちらを写して、色々と確認する作業をしてくれます。そしていよいよオバチャが始まりました。すると…

カメラさん、最後列のヲタの方をずっと写していて、こちらを全く向いてくれません。後で配信で確認したところ、スケブに「今日はえれたんの生誕祭だ」と書いただけのものでした。
他人様の推しグッズにケチをつける気は毛頭ありませんが、そんな簡易的なものを長写しして私の方は完全無視とか( ;∀;)

なんだろう、この不運の連鎖は…
そのようなわけで、待ちに待ったえれたんの生誕祭は、まさかの「良い事が何もない」状態で始まってしまったのでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2021年10月29日、「博多なないろ」公演チームピンク・チームグリーン 坂本愛玲菜生誕祭(その二)

DSC08884.jpg
DSC08885.jpg
引き出物は席に置いてあるパターンでした。何といっても目立つのは亜麻色の小さなトートバッグ。えれたんが自己紹介MCで挨拶した時に、ステージ向かってこれを掲げて下さいとあります。センス良い!これはもしや「亜麻色の髪の乙女」にかけているのかな…二重にセンス良い!

しかも生誕祭は持ち帰る物がゴチャゴチャと多くなりますが、それらを一つにすっきりまとめて持てる。実用性も最高!

DSC08886.jpg
そして冊子の表紙にこの写真を使うとは…
これは映画「想い出を、ラブソングにのせて」主題歌の、えれたんのソロMVのワンカットです。えれたん推し歓喜の表紙!

DSC08887.jpg
素晴らしい仕立てですが、一方で生誕祭の演出が気になります。ごちゃごちゃと多くて、頭に入れるだけでも大変。

DSC08888.jpg
中でも問題はここ。
メンバーが誕生日の歌を歌い終わって、劇場が明るくなるタイミングでトートバッグの裏側を掲げて下さい、と。
これ、成り立つの??
滑る予感しかしなかったのですが…先に書いてしまいますが、案の定タイミングが全然掴めず一部の人しか掲げない状態になり、gdgdでした。

う~ん、なんだろう。この計画倒れ感、滑り方と、済んだ後の「あれ?まっ、いっかーw」みたいな感じ。うん、やっぱりヲタは推しに似るというのは真実だな笑笑笑



≪2021年10月29日、「博多なないろ」公演 坂本愛玲菜生誕祭 出演メンバー≫
(チームピンク)伊藤優絵瑠・今田美奈・坂本愛玲菜・石安伊・松本日向・宮崎想乃・坂本りの
(チームグリーン)今村麻莉愛・上島楓・渕上舞・松岡菜摘・市村愛里・栗山梨奈

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本愛玲菜

0.overture
(チームグリーン)
1.必然的恋人
2.さっきまではアイスティー
3.夢力
MC(自己紹介)
4.会いたくて嫌になる
5.キスが遠すぎるよ
6.西瓜BABY
7.Green Flash
MC
8.ジャーバージャ
9.オーマイガー!

(チームピンク)
10.Teacher Teacher
11.微笑みポップコーン
12.言い訳Maybe
13.12秒
MC(自己紹介)
14.飛べないアゲハチョウ
15.白線の内側で
16.Buddy
17.心のプラカード
MC(坂本愛玲菜生誕祭)
18.抱きしめちゃいけない

アンコール

EN1.(チームグリーン)大声ダイヤモンド
EN2.(チームピンク)サササ サイコー!



影アナは勿論えれたん、そして桃組が後攻です。なないろ公演では先に出るチームのメンバーが影アナを担当しますが、この法則が崩れるのが生誕祭ならではです。

4394.png
さあ、まずは緑組公演が始まりました。
やはり、メンバーがステージに均等に広がる基本フォーメーションの時、斜め前の人の頭で下手の二人が全く見えません。新桃組公演はこれで二回目ですが、一曲目でえれたん下手から始まるんだよなあ…
いきなり暗い気持ちになりましたが、今からそれを考えていても仕方ないし、どう解決のしようもありません。気持ちを切り換えてチームグリーンの公演を楽しむしかないのです。すると開演直後に、いきなり印象的な場面が。

最前列に座っていたくりな推しの人に向かって、くりなが目の前で指差し&手を小さくフリフリの爆レス。
くりな推しのヲタ氏、これに大歓喜。一気にスイッチが入って、両肩で踊るようにして体を揺すりながらノリノリでペンラを振り始めました。わかりやすいwww
しっかし、最前列で目の前の推しから神レスか。いいな~(´・ω・`)

4395.png
前回の緑組公演のレポで、美脚じゃない子が一人もいない凄い美脚集団だと書きましたが、この点特に目を引くのがあいちーです。

なんというか、えれたんやまりあのように全体的にどこをとっても細い子ならば分かるのですが、あいちーは脚だけがアンバランスに細い感じなのです。丸顔の印象が強いからかなあ…まあ太いよりはいいんですが(笑)

4396.png
六人全員を均等に見渡していて、この日も目を引くのはやっぱりまりあでした。
可愛らしいルックス、すらりとスマートな体型、抜群のダンスのキレ、何処を向いてもキラキラの笑顔とキラキラのアイドルオーラ…アイドルとしての欠点が一つも見当たらないのです。
強いて言うならお胸とエロさが足りないところか

4397.png
どうか報われて欲しいとしか言えないですが、アイドルというのはつくづく難しいというか、アイドルヲタクというやつは引き算よりも足し算が好きなんだろうなあと、そんな事を思ってしまうのでした。

4398.png
外見だけで言うなら、個人的に(この日も?)一番目を引いたのはくりなです。かわいいし小顔だしスタイルも良いし、文句なし(//∇//)
初期の頃に比べて前髪ありの感じにしているのもかわいいですね。

4400.png
西瓜BABYでは、まりあとダブルセンターのかえちゃんです。顔を赤くして、くしゃくしゃ笑顔で、汗を掻いてがしがしと全力ダンス。
この子の良いところでもあり諸刃の剣でもあるのは、それがどんな曲でも変わらないところ。合わない時はとことん合わないんですよね。打率2割4分台でホームランを40本打つ。個人的にはそんな印象です(笑)

西瓜BABYはまさにかえちゃんにドンピシャ。打った瞬間、の3ランホームランくらい見ていて気持ちいい。

4401.png
さあそして、緑組公演で今回も一番楽しみにしていたのはGreen Flashです。まず西瓜BABYからの流れが素晴らしいです。
そして楽曲の良さ、メンバーのパフォーマンス、神照明が三位一体となったステージは見応え抜群で、劇場で公演を観る幸せを存分に感じさせてくれます。

4399.png
この日気掛かりだったのはあいちーのパフォーマンスです。動きにキレがないし、全体的に覇気が感じられないのです。体調がいま一つだったのかなあ…(そう思いたい)
まあ、誰にだってそんな日もあるよね。



こんな感じで、これといった好きメンがいない、セトリが良いという緑組の公演は、生誕祭公演を前に温まるのに絶好でした。
六人のメンバーに手が痛くなるくらいの拍手を送って、いよいよ桃組公演の始まりです。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2021年10月29日、「博多なないろ」公演チームピンク・チームグリーン 坂本愛玲菜生誕祭(その三)

劇場座席図(改)211029なないろえれたん生誕祭
改めまして、この日の席は無念の112番。そして斜め前99番の人が背が高い上に頭がデカいという最悪席でした。
これを踏まえた上でお読みください。



≪2021年10月29日、「博多なないろ」公演 坂本愛玲菜生誕祭 出演メンバー≫
(チームピンク)伊藤優絵瑠・今田美奈・坂本愛玲菜・石安伊・松本日向・宮崎想乃・坂本りの
(チームグリーン)今村麻莉愛・上島楓・渕上舞・松岡菜摘・市村愛里・栗山梨奈

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本愛玲菜

0.overture
(チームグリーン)
1.必然的恋人
2.さっきまではアイスティー
3.夢力
MC(自己紹介)
4.会いたくて嫌になる
5.キスが遠すぎるよ
6.西瓜BABY
7.Green Flash
MC
8.ジャーバージャ
9.オーマイガー!

(チームピンク)
10.Teacher Teacher
11.微笑みポップコーン
12.言い訳Maybe
13.12秒
MC(自己紹介)
14.飛べないアゲハチョウ
15.白線の内側で
16.Buddy
17.心のプラカード
MC(坂本愛玲菜生誕祭)
18.抱きしめちゃいけない

アンコール

EN1.(チームグリーン)大声ダイヤモンド
EN2.(チームピンク)サササ サイコー!



DSC08759.jpg
前半の緑組公演が終わり、桃組公演へ。いよいよ本日の主役、俺のえれたんの登場です。しかし…

4402.png
既に分かっていた事ではあるんですが、公演の一曲目はえれたん下手の位置から始まります。斜め前の人の頭に隠れてその姿がよく見えません。
こんな始まり方ってありますか(´;ω;`)

4403.png
しかもTeacher Teacherは立ち位置の入れ替わりが殆どないから、えれたん下手から動いてくれません。次の二曲目もばっちり下手に固定。う~ん…

4404.png
どうしようもない状況の中、なんとか確認したえれたんの髪型はハーフツイン!巻いていたのでいまひとつハーフツイン感がなかったものの、それでも紛れもなくハーフツインです。生誕祭サービスきた!笑

4405.png
そして三曲目になって漸く状況が変わりました。今度は一転してえれたん上手に固定。やっとその姿がよく見えます。

そこでここまで膝の上に置いていた電光ボードを、顔の高さにして持ちました(正確に言うと、ボードの上端が自分の目の下ぎりぎりという高さね)。
そうしたら…

4406.png
言い訳Maybeのサビの「好きだ」のところで指差し爆レスきてあああああああああああああああああああああああああああああああああああ(即死)





…しばし記憶が飛びましたが、どうやら生き返ったようです。そして12秒でもえれたんが上手にいてくれた気がします。
落ちサビのケチャでかつてないくらい力が入る!(`・ω・´)

4407.png
そして最後のキス顔が見られるのも上手席の良いところです(//∇//)

前半曲が終わり、自己紹介MCの仕切りはいつも通りえれたんです。しかしいきなりやけに声を張って「はい!!」と。ファッ?!
浮かれすぎやww

4408.png
その後自己紹介MCは恒例の「えれたんの好きなところ」のお題で、無風で終了。後半曲に突入します。

4409.png
飛べないアゲハチョウは選曲、曲順、みゅんのセンターが似合うと三拍子揃っていて良いのですが、メンバーのダンスが揃っていないのが残念だと、前回の桃組公演のレポで書きました。
あれから少しは進化したかと思いきや、予想通り全然変わっていませんでしたww
しかしこの日は生誕祭が全てだとも言えます(それでいいのだろうか)。

4410.png
プラカード係は勿論えれたんです。
「21才のえれたんもよろしくね」
しかしこの曲でもえれたんはずっと下手。遠いしよく見えない。つらい…
余談ですが、そのちんの「ぽんぽん!」は中毒性がある

終盤MCでは特にお題はなく、各メンバーがえれたんについて緩く話したのですが、ここでえれたん劇場が炸裂します。
以前にゆえるとお出掛けをしたという話題になりました。実際にはノボルトに行ったのに、ここでえれたん「も~も~らんどに行った」と発言。

4411.png
これにはゆえるも思わずタメ口になって、飛び跳ねながら「違うよー!」と。ゆえるたん落ち着けww
しかも間違えるのがも~も~らんどってところがじわるwwww

印象的だったのは、この時の客席の雰囲気です。HKTファンならば、特にえれたんに興味ない人であっても、真面目でいつも一生懸命にやる子という共通認識はあるでしょう。こういう人物は何事においてもしっかりしていると思われがちですが、それはまったくの間違いなのですね笑笑

4393.png
これが通常公演だったら「えれたんってこんなに抜けてたっけ?!」と客席がざわつくところです。しかしこの日はえれたんのことをよく理解しているヲタばかり。「うん、通常運転(・▽・)」と、実に平和で穏やかな空気でこの場面を見守っていたのでしたw

何気ない瞬間でしたが、いかにも生誕祭らしいなと感じました。この空気を共有できただけでも生誕祭に入った甲斐があったと言えます。



さあそして、一通り喋ったところでいよいよ生誕祭の部分に入ったわけですが…

4415.png
何というか、稀に見る平和で健やかな生誕祭でした。おめでたい筈の生誕祭であっても、大抵は少しばかりの闇というかネガが見え隠れするものですが、それが全く無いんですよ。

4412.png
4413.png
りのちゃんからの手紙は一人の先輩としてのえれたんに対する敬意が真っ直ぐ伝わって来てとても良かったし、えれたんのスピーチも、ざっくり言うと「やっぱりこの仕事が好き、二十歳の一年は嬉しい報告が多かった」というもの。

4417.png
そんな前向きでしかない生誕祭を象徴していたのが、直後の抱きしめちゃいけないでした。公演でのえれたんはいつも笑顔でキラキラしているし、センター曲ならば尚更です。しかしこの日はさらに凄かった。顔に「嬉しい。楽しい。」って書いてあるんですよ。

4416.png
あああ、こんな真っ直ぐな生誕祭が見られるなんて。こんなえれたんの姿が見られるなんて。アイドルオーラにブーストがかかって、キラキラどころか後光が差しているようにすら見えました。

4418.png
本当に素晴らしい時間でしたが、この日の真の収穫は、この一連の場面を見届けてある思いに辿り着いたことでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR