■2022年07月

■2022年6月16日、チームKⅣ「制服の芽」公演(その二)

自己紹介でしなもんは三列目でした。他の四人は皆後輩でしたが「しなもーん」「由貴ちゃん」「下野さん」とてんでな声が飛びます。それを受けてしなもん「呼び方何でもいいです」と。

これまで後輩達にこれだという呼び方をさせよう、呼び方を統一してもらおうと何度も試みてきました。が、一度として成功したことがないwww

4728.png
最近では後輩達に「由貴ちゃん」と呼んでもらおうとしていましたが、これまたあっさり諦めたww
何せこの公演、一番最後が「おい、下野!」で終わりましたからね。そりゃあ無理ってもんよwwww

さあユニット曲へ行くわけですが、ちょっと話を戻しまして、自己紹介の立ち位置に注目していました。
何といっても、いぶいぶの狼とプライドが見たい!
俺のいぶいぶ大天使が他のユニットだったら暴動起こして劇場の壁に穴を開けるレベル。この二日前も制服の芽公演だったわけですが、その日は別のユニットだったので大いに期待していました。

4729.png
果たして一列目はまりあ、くるたん、あおい、いぶいぶ、葉月でした。俺のいぶいぶ一列目におった!(≧▽≦)
いぶきは思い出以上はできない筈だから、これは狼で確定か?!期待が超絶高まりりです。

これを踏まえた上で思い出以上に行くわけですが…

4731.png
あおい、まりあ、葉月でした。えっ??!

4730.png
あおいと葉月は当然こことして、一列目の顔ぶれからしてあとの一人はくるたんだと思っていたんですよ。まりあとは意外でした。
ということは…ということは…
究極、至高、頂上ユニットのいぶくる狼くるのかああああ?!!!うおおお見られたら神
期待がさらに爆裂高まりりです。

思い出以上の三人には申し訳ないのですが、狼とプライドが楽しみ過ぎて上の空でした。
(思えばTⅡの手つなでもこういう事がよくあったったいね~w)



4732.png
いぶいぶ来ねえええええええ
自己紹介一列目からのユニット曲三曲目以降とかいうフェイントはやめろwwwそれをやっていいのは自己紹介センターで仕切る人だけw

001fa930.jpg
20caaaf0.jpg
いぶいぶ大天使の狼とプライドが見られなかったのは残念でしたが、
くるたんときゅうりちゃんの組み合わせでも無問題過ぎますがなにか(小声)

4733.png
4734.png
4735.png
ああああ二人ともきゃわえええええええ(//∇//)
幸せな時間すぎる
きゅうりのけつもよき

とはいえ、いぶいぶ狼は宿題ですな(散らかり過ぎ)

4736.png
第六感はセンターがいぶきで、あーちゃん、ひじり、わかにゃんにみやびーむ。拭えない無駄遣い感ww

それはともかく、この顔ぶれを見て二年半の時の流れをじみじみと実感しました。どら3一人とあとの四人は五期生。二日前の公演では確か五人全員が五期生だったんですよね…

4737.png
間借り劇場時代は制服の芽公演に結構な回数入りましたが、あの頃のいつメンだったみなぞう、りーぬ、なお、村重、しのちゃん、冨吉…皆卒業してしまいました。当時はえれたんも頻繁に助っ人で出ていましたが、いつしかそれも無くなりました。
日々目を逸らさずHKTを見続けているからこそ違和感がありませんが、ふと二年半前の情景に思いを馳せると一瞬浦島太郎状態になりますね…(遠い目)

4738.png
さあそして、枯葉のステーションはなっぴ!
なっぴが自己紹介三列目だったので確定ではあったのですが、一度見てみたかったやつ!(≧▽≦)

う~ん、これはいい…
あくまで個人的な解釈ですが、この曲に何より必要なのは儚さや無力感。それも、そういう表現ができるとかいうレベルじゃなくて、元からそういうものを備えているメンバーじゃないとハマらない。一期生ではりーぬの枯ステが一番好きでしたね。
逆に、あらゆるパフォーマンスが尊敬の対象である我らがしなもんですが、下野駅は力強さと頼もしさが先行してしまってそこまで良いとは思えないんですよ。

4746.png
この点なっぴのハマりようは凄い。様になり過ぎてる。何が凄いって、推されのトップメンバーであり活動が報われているというのに、ここまでハマってしまうことです。

4740.png
そして二番のサビで0ズレ且つ全身がよく見える!目の前が通路の37番席に神が降りた!この場面はぞくぞくしました。
最後下手にハケるのもおいしいです。いや~見応えがありました。運上駅は何度でも見たいですね。

4742.png
4743.png
万華鏡へ。しなもんのオリポジが見られたのがおいしい(≧▽≦)

4741.png
4745.png
そして照明がただただ美しい…
これこれ、これを見に来たんですよ(笑)

4744.png
水のないプールもそうだけれど、青い光というところが最高です。私は一番好きな色が青なんです。青い照明で美しいとか素晴らしすぎる…
まさかのきゅうりちゃん二回転も俺得

そんなわけでいぶいぶ狼が見られなかったのは残念でしたが、なかなかに充実したユニットコーナーでした。やはり二年半振りともなると受け取るものが多いです。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年6月16日、チームKⅣ「制服の芽」公演(その三)

4754.png
≪2022年6月16日、チームKⅣ「制服の芽」公演 出演メンバー≫
石橋颯・市村愛里・運上弘菜・川平聖・下野由貴・竹本くるみ・田中伊桜莉・長野雅・馬場彩華・本村碧唯・村上和叶・渡部愛加里・今村麻莉愛・石安伊・外薗葉月

≪同セットリスト≫
影アナ:竹本くるみ

0.overture
1.恋を語る詩人になれなくて…
2.合格Kiss
3.アンテナ
4.制服の芽
MC(自己紹介)
5.思い出以上(今村、外薗、本村)
6.狼とプライド(竹本、田中伊)
7.女の子の第六感(石橋、川平、長野、村上、渡部)
8.枯葉のステーション(運上)
9.万華鏡(市村、下野、石、田中伊、馬場)
MC
10.ジェラシーのアリバイ
11.Doubt!
12.仲間の歌
MC
13.水のないプール

アンコール

EN1.楽園の階段
EN2.ピノキオ軍
MC
EN3.ビーサンはなぜなくなるのか?
EN4.手紙のこと



後半戦へ。
ジェラシーからダウトに行くところが大好きなんです。曲の連なり、流れ、曲と曲の間のほんの一瞬の繋ぎの時間の見応えといったら、手つな公演のイノセンス→ロマロケに匹敵する素晴らしさです。
でも、音々ちゃんがいないとやはり画竜点睛を欠きます。音々ちゃんセンターのKⅣ公演に比べて大いに物足りない。

…そう思っていたのですが、この日は37番席にご褒美が舞い降りました。

4750.png
俺のいぶいぶ大天使がこの二曲でずっと下手の端!ずっと目の前!超絶神展開!(≧▽≦)

4749.png
いぶいぶいぶうううううううううう

4753.png
ああああああ

4752.png
あああああああああ

4751.png
ああああああああああああ宇宙創成以来最高級にかわえええええええええええええええええええええええええええええええ
ぜぇぜぇ…はぁはぁ…いぶぅ

かわいいだけでなく、きれい、美人の要素が増してきたのだから恐ろしいです。
そして脚がとにかく細くて長い。えれたんに負けない美脚です。ビジュアルが神がかってる。

4755.png
4756.png
DMMアーカイブを見たら、二曲とも最後に俺のいぶきがどアップ!カメラマン分かってる!!

4747.png
ただし、萌え死にしてるだけでは終わらなかったのですね…
間近でパフォーマンスをガン見していて、とても気になることがありました。曲中の表情がとにかく乏しいんですよ。

4748.png
いや乏しいどころか、ジェラシーなんて一曲終わるまでずっと無表情。お面でも貼り付けてるんじゃないかと思える程でした。
うーん、これは…?

歌詞の意味を咀嚼できていないのか、それとも表情の引き出しが少ないのか、それとも彼女なりの考えがあってこうしているのか…分かりません。分からないけれど、良いパフォーマンスとは言えないのは確か。だからもどかしい。
ただ、クールな顔がMCの時の無邪気な子供と落差があり過ぎて、美人度が増しているのもまた事実。見とれてしまいました(チョロい)



これ以上いぶいぶの話を続けるとレポがその十くらいまでいってしまうので(?)このへんにして、終盤MCへ。

4763.png
4764.png
くるたんのあおいいじりが実に面白かったです。初めこそ「今日はあおいさんを褒める話です」とか言ってたのに、徐々に様子が怪しくなってきます。
しまいには「子供ですか?」からの「あおいちゃん、拗ねないでこっちおいで」とwwww

4765.png
200円のブレスレットがかわいくて買った、っていう話を飛び跳ねながらしてるんだから(25歳)、そりゃあそうなるわw

4757.png
さあそして、個人的に大きな見所の一つである水のないプールへ。

4759.png
おお…

4758.png
おおおおお…

なんて美しい照明でしょうか。新劇場の神照明の面目躍如です。上からの光だけなく、ステージの床まで青く光るような照らし方が秀逸です。

4760.png
間奏ではメンバーの顔を暖色系のスポットライトで照らし、後からの青い光とのコントラストが際立ちます。めちゃくちゃ凝ってる!

4761.png
4762.png
これですよ、これを見に来たんですよ(笑)



アンコールへ。

4767.png
二年半振りのお久しぶりぶり、エロい衣装きたー
至高のへそ&くびれ&ftmmタイム
なっぴ様のへそがああ
あおいちゃんのお腹prpr


4770.png
手つなのエロ衣装なき今孤高の存在(?)ですが、手つな公演との決定的な違いは、エロい衣装の時の曲が大して良くないことです。
これはどうしたって衣装に集中してしまうのですね。ビーサン披露もあってエロい衣装で四曲やったけん長々と眼福

4766a.png
それはともかくとして(?)、やはり二年半振りに観た公演、しかもとても良い席だったこともあり受け取るものは多く、鮮やかな印象が残り、非常に充実した二時間でした。
ここまでは幸せしかなかったわけですが、最後にひと山越えなければならないのですね…

そう、この日ばかりは覚悟して最後を迎えなければならないだろう、そう思って臨みました。中一日で平日のチームKⅣ通常公演が二連発ですよ。何もない方が不思議っていうレベル。
一期生の二人はここ最近の顛末や近況、言動などもはや関係なくいつあってもおかしくないし、みやびーむも引き続き怖い。みゅんに加えて珍しいあーちゃんまで居るのは何故?って考えると○も怖い。
ところが…

4769.png
劇場の現場にいれば、それも前の方の席にいればそのあたりの不穏な空気というのはどうしても伝わって来るものです。が、手紙のことでメンバー全員を見渡したけれど、ステージの空気がさざ波の如く穏やかなんですよ。みやびーむも妙に健全な笑顔をしていて、研究生公演で見た頃のような闇が感じられません。

ああ、これは何事もなく無事に終わるやつや…
半ばそう確信しましたが、そうやって気を緩めているといざ被弾した時に立ち直れません。最後の礼の時はやはり手に汗が滲みました。直撃だけはどうか勘弁して下さい…

4771.png
無事におわつたああああああああああああ!
卒業発表もなく、とても良い席で、しなもんは下手側前列が多く、運上駅も見られたし、長いいぶいぶ独占タイムもあり、大勝利!!♪
これで幸せしかないままにバイバイタイムとお見送りを迎えられちょっと待ったあああ

そうは問屋が卸しません。KⅣ動物園は最後にまだ波乱があったのですね笑笑
ばたばたと駈けながら、VRカメラのキャップを床に落とすいぶきww相変わらず動きが雑www

0629efee.jpg
そのキャップをあーちゃんが拾ってあげてカメラに付けつつ「これ本当は下野さんがやる筈だったのに…」と言います。

f07bc9a4.jpg
それを受けて次の瞬間、あおいキャプテンの「おい、下野!」の叫び声が劇場に響き渡りました。
二時間の充実した公演がおい下野で終わったwww

物腰落ち着いたHやTⅡと違って、なんだこの終わり方は。なんだこの幼稚園感、動物園感はw
実際にいぶきのような動物が棲息しているからっていうのも勿論あるんでしょうが、これはキャプテンの精神年齢が色濃く反映されているとしかww

4772.png
そんないぶき、お見送りで他のメンバーがマスクを着けて袖から出て来るのに、階段を下りながら慌ててマスクを着けていました。そして目が隠れてしまい「うぷっ」ってなってたww動きが雑www
まあ顔が小さくて目まで隠れてしまうアイドルあるあるがかわいいのでいいんですけどね(チョロい)

そんなこんなで、平穏にお見送りを終えて退場です。
ふぅ、えれたんのいない公演は気楽でよき(小声)
おあとがよろしいようで(笑)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■恋愛禁止条例禁止条例禁止

fc2blog_20220715195126149_2022071619113931b.jpg

やっと呼ばれました…
六度目の正直です。もっとも過去の五回というのは、

 初日
 二日目
 はな誕
 ODA誕
 もか誕

五回のうち四回は「当たるわけない」なやつですが。今さらながらに通常公演だった二日目に当たらなかったのは残念でしたね。
ともかく、上演が始まってから二ヶ月半経って漸くチームTⅡの恋禁公演に初参戦です。

fc2blog_202207161856005c5_20220716191138580.jpg
時間がかかりましたが、ここまで我慢した甲斐もあります。何といっても通常公演というのが嬉しいです。生誕祭だと好き勝手に振る舞えませんからね(笑)
何の縛りもなく標準のえれたん推し全開装備で行けます。



さあこれで足りなかった劇場公演というピースも加わり、今度こそ夏祭りの準備が整いました。

 7月22日、COLORZ
 7月23日、ツアーファイナル福岡公演
 7月25日、恋愛禁止条例公演  ←New!
 7月29日、シャッフク
 8月10~14日、こりゃもてんばい2(計4公演)

報告してませんでしたが、えれたんが出る29日のシャッフクも参戦します♪
ただし、整ったとは言っても百点満点ではありません。昨日からチケット販売があってる歌唱力のファイナリストライブ…8月の末日、東京、こればかりは手が出ません( ;∀;)
仕方ありません。えれたんの優勝を信じて遠くから声援と祈りを送ることにします。

とはいえひと月以上先の話ですよ。その前にこれだけ楽しみがあるのです。目の前の一つ一つの現場に集中して楽しんできます。
バックダンサーの六期生誰が出るかな(小声





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■キー局!地上波!ソロ出演!!

待ちに待ったこの日がやって来ました。今日はこれからCOLORZ、明日はツアーファイナルです。このタイミングでさらなる朗報が飛び込んできました。

https://www.tbs.co.jp/tv/20220729_CBA8.html

4774.png

実はこれについて、結構前からえれたん本人から「嬉しい報告の予告」が繰り返しあったんです。
モバメでの記述も多いので例によって大まかにざっくり引用しますが、
「大きなお仕事が決まった」から始まって、
「今ある事に取り組んでる」

そしてただでさえ今日のCOLORZ、舞台、歌唱力ファイナルの準備があって人一倍忙しいのに、この仕事の準備が加わって多忙を極めたようでした。
「常に二つ以上のことを並行してやってる」
「自分天才と言い聞かせないと無理」
極めつけは「髪を乾かす時間もない、誰か髪乾かして」
願わくば髪を乾かしてあげたかったですが(笑)、何が待っているのだろうとわくわくする一方で、直接の手助けが何もできないのがもどかしくもありましたね。

そしてある日…

からの、「一人で東京行って収録してきた」
なんだって~!!
その正体がこれだったというわけです。

今日ここまでに本人から情報解禁あるかと思ったんですが(えれたんもモバメでそう予告してた)、どうやらCOLORZのリハでそれどころではなかったようですね。それはともかく、もうバッチリ録画予約もしましたよ!
唯一残念なのは、放送日にリアタイで見られないこと。
何故なら…その時間は他ならぬえれたんが出るシャッフクだからですwwww





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年7月22日、COLORZ powered by SHEIN(その一)

通い慣れた劇場公演などいつものHKTの現場とは一味も二味も違う、鮮やかな印象を残す一夜となりました。私はこういった音楽イベント、ライブイベントに参戦するのが初めてのことだったので尚更でした。

前を通ったことは数え切れないくらいあるのに、初めて中に入るZepp Fukuoka。それだけでもワクワク感が一杯です。

IMG_0974.jpg
席は2階のB列9番でした。B列とは推されましたね!と思われるでしょうか。

4775.png
実は2階席は3列しかないのですねw
むしろC列の方が見易いくらいww

fc2blog_2022072308415100d_20220724191134f40.jpg
そんな2階B列からの視界はこんな感じ。この写真でステージまでの距離感、メンバーがどのくらいの感じに見えるかを伝えるのはほぼ不可能ですが。
思ったよりも近く、メンバーの表情もちゃんと分かります。不足は全くありませんでした。

そして音々ちゃんの休演でテンションだだ下がりのしなももんが#さんが同じB列の18番と替わって下さいました(≧▽≦)
この日のステージ、ランウェイがある関係でステージの中央がやや下手側にずれていたんですよ。だから18番は1ズレくらい、ほぼドセン!♪
いや~、やはり持つべきものはヲタ友ですな。改めましてありがとうございました。

IMG_0040.jpg
IMG_0041.jpg
さて既報の通りこの福岡公演のドレスコードは黒だったので、えれたんの一昨年の生誕Tを着て行きました。この年のやつだけが黒なんですよ。
んで、現地に行ったら他にも何人か同じ格好をした人が(笑)

勿論えれたん推しだけではありません。はぁちの三年前の生誕T着てる人も何人か見るなど、黒い生誕Tがあちこちにw
2階席から見下ろしているとじわるww
やはりヲタクの考えることは皆一緒かwww



≪2022年7月22日、COLORZ powered by SHEIN 出演メンバー≫
秋吉優花・石橋颯・市村愛里・堺萌香・坂口理子・坂本愛玲菜・武田智加・豊永阿紀・外薗葉月・松岡はな・山下エミリー

≪同セットリスト≫
博多思い
ヘビーローテーション
LOVEマシーン
365日の紙飛行機
ビーサンはなぜなくなるのか?
君とどこかへ行きたい
フライングゲット
12秒

※出演したのはHKTメンバーだけでなく、OCEANS、川崎鷹也。セットリストはこれだけでなく、HKTメンが参加していない曲、サブで参加した曲も多数ありました。探したんですが見付からなかったので、失礼ながらHKTメンがメインで歌った曲だけを拾って載せました。ご了承下さい。



o14401920p_202207251254116c6.jpg
アイドルの現場とは一味も二味も違うと言いましたが、何といっても印象的だったのは、終始一貫して美しい音と美しい光に彩られていたこと。それが細部にわたって緻密に、徹底的に練られているのです。
まず、始まり方がめちゃくちゃかっこいい。暗いステージを少しの逆光のライトだけで照らし、微かにシルエットが分かる状態でOCEANSのメンバーが一人ずつ持ち場についていきます。
って、この背の高いショートカットの女性は…一瞬でそうと分かりました、まどか!

まずは川崎鷹也氏の歌から始まって、HKTのメンバーも少しずつステージに現れる感じでした。最初の曲ではえれたんとあきちゃんの二人だけがステージに。そうこなくっちゃ!

f6dd7681.jpg
さあとびきりの時間が始まったわけですが、実を言うとこの日、心の底から熱狂した、没入したという程ではありませんでした。これには主に二つの理由がありました。
一つは、この日の主役たる川崎鷹也氏の歌がいまひとつピンと来なかったことです。
誤解なきように補足しておきますが、批判しているわけではありません。素晴らしい歌声だったし、素晴らしい音楽家だと思います。これはもう個人的な好みの問題。彼の歌のように、言葉を語るために、言葉に連なって音が長々と続いていく曲は好みではないのです。歌詞なんて無くても思わず口ずさんでしまうような、小気味好くて美しいメロディがまずありきで、歌詞はあくまでそれに従ってついてゆく…これが私の好きな音楽です。

もう一つの理由は、私自身の音楽的な性向です。No music、No lifeなんて言葉がありますが、こんな偉そうな事を言っておきながら私はこれと正反対。基本的に無音で静かなのが好きなんです。たとえば旅行で長距離車を走らせる時なども、何時間も無音で走ったりします。きっとこの世から音楽というものが無くなったとしても、問題なく変わりなく生きていけるでしょう。
勿論音楽は素晴らしいものだとは思いますが、たまにハレの日に耳にできればそれで十分なのです。

FYRtWQZUEAAHVYX.jpg
ところがこの日ここに集まった人達は根本的に違う。音楽を愛し、音楽の渦に飛び込んでそれに呑み込まれることをこの上ない幸せとしている人が殆どです。それは客席だけでなく、むしろステージの上の演者達が何よりそう。
その感覚というか熱量の乖離を序盤で肌で感じてしまったのですよ。ああ、これは俺には100%は入って行けんやつや…

FYRtWQZUUAANGFN.jpg
そして何より問題なのは、えれたんも完全にそっち側の人間だということ。そう、皮肉なことに推しメンはグループの中でも音楽の申し子とも言える存在、No music、No lifeの人。
いや前々から分かり切っていた事なんですが、この日のイベントはこの事実を改めて、鮮やかに浮き彫りにして突き付けてきたんですよね。その事実に少々愕然としてしまったわけです。

そんな私とこの夜のイベントがいかにして接点を持ち得るのか。それはやっぱり他でもなく、楽しそうに幸せそうに歌うえれたんの姿でしかありませんでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年7月22日、COLORZ powered by SHEIN(その二)

00694022.jpg
序盤においてはHKTメンバーは脇役で、なかなか全員がステージに出揃わなかったし、川崎鷹也氏やクレイ勇輝氏の歌の盛り上げ役という感じでした。
えれたんはポジション良くあきちゃんと二人最初からステージに居たわけですが、歌パートらしいパートがあるわけでもなく、体でリズムをとったり身振りで手拍子を煽ったりするくらいでした。

しかしそんなえれたんの姿こそがこの日最も印象に残ったことです。その表情から、いや全身から「嬉しい、楽しい」が溢れ出ているんですよ。

この言葉こそは嘘偽りなしのド直球。これ以外の何物でもありませんでした。
推しメンのこんな姿を見られるなんて、何という幸せでしょうか。

他のメンバー達も遅れてステージに出揃い、ライブは続いていきます。
そして最初の大きな見せ場が…

43d90018.jpg
えれたんとまどかのキーボード連弾!
なんだこの胸熱な展開わああああああ

FYRu45cVEAIElKm.jpg
惜しむらくは尺もごく短かったし、えれたんは立ったまま半身、片手で、ほんの短い時間のパフォーマンスに過ぎなかったこと。
でもそれを言うのは贅沢でしょうか。
一瞬ながら尊い時間でしたが、これはまだ序章に過ぎなかったのですね…

6319a3d3.jpg
次なる見せ場は、ゆかちゃんの弾き語り!
なんとこの日のために書いてきた曲を披露!歌声も圧倒的だったし、なんか色々とすごすぎる

先に言っちゃいますが、この日はゆかちゃんがぶっちぎりの優勝、一人勝ちでした。
えれたんにとってゆかちゃんはガチのライバルであり、この日だってどれだけの尺、見せ場を取れるかの競い合いでもあったわけですが…いやはやこれには参りました。手が痛くなるくらい拍手しましたよ。



第三の見せ場は、まどかの伴奏で始まった君どこ!
うおおおおおこれまた超胸熱&超絶尊い!!
イントロが始まった瞬間客席がどよめきました。

FYRtWQYUUAEbM3a.jpg
卒業生も色々な所で活躍している子が多いですが、こうも真っ直ぐで健全な形で現役HKTメンバーと共演するとは、非常に価値あることです。何となればまどかは今回OCEANSのメンバーとして他の会場でもキーボードを弾いています。だからこそここでHKTメンバー達と再会し共演することに意味がある。

しかも君どこは彼女がメンバーとして参加した最後の楽曲であり、ピアノのイントロがこうも似合う曲はない。そんな彩りまで加わって、この時はステージが一層光り輝いて見えました。一期生が一人もいなかったのが唯一残念でしたが…

FYRu45rUsAEkH2u.jpg
そしてそれだけではありません。まどかは好きメンでもないし興味のないメンバーの一人でしたが、それでもえれたん推しにとっては特別な存在です。
彼女は歌メンが好きだったし、たとえそれが後輩であっても敬意をもって接していました。一人の音楽家として尊敬すべき点ですが、かつて象徴的な出来事が一つあったんですよ。今でもよく覚えています。まどかが自身のラジオの中でゆかちゃんとえれたんの名を挙げて「この二人は音楽に精通している」と言ったのです。

えれたんもえれたんで、余り語りはしなかったけれどまどかのことを尊敬していました。
だから私はまどかが卒業する時こう思ったのです。ああ、音楽に精通していて道を拓いてくれる、えれたんの大切な先輩が去ってしまう、と。



22928405.jpg
この君どこが余りに良かったのと、えれたんの見せ場が期待していたより少なかったので、終盤のテンションは失速気味でした。

ゆかちゃんはソロの弾き語りがあり、あきちゃんは三人ユニット曲のセンターを務めました。せめてあきちゃんと同程度の見せ場がえれたんにもないのか、と期待したのですが、結局無いまま終演へ…
この日はゆかちゃん、あきちゃんに次ぐ三番手に甘んじました。11人のメンバーが出た中で三番手なら上々じゃないか!と思われるかも知れませんが、過去の実績や序盤ツートップの扱いだっただけに期待してしまうのは仕方ないでしょう。終わり方が消化不良だったのは残念でしたねorz

d3032dc2.jpg
せめて最後の曲でクレイ氏の横に立ってのソロパートがあって魂が浄化されたのが救いでした…(ゆかちゃんが1番、えれたんが2番だったけど)

そんなこんなで悲喜こもごもで終演です。始まり方と同様、終わり方もかっこよかったです。
OCEANSのメンバーが一人ずつゆっくり持ち場を去り、フルバンドだった音が少しずつ細く小さくなっていきます。それに伴ってステージの照明も少しずつ暗くなり、やがてバックに流れていた風鈴と蝉の声のBGMが目立って聴こえてくるようになるという仕掛けです。
そうやって夏の夜の情緒に静かに包まれながら、ゆっくりと最後の音と光が消える…
「ばいばーい、またねー!」「○○ちゃん、俺にレスくれー!」というガチャガチャした終わり方のアイドルの公演とは全然違うw

まあそれはともかくとして、色々思うところはあったけれど新鮮な刺激を受けたし鮮やかな印象が残ったし、参戦してよかった、また同じようなイベントがあったら是非行きたいと思える、そんな忘れられない一日となりました。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■トリプルブッキング

885b266d.jpg
昨日はえれたん出演のシャッフクを観てきました。先に言っちゃいますが、大大満足の神イベントでした!(≧▽≦)
詳しい事は後日レポ記事で書きますが、一連の夏祭りのハイライトは日程的にも真ん中の恋禁公演だと思っていました。しかしその印象を鮮やかに上書きする程でした。

f4dee21e.jpg
FY1wIdHUIAYOeDU.jpg
211753c3.jpg
それだけではありません。昨日はえれたん出演のTHE神業チャレンジが遂に放送!
リアタイしたかったけれど、ちょうど放送している時に当人の目の前に居たから観られないっていう謎のややこしプレイwwww

29557f9e.jpg
今日になって録画を観返しました。冒頭の紹介でこの映像を使うとは、センス良い♪

e69dde96.jpg
b50774fb.jpg
addf5070.jpg
345927f3.jpg
結果は残念でしたが、えれたんがただただかわいい(//∇//)

b6ea8d23.jpg
おおっ、真剣な真顔。これは滅多に見られないやつ(//∇//)

a6cfae6e.jpg
a34db0b4.jpg
ちょwwこんなに分かり易いヤラセが今時あります?www
特に一枚目はひどいwwwww

FY1B2mTVUAERdsd.jpg
かわええ(//∇//)(//∇//)
それにしても、キー局+全国地上波+ゴールデン+ソロ出演とは最強あんど最強です。見事名前でトレンド入りしたみたいだし、見付かるといいな~

IMG_0988.jpg
昨日はまだありました。俺のいぶいぶ大天使の生誕祭が。

IMG_0993.jpg
これも当然ながらリアタイできず。でもフライヤーげっとおおお(なんでだよ)
それにしてもトリプルブッキングとは。何とも忙しい一日でした。



おまけ:
パジャドラの初日、軽々と落選しました。ツアーファイナル夜公演全枠→ニコ夏祭りと落ちて落選履歴はばっちりだったのですが、やはり初日に加えてなつあおのてもでもが予想されるだけあって高倍率だったのでしょう。

fc2blog_20220730134400fe6_202207301408244f6.jpg
まあ初日の落選は想定内として、問題は二日目の8月5日の公演をどうするかです。初日に比べてメンツがぐっと弱いので迷う…
俺のあやかODAと俺のびびあんくらいしかおらん
しなもんがいれば迷う余地もなく即決なんですが、この日も由貴ちゃんおらんとですよ(泣

えれたんがパジャドラに出るのはどんなに早くても8月15日以降ですが、8月の後半は劇場に行けそうもないという面倒くさい事情が絡んできます。だからえれパジャドラはひとまず潔く諦めて、早いとこ一回入っておきたいんですよね…
とりあえず明日の夜の申し込み締め切りまでにしなもんパジャドラが発表されないとも限らないので、ギリギリのギリまで様子を見ることにしよう。。。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR