■2023年02月

■チームTⅡに栄光あれ

俺の愛したチームTⅡ、かけがえのない存在だったチームTⅡが終わってしまった。・゚・(ノД`)・゚・

770ee3d8.png
今回の組閣は、言うなれば数字の措置。各チーム人数が激減してチーム公演の体を成さなくなり、2月1日の時点で正規メンバーがちょうど32人。2チームに再編されるのはむしろ必然の成り行きでしょう。
必然なのですが、そんな論ではこの喪失感、空白は埋められません。HKT48の一つの輝かしい旗が、メンバー達の青春の軌跡が失われてしまったことに変わりはありません。



大好きな三期生の余りに遅過ぎる昇格。当時からこれに繰り返し疑問を呈してきましたが、愚かな運営が五期生でまた同じ過ちを繰り返したものだから、七年経った今でも釈然としません。
しかし遂にその日はやって来ました。三期生七人(+どらに三人)の昇格、チームTⅡの結成を現地のマリンメッセで、それも結構な推され席で見届けたのです。元々三期生推しだった私、これでチームTⅡに思い入れを持たない筈はありません。人生であんなに大きな声でおめでとうと叫んだのは後にも先にもあの時だけです。

その後二年半の空白期間を過ごすことになりますが、復帰戦もチームTⅡ公演でした。古い読者の方ならご存知と思いますが、2018年10月10日の奇跡です。
長いブランクの末入った公演で、まさかの1巡2番で呼ばれたのです。西鉄ホールのBステ前最前列のドセンに座った私に、Glory daysのセンターがえれたんという奇跡が重なりました。あの日の事を今思い返しても眩暈がしそうな程です。
これは単なる偶然か、それとも運命が引き寄せる力だったのか…とにかくこの余りに強烈な体験が、亡霊だった私が現世に引き戻される決定的なきっかけとなったのです。

b976191e.jpg
それからTⅡの手つな公演に通いつめ、それはそれは幸せな日々でした。HやKⅣと違って長くフルメンで公演ができたのもよかった。同じ公演を長くやり過ぎる不満はあったものの、一方で変幻自在のユニットシャッフルのわくわく感は本当に気分が昂るものでした。

結成当時に僅か10人、その後四期生の昇格を待って人数は揃ったものの、実力者の一期生、二期生が一人もいないチーム…顔ぶれだけを見ればパンチ力に欠けるのは否めませんでしたが、だからこそ若いメンバーが皆がむしゃらにやる姿は、HやKⅣにはないTⅡならではの輝きがあった。ここがアイドルの面白いところです。
えれたんの存在が大きかったのは事実だし、希代の名公演である手をつなぎながらの魅力も大きかった。でもそんなブーストがなかったとしても、チームTⅡの充実と輝きは本物でした。これはアイドルヲタクを自任する者が現場で生で公演を観た末の結論であり、だからこそ断言できます。



33ba8a4f.jpg
たいへん残念ながら、そんな大好きなチームTⅡとの関わりは冴えない形で幕を閉じてしまいました。じゃない方のH公演の千秋楽にうっかり当選しまった私、恋禁の千秋楽に当たるわけがないのですね( ;∀;)

13353249.jpg
ならばせめて24日か26日の恋禁公演に2次か当日券で、となるのが普通ですが、何と間の悪いことか、先週から今週にかけてかつてない程に仕事が忙しく、これも叶わなかったのです。そして昨夜のおつかれさま会も最後まで観られない始末…

なんだかとりとめがなくなってきましたが、そろそろ締め括りましょう。
今まで本当にありがとう。
もうただただこの言葉しか出て来ません。そしてチームTⅡの解体で、自身のヲタ活の一つの時代が終わった気がします。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年12月28日、チームH「RESET」公演(その一)

しなもん、葉月の卒業公演に続けざまに参戦したかと思いきや、休む間もなく令和四年のヲタ活納めです。中十日でRESET公演に入りました。

IMG_2205.jpg
しかし私にとってはヲタ活納めがどうとか、年内最後の公演だとか、それはどうでもいい事でした。RESET公演に出演するえれたんの姿見たさに過去に何度か参戦するも、ことごとく糞席という酷い運の悪さでした。今度こそは良い席で観たい!てかRESETえれたんの姿をまともに見たい!

そんな切実な思いで劇場へ向かいました。この日こそはとにかく席位置が全て。またしても干されてしまったら本当にどうしようもありません。いつも以上に緊張しながらチケショのマイページを確認しました。
果たして結果は…





fc2blog_20230114205356e9d_20230114205557aa9.jpg

二桁番きた!
フル定員が解禁されてから、二桁の時点で前方確定です。
さあどの席か、詳しく見ましょう。

★劇場座席図(最新版)221228RESET
前ブロックの真ん中きたー!
長年の悪運から解き放たれ、遂に報われた!
胸を撫で下ろしたのですが、そうは問屋が卸さなかったのですね…

いざ席に着いてみると、前の人(45番)が背が高くて頭もデカい。はいはい定期定期(泣)
これだけでは終わりません。後からやって来た43番、44番、46番の人、全員が背が高くて頭もデカいのです。なんでいつもいつもいつもいつもこうなるのかなあ…(´;ω;`)

IMG_2158.jpg
周年コンのday2で、前の席の人が小柄な女性でステージが見易かったことが非常に印象的で、今でもその情景をはっきりと覚えています。そこまで印象が強かったのは、私にとってごく珍しい事だったからです。
一昨年から去年にかけて、前の人が背が高くて頭もデカいことが、まるで当たり前であるかのように続いていました。身長175cmの私が背筋を伸ばして座っても視界に難があるような人が毎回前にいるとか、いい加減うんざりしてきます。
四十回近く劇場に入って一度も最前列に呼ばれないのも確かに席運が悪いですが、この現象も同じくらい、いやもっと席運が悪いと言えます。

また今日もなのか…それも四人も並んでるとか。まるで目の前に壁があるような感じです。
なんかもう、四人まとめて後ろからぶん殴ってやりたい気分でしたorz(駄目よ)
センターのメンバーはどうにか顔だけ見える状態で、胸から下は見えません。他にもステージが見えない部分があります。
前の人の体格もあるけれど、ここで今更ながら根本的な事に気付いたんですよ。そもそも前ブロックの最後列は全然良い席ではないということ。通路を挟んで一つ後ろのE列の方が良いのは明らかですが、それだけでなく、ステージまでの距離や座席の段差、視界など総合的に考えて、三つ後ろのG列辺りまでの方が間違いなく推され席です。
つまるところ、ERERESETは今回もダメでした(´;ω;`)



5142.png
しかしこの現実は変えようがありません。何とか人の頭の間から見える位置に来たメンバーを見るしかないです。気が重いまま公演が始まりました。
りのちゃんのほわほわgdgdな影アナ(初めて聞いた)が終わるや、すぐに幕が開きました。あっそうか、前座ガールズがあったっちゃんね~

なんかテンションだだ下がりで基本的な姿勢が受動的になっていたのでそんな心持ちでしたが、とにかく六期生ちゃん達をよく見ましょうかね…
六期の中から未来の推しメンを見付けるという大切な仕事が引き続きあるけんね

5143.png
この日はふじここ、渋井ちゃん、生野ちゃん、れいあ姫の四人でした。

ふじここは顔が好みじゃありません。釣り目の猫顔系は一定の需要がありそうですが、個人的にはストライクゾーンに入らず。
生野ちゃんは今のところよく分かりません。評価保留。
れいあ姫については過去に二回くらい書きました。魅力的な子なんですが、背が高過ぎて個人的にはノンストライク。

FlIO8c0aAAAhmpl.jpg
顔が一番かわいいと思ったのは渋井ちゃん。かわいいだけでなく小顔なところが良いですね。色が黒いのが惜しい…でもそんなビジュアルよりも、女になっていないところ、少年感、ksgk感がたまりませんww
少なくとも現時点では、好きとか推したいというよりも、見ていて笑えるという状態です。これがどんどんかわいい女性になっていく様を見守るのが楽しみですね。

おっと、席運を嘆いて六期生について語っただけで久々の伝統芸が発動です。公演が始まる前にレポのその一は終了です(笑)
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年12月28日、チームH「RESET」公演(その二)

FlIlrD_agAAvSfA.jpg
前ブロックの最後列、真ん中。一瞬良い席と思わせておきながら実際は糞席で、視界不良で公演が始まってしまいました。最後まで報われないERERESET、果たしてえれたんの姿はどれくらい見えるのでしょうか…

この日は残念ながらみくりんが休演になってしまいました。その結果、Hメンが僅か七人という有様に。チームH公演なのにHのメンバーが半数以下とか、もはや体を成していません。
前回RESETに入ったのは半年前でした。その日の公演にはなつ、じーな、りこぴが居たのです。半年も前の事と言うべきか、それとも僅か半年前なのか。何れにせよ顔ぶれの変化の早さを実感します。

FlIQMC-aMAAoUIb.jpg
さあいよいよ開演ですが、やはりというか、悪い予感は当たってしまいました。前に背が高くて頭もデカい人が四人並んでいるせいで視界は限られます。

センターのメンバーは顔だけが何とか見える状態。他にも立ち位置によっては全然見えないメンバーもいます。頭の頭の間の視界がある所に来たメンバーを受動的に見るしかありませんでした。その結果、えれたんが見える時間が予想よりも短かった…(´;ω;`)

FlIRp34agAAu7Yj.jpg
追い討ちとして、えれたんのポジションが良くない事が加わります。TⅡ公演と違って助っ人だから後列が多いのです。だから尚の事えれたんが見える時間が少ないし、お弁当トントンも全く見えませんでした。なんだかな~……

そして自己紹介もでした。えれたんが三列目の真ん中だったのです。よりにもよって一番見辛い位置…
二列目のメンバーが話し終えて前で出て来るまで、よく見えませんでしたorz

5144.png
なんかもうどうしようもありませんが、せめての救いは三列目がえれたん、ゆかちゃん、研究生だったことです。この日は正規メンバーが13人しかいないから、3人がユニット二回転しなければなりません。となるとソファに出るメンバーは逆に前列に居る可能性が高い。えれゆかの明日キスに期待が高まります。

そうそう、研究生といえば三列目にはRESET初出演のここっぺとさあやちゃんがいました。二人とも背高いっつーかガタイが良いな!

FlITIdYaEAA4lh5.jpg
公式プロフィールを見るとここっぺ157cmとか書いてあるけど、絶対嘘やん。まあ身長がどんどん伸びる年頃なんだろうけど。外見だけで判断するのは拙速とも言えますが、この二人も個人的ストライクゾーンの外かな…



サクっとユニットへいきましょう。

5145.png
制レジはセンターがゆえるで、まりあとわかにゃんでした。

FlIgbnjakAAcEWV.jpg
ここで目を引いたのはわかにゃん。表情にキレがあって実にいいですね。初期の頃を思い出すと、ダークな曲にここまでハマる子だったなんて想像もできなかったです。

FlIgerhaEAEVHLO.jpg
舞台の経験が非常に大きかったのは明らかですが、それよりも素が出せるようになったこと、自信をもってステージに立てるようになったことがより大きいと感じました。

軌跡はセンターあきちゃん、りのりのとさやまる。こちらは三者三様で面白かったです。

FlIhHT3acAYURtb.jpg
豊永さん、相変わらずこの手の曲にハマり過ぎっすwwwwここまで来るとクセが強いを通り越してクドいww
でも少なくともこの曲にはこれ以上なってくらいハマってる。この誰にも真似できない感じがやはり彼女の強みなんでしょう。好みがはっきり分かれるのも間違いないけどw

FlIhVV6aEAA6O2-.jpg
これに対してりのちゃんは不思議です。相変わらずふわふわ~っとしてて、人柄だけを見ればこの曲に合うとは思えないのですが、何故だか妙にハマっているのです。
この子、同じような感じで王子様とかにもハマってしまうのが恐ろしいところ。曲に合わせにいかずいつも自然体という点では、はぁちと共通しています。この子も松岡はな系統の天才なのかも、と思わせるものがありました。

FlIhozraMAEhfct.jpg
一方でさやまるはいまひとつでした。女の子らしい可愛らしさが勝ち過ぎていて、この衣装が似合っていないのです。背はあるから着こなしだけを見れば悪くないのですが、雰囲気に着せられてる感が出ちゃっててダメ。
う~ん、つくづくアイドルというのは難しいし、人数の少ないユニット曲は面白いと思いました。

さあそして次です。先に言っちゃいますがこの日の公演の圧巻、白眉でした。マジで凄かった。

5146.png
なんだこりゃああああ凄いのきたああああああああ!!
あーいぶくるの王子様!アイドルヲタクなら誰もが一度は見たい夢のこんてんつ!!!

FlIi5msaMAIERQX.jpg
FlIjqeKaAAAHnFm.jpg
FlIiyOzagAUBaFF.jpg
ぐおおおおおかわいい+かわいい+かわいい
これぞアイドル!アイドルかくあるべし!!
ここは夢の国ですか?

圧倒的だっただけに、些細な惜しい点が目立ってしまいました。いぶきの化粧です。具体的に言うと、リップを厚く塗り過ぎな気がします。いぶきもどちらかというと和風美人の端正な顔立ちです。そんなに唇をぽってりさせたら勿体ない…素材は宇宙で一番良いんだから。



あーいぶくる王子様が凄過ぎて半ば放心してしまいましたが、休憩は許されませんでした。次の曲も(少なくとも個人的には)同じくらいの大興奮コンテンツでした。

5147.png
5149.png
5148.png
俺のえれゆかああああああああああああああああああ
期待通おおおおり!世界で一番尊い!!
これこれ、これを見に来たんですよ私は(忙しいな)



≪2022年12月28日、チームH「RESET」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・伊藤優絵瑠・栗山梨奈・坂本りの・豊永阿紀・村上和叶・渡部愛加里・石橋颯・竹本くるみ・田中伊桜莉・馬場彩華・今村麻莉愛・坂本愛玲菜・立花心良・最上奈那華・森崎冴彩

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本りの

前座ガールズ.檸檬の年頃(生野、渋井、藤野、梁瀬)
0.overture
1.RESET
2.洗濯物たち
3.彼女になれますか?
4.ウッホウッホホ
MC(自己紹介)
5.制服レジスタンス(伊藤、今村、村上)
6.奇跡は間に合わない(坂本り、豊永、馬場)
7.逆転王子様(石橋、竹本、渡部)
8.明日のためにキスを(秋吉、坂本愛、坂本り、田中伊)
9.心の端のソファー(伊藤、栗山、村上)
MC
10.毒蜘蛛
11.オケラ
12.ホワイトデーには…
MC
13.ジグソーパズル48

アンコール

EN1.星空のミステイク
EN2.夢の鐘
MC
EN3.引っ越しました



FlInX4aaUAAbDzq.jpg
ソファはまたもセンターがゆえるで、くりなとわかにゃん。うーん、これもかわいい…(忙しいな)
みくりん休演でセンター×二回転のゆえるたんも大活躍ですが、ここでもわかにゃんの表情が良くて印象的でした。制レジとの切り換え、対照的な柔らかで穏やかな笑顔が実に魅力的です。

FlIoRlkaUAEN2pJ.jpg
そのようなわけで、ユニットパートはどの曲も見応えがあって大満足でした。人数の少ないユニット曲だとこの席位置のデメリットがなくなり、概ねどのメンバーもよく見えたのも大きかったです。こうなると距離の近さというメリットの方が勝ちますね。

それと共にこの日のユニットで感じたのが、どら3と五期の中堅感です。早いもので五期生ももう四年近く。後輩も入って来て、完全に第二段階に入ったと言えるでしょう。
継承だなんだと無理に騒ぎ立てなくても、こうして劇場公演でじんわりと中堅感を感じ取ることの方が遥かに意義があります。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2022年12月28日、チームH「RESET」公演(その三)

FlIymhUaEAAcy56.jpg
≪2022年12月28日、チームH「RESET」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・伊藤優絵瑠・栗山梨奈・坂本りの・豊永阿紀・村上和叶・渡部愛加里・石橋颯・竹本くるみ・田中伊桜莉・馬場彩華・今村麻莉愛・坂本愛玲菜・立花心良・最上奈那華・森崎冴彩

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本りの

前座ガールズ.檸檬の年頃(生野、渋井、藤野、梁瀬)
0.overture
1.RESET
2.洗濯物たち
3.彼女になれますか?
4.ウッホウッホホ
MC(自己紹介)
5.制服レジスタンス(伊藤、今村、村上)
6.奇跡は間に合わない(坂本り、豊永、馬場)
7.逆転王子様(石橋、竹本、渡部)
8.明日のためにキスを(秋吉、坂本愛、坂本り、田中伊)
9.心の端のソファー(伊藤、栗山、村上)
MC
10.毒蜘蛛
11.オケラ
12.ホワイトデーには…
MC
13.ジグソーパズル48

アンコール

EN1.星空のミステイク
EN2.夢の鐘
MC
EN3.引っ越しました



大満足のユニット曲が終わり、後半戦へ。

FlIrp9lagAAxKJM.jpg
16人の全体曲に戻ったことで、再び視界の悪さに困らされることになりました。えれたんのパフォーマンスを楽しみにしていた毒蜘蛛とオケラですが、結局見えないことが多く消化不良で終わってしまいました( ;∀;)

FlIvPudaEAA2lfY.jpg
それでも上手の端っこの後列だった前々回、前回よりはマシです。ちらちらと見えたえれたん、一つ印象的なことがありました。オケラで笑顔が多いのです。
流石に毒蜘蛛では笑顔はありませんでしたが、オケラでも笑顔を見せるメンバーは少数派です。あったとしても、ニヤリとした不敵な笑みを意図的に見せるといったところでしょうか。これに対してえれたんは自然な笑顔なのです。

推察ですが、この曲では表情に関しては指示、指導は特になくて「フリー」なのでしょう。正直なところ、笑顔が多めなのが良いとは思いませんでしたが、なんというかえれたんらしいなぁ…と。ステージで歌って踊ることが楽しい、というのが滲み出ちゃってるんですよねw

FlIvy3-aEAMUff2.jpg
えれたんとは対照的に、センターで常によく見えたのがあーちゃんでした。えれたんが隠れて見えない時はあーちゃんを見ていた、というより目が離せなくなってしまいました。
前をギッと見据えた時の目力がとにかく凄い。顔面発光、なんて有名な笑い話がありましたが、この時は目から危険なビームが出ているんじゃないかとすら思えました。

5150.png
次のホワイトデーで事態が好転しました。えれたんが上手の良い感じの位置にいて、全身がよく見えるのです。流石にこういう時間が少しはなくちゃあ…と思いましたね。オケラでよく見えたなら尚良かったのですが。
でもこうなるとステージの近さ、メンバーの近さが嬉しくなります。実はえれたん、ネイルを黄色のマットのやつからキラキラ系に変えていたんです。これもしっかり確認できました(//∇//)

しかし視界が良かったのはここくらいです。アンコールの頭、星空でもえれたん見えない時間の方が長いし、夢の鐘も同様です。下手前列でえれたんがステージに伏せる場面があるのですが、これも全然見えませんでしたorz
そもそもステージに伏せるからには、これがよく見えるのはごく限られた席でしょう。この時点ではまさかもう一回ERERESETに入るとは思っていなかったので、あと一回だけチャンスが残されました。一回も最前に呼ばれていないことも含めて、3番か4番に座れないかなぁ…

5151.png
せめてステージの近い席で見る夢の鐘のバックライトの大迫力を堪能します。

f5a41db4.jpg
公演の最後、引っ越しましたの紙テープも、この席まではギリギリ飛んで来ません。前の列までなんですよね…
うーん、なんだろう、ステージが近いくせにこのとことん「じゃない」感じは。ともあれ無事に終演です。



バイバイタイムでは、何人かのメンバーが「良いお年を~」と。特別感があってよきです。
えれたんからはチラッと目が合ったかな、という程度の軽レスでした。

5153.png
2022年は公演のお見送りで特に様々なドラマがあった年でしたが、それも締め括りです。本年最後のお見送りに行きましょう。いつもと同じように生誕Tシャツ+電光推しボードという最強装備でえれたんの前へ。
えれ「ああっ♪見えてたよ~、××××」
しっかりレスを貰いましたが、後半の部分が聞き取れませんでした。工エエェェ(´д`)ェェエエ工
歳のせいで耳が遠くなったのか?w(いや余り笑えない)

ニッコニコの笑顔で粘り気味に見送ってくれたので、これについてはそこまで残念というわけでもなかったのですが、恐らく「いつもありがとう」と言ってくれたのだと思います。しかし見事に有終の美を飾れなかったww2023年もお見送りは荒れる予感しかしないwww

5152.png
総評するなら、前ブロックの真ん中と知った時には嬉しかったのに、見事なまでの糠喜びに終わりました。もう一度言いますが、そもそも前ブロックの最後列は全然良い席じゃない。段差がないですからね…

たぶん前ブロックの三列目もそんなに視界は良くないんじゃないかと推察します。良いのは最前と二列目だけですね。二列目もドセンは見辛いだろうし、この日のように前に大柄な人が集まったら終わると思います。席位置の難しさ、奥の深さにも改めて気付かされた年内最後の公演でした。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■初日と二日目

今日は新チームH、目撃者公演の初日ですね。残念ながら呼ばれませんでしたが、二日目の明日に当選しました。

fc2blog_2023021110165547a_20230211102614cfa.jpg

こうなると難しいのが、今日の初日公演のDMM配信を観るかどうかです。これは悩ましいです。

目撃者は初めて劇場で生で観た思い出の演目ですが、それも十年以上も前、一度きりのことです。記憶は僅かしか残っていません。一曲目にして表題曲の目撃者、いびつな真珠、Pioneerなど、数曲について「こんな感じのメロディだったなあ…」と頭に残っている程度、あとは曲名すら覚えていません。

5186.png

折角明日劇場で観るのだから、今日配信を観るのを我慢すればほぼ初見の楽しみを味わうことができるというわけです。
これには予防措置の意味合いもあります。先に明かしてしまいますが、今年のヲタ活始めでもあった旧チームHのRESET千秋楽、かなり良い席でした。そろそろ派手に干される頃です。初見の感動があれば、後方席でも結構満足できるからです。

とはいえ…
六期生のミニスカートの妖精は気になる。果たして栄えある初日メンは誰か?(小声)



それはともかくとして(?)、初日といえば本命は言うまでもなく俺のえれたんがいる新チームKⅣです。
ところが、ここ天公演は初日、二日目ともに落選。そんな…(´;ω;`)

fc2blog_20230211103850402_20230211104055515.jpg

実は今日の目撃者初日、そこまで倍率が高いわけでもなさそうでした。知人に当選した人がちらほら…この時点で明日の二日目には呼ばれるだろうと思っていたのです。だから、ここ天も初日に落ちた時点で二日目に当たると期待していました。それなのに…(泣)
二つの演目の初日と二日目、計4公演のうちどれか一つしか当たらないよう選民されているのかも知れません(そう思いたい)。でも、恋禁の千秋楽落選からの三連敗は厳しいなぁ( ;∀;)

さらにいけないのは、初日、二日目が終わったところで平日のここ天へ、と思いきや生誕祭続きなことです。21日ははぁち、翌22日はくるたんたんの生誕祭。
初日、二日目ともに落選で、その後生誕祭続きで入れないって、恋禁の時と同じことの繰り返しじゃないか。う~ん…





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年1月21日、チームH「RESET」千秋楽公演(その一)

公演に入るのが二回連続でチームHのRESETになるとは。そして今年のヲタ活始めがRESET公演になるとは。さらには本命の恋愛禁止条例の千秋楽には落選してしまい(涙)、じゃない方のRESETだけ千秋楽を観ることになるとは。

IMG_2358.jpg
どれも自分でもまさかの展開でしたが、これだけで終わりません。当選もらった後にあーちゃんとわかにゃん、二人もが卒業発表するなんて、これもまさかまさかの寝耳に水の出来事でした。

あれこれごちゃごちゃと気持ちの整理がつきませんが、加えてこの日の公演は珍しいイベントがありました。千秋楽ということで、なこが超絶久し振りに出演!
彼女が公演に出ること自体久々の事ですが、私にとっては劇場公演でなこの姿を見るのはなんと七年ぶり(!)のことです。



fc2blog_20230121121934d04_2023012112332455e.jpg

★劇場座席図(最新版)221213恋禁
ちょwwwこの前の恋禁公演と同じ席wwww
なんでまた最前に呼ばれんとwwwwww

「令和五年の目標。最前列に座ること。」
(笑)

IMG_2356.jpg
最前列の件は残念でしたが、ここ最近最後列などの派手な干され席も全然ないのです。ここらで一回ドカンと干されても不思議はありませんでした。この日は1次で完売していたから、立ち見という可能性もあったわけです。この良席には大いに感謝すべきでしょう。
前回のRESETは推され席かと思わせておいて実際には視界がかなり限られる糞席でした。最後の最後、土壇場の滑り込みでERERESETを良い席で観るという宿願を果たしました。喜ばしいことです。

よく見えるのはセンター付近のメンバーだけで、ステージの端や花道に行ってしまったメンバーは見にくいことは分かっています。しかしえれたんが見えない時は奈子、あーちゃん、わかにゃんに注目すればよいのです。注意して見るべきメンバーが四人というのは丁度いい按配だし、ERERESETで初めて下手寄りに座れたのも嬉しいです。これまでずっと上手の端または上手寄りでしたからね。

IMG_2357.jpg
さあ、良席に座れたし方針も明確。こうなると気になるのは前の列の人です。段差がなく真ん中のこの席では視界の良し悪しを大きく左右し、公演の印象すら左右すると言ってもいいでしょう。
まず5番、6番の人は特に小柄でも大柄でもなくそこそこ。8番の人は背は高かったですが、細身で頭も小さく、壁という程ではありません。最も気になる目の前の7番の人が開演直前まで来ないのでざわざわしました。果たしてどうなるか…

ギリギリにやって来た7番の人、私より背が低い上に猫背で、視界良好!(≧▽≦)
遂に酷い悪運から解放されました。8番の人が長身でなければ百点でしたが、大きな問題ではありません。センターに立つメンバーもはっきり見える!しかも目の前の至近距離です。

2f8f5115.jpg
影アナは順当に奈子でした。これが実に聞き易い。推察ですが、テレビ番組に沢山出ていて聞き取りやすい喋り方が訓練されていることに加え、韓国語を完璧に話せることも一つの理由ではないかと思います。多言語話者は顔の筋肉を沢山使えるので滑舌が良いのです。

b4a6d75f.jpg
この日の前座ガールズはこの四人でした。前にも述べましたが、れいあ姫とさあやちゃんは個人的にノンストライク。博多のスーパーヒーローちゃんも全然刺さりません。
ksgk渋井少年ことしぶいちゃんが今日もかわいい♪

5154.png
台詞が棒読みでまだまだ全然なところもよきです(典型的なドルヲタ価値観)



それはともかくとして(?)開演しましょう。
えれたんが見えない時は奈子、あーちゃん、わかにゃんに注目と言いましたが、公演を通してその通りになりました。

改めて思い知ったのは、助っ人えれたんはポジションが悪く後列が多いので見えない時間が多いということです。もともとステージが至近である代わりに視界は狭い席です。そういう時はきっぱりと切り換えてこの三人を中心とした他のメンバーを見ていました。

5158.png
えれたんを見ていた時間がこんなに少ない公演は珍しいですが、そうするしかなかったしそれでよいのです。

5155.png
さあ、この日のセンターは奈子でした。日本に帰って来てからの奈子の扱いに私は少し違和感を抱いていました。たとえて言うなら、海外で数年プレーしていた野球選手が日本に戻って来て古巣に入団したかと思いきや、無条件でいきなり4番を打つような。
実力や過去の実績でそれが必然ならそれでいいのでしょうが、当人が余所に行っている間は古巣の球団には何の貢献もしていないわけですよ。その間チームを牽引したり優勝するために頑張っていたのは他の選手なんですよね…

かなり久し振りに千秋楽だけ公演に出たと思いきや、そのポジションをずっと頑張ってきて思い入れも持っているあーちゃんではなく奈子がセンター…なんだかな~という感じです。
ところが開演するや否や、そんなモヤモヤを吹き飛ばす強烈な画が待っていました。

5156.png
なこみくうううう!!

5157.png
ポジションとか序列とか扱いとか評価とかファンの受け止め方とか、周囲にも、勿論本人にも色々思うところはあるでしょう。しかし個々の事情はともかくとして、「なこみくというコンテンツ」の圧倒的な力が有無を言わせません。公演が始まった瞬間のキャッチーさ、力強さが他のあらゆるツートップの比ではないのです。
なんかもう、ねじ伏せられたように納得させられてしまいました。しかしお陰ですっきりした気持ちで素直に公演を楽しむことができます。

5159.png
ただし、一つだけ引っ掛かったことがあります。奈子の派手派手な髪色です。金髪に近いピンク色で、一時期のはるたんにそっくりです。化粧もやけに濃い。う~ん、これは似合っているとは言い難い…

そんなわけであれこれ感情が忙しいまま、RESET千秋楽こと最初で最後の推され席ERERESETが始まったのでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年1月21日、チームH「RESET」千秋楽公演(その二)

★劇場座席図(最新版)221213恋禁
またしても最前列を逃した中途半端さは否めませんが、それでも二列目のドセンから1ズレ、文句なしの推され席です。前回ERERESETを観た64番と二列しか違いませんが、その視界はまさに雲泥の差、天と地ほども違いました。

見える、見えるぞ!私にもえれたんのお弁当トントンが見える!

d7b61bf6.jpg
ただし二回のうち一回目はなんとか見えたのですが、二回目は奈子のftmmが邪魔して見えませんでしたwww

あと、わちゃわちゃする曲で時にメンバーの肉声が聞こえるのです。これもステージがこれだけ近い席ならではの特権です。

5160.png
それにしてもRESETの前半曲は明るい曲が続くので、コロコロ変わるえれたんの表情豊かなところが堪能できます。ステージに立つことが楽しいというのが中から溢れ出ててかわいい(//∇//)

そして前半曲で早くもこの日の最大のイベントが発生しました。ウッホの2番Bメロの「大変なのは…」のところでえれたんから指差し+手振りの爆レス!
曲中の爆レスほど嬉しいものはないし、アップテンポのこの曲でまさかレスが貰えるとは思わなかったので尚嬉しい!(//∇//)(//∇//)

b9e16f30.jpg
f2688f4e.jpg
昇天しかけていると、直後に笑撃の事件が起こりました。
大サビでみくりん、カゴに山と盛ったバナナを持ってメンバー全員に配り始めたではありませんか!なんだこれ一体www

3b114499.jpg
個人的においしい展開でもありました。みくりんがまず下手の花道にいたメンバーにバナナを配りに行ったのですが、この時えれたんが上手側の一番センター寄りにいたのです。びっくりして笑いながら立ち尽くすえれたんの姿を暫く眺めることができました。

なんかもうこの曲だけでお腹一杯すぎるww

5163.png
そしてメンバー全員バナナを持ったまま記念撮影→自己紹介www
しかしいつまでもバナナに笑っていられません。自己紹介の立ち位置に注目です。この日は研究生が一人だから、二回転するメンバーは一人だけです。

5162.png
えれたんは二列目。この時点で明日キスに確定です。こうなると気になるのはゆかちゃんの位置です。

5161.png
三列目でした。そしてあきちゃんも三列目にいるのです。ゆかちゃん、明日キスとソファのどっちでしょうか。むろん見たいのはえれゆかの明日キスです。実現するでしょうか。ざわ…ざわ…

58e16b3d.jpg
「私達はお化けを倒す軍隊だー!」
おおおお、懐かしい…
おーっ!と言えないのは残念ですが、キャッチフレーズを変えないところが嬉しい。懐かし過ぎる…七年振りですからね…

58908471.jpg
くりなのキャッチフレーズがしれっと「大分県といえば温泉、椎茸、梨、カボス」に変わってたwww客席もざわざわと笑いが。



ユニットにいきましょう。

5165.png
制レジはセンターがみくりんで、まりあとわかにゃんでした。前回に続いてわかにゃんが目を引きます。

5164.png
表情が実に良いですが、より印象的なのは目線です。何処に目線を持っていくか、何処を見るか。これは特に意識せず振り付けの動きのままに自然体のメンバーが多いですが、わかにゃんは違います。
振り付けと目線はそれぞれ独立していて、何処を見るか、そしていつまで視線を残すかに明確な意思が感じられるのです。これ、しなもんも一緒だったんですよね。

テイストはかなり違います。しなもんはここと決めたところで振り返ってでも正面を力強く見据える時がありました。これに対してわかにゃんは流れるようにしなやかなのです。どちらも魅力的です。

1891b5a1.jpg
奇跡の三人は誰なのか。読みにくかったですが、どらさんで来たー!
あーちゃんの無駄遣い感が凄いし(笑)、奈子がいなかったらどうだったとか色々ありますが、最後の思い出にこれはGJ!

5166.png
ここで印象的だったのはさやまるです。前回入ったRESETでもさやまるは奇跡だったのですが、その時は女の子らしい可愛らしさが勝ってしまっていまひとつ、衣装を着せられている感がありました。ところがこの日はそこまで悪くありません。
前回はセンターあきちゃん、りのちゃんと組んでいましたが、この日はセンターあーちゃん、ゆえると組んで全体的に甘めになりました。その結果余り違和感がないのです。

当人だけの問題でなく、ユニット曲は誰と組むかによって印象が変わってくる。新しい発見でした。

5167.png
王子様は予想通りにセンターが奈子、ぴなといぶき。う~ん、奈子の明るい派手髪に濃過ぎる化粧、この曲この衣装のしかもセンター。残念ながらハマっているとは言えない…

前回見たのがあーいぶくるの王子様という神コンテンツだったので、大きく見劣りします。
結局俺のいぶいぶ大天使だけずっと見ていました。

5169.png
ああああ

5168.png
ああああああいぶいぶいぶいぶううううううううううううううううビッグバン以後一番にかわええええええええええええええええええええええええ

ぜぇぜぇ…はぁはぁ…
下手ポジというのも絶妙でした。ずっと目の前とか最高かよ(//∇//)

5170.png
超美脚のいぶあしも堪能

さあ注目&緊張の瞬間です。果たして明日キスのメンバーは…?

5171.png
5172.png
俺のえれゆかきたあああああああああああああああああ!!!

5173.png
ああああああ宇宙で一番尊いいいいいい!!
前回見たのも同じでした。それでもやっぱりこれ!私はこれを見に来たんですよ!(忙しいな)

ゆかちゃんはHのメンバーだからどのユニットもできるし、えれたんも助っ人ながらソファもできます。それだけに最後にこれを見られて本当に幸せでした。

5174.png
推し補正を抜きにしても千秋楽を飾るに相応しいです。やはり歌い上げる曲ですから、歌えるメンバーが真ん中にいないと。この日は歌唱力の予選の直後で、二人が決勝進出を決めただけにより印象的でした。



≪2023年1月21日、チームH「RESET」千秋楽公演 出演メンバー≫
秋吉優花・伊藤優絵瑠・栗山梨奈・坂本りの・田中美久・豊永阿紀・村上和叶・矢吹奈子・渡部愛加里・石橋颯・田中伊桜莉・馬場彩華・今村麻莉愛・後藤陽菜乃・坂本愛玲菜・最上奈那華

≪同セットリスト≫
影アナ:矢吹奈子

前座ガールズ.檸檬の年頃(北川、渋井、森崎、梁瀬)
0.overture
1.RESET
2.洗濯物たち
3.彼女になれますか?
4.ウッホウッホホ
MC(自己紹介)
5.制服レジスタンス(今村、田中美、村上)
6.奇跡は間に合わない(伊藤、馬場、渡部)
7.逆転王子様(石橋、後藤、矢吹)
8.明日のためにキスを(秋吉、坂本愛、坂本り、田中伊)
9.心の端のソファー(栗山、豊永、村上)
MC
10.毒蜘蛛
11.オケラ
12.ホワイトデーには…
MC
13.ジグソーパズル48

アンコール

EN1.星空のミステイク
EN2.夢の鐘
チームH振り返りVTR上映
MC
EN3.引っ越しました



7da353e1.jpg
ソファはあきちゃん、わかにゃん、くりな。結局二回転したのはわかにゃんでした。
う~ん、やっぱり良いですね。制レジの目線使いが印象的だったので、この曲との比較を今回も見られてよかったです。実に良い。

しかし一皮剥けてアイドルとして脂が乗ってきたところなのにここで卒業とは、本当に勿体ないです。はぁ…

99eb8e21.jpg
注目はわかにゃんだけではありません。ビジュアル最強くりなたんが今日もかわいい(//∇//)



そんなこんなで(?)色々ありましたが、この日もユニットパートは充実していて大満足でした。
というか改めて思ったのは、HKTの公演のユニットパートはどの演目でも本当に充実しています。メンバーそれぞれの個性が光り、毎回必ず新しい発見がある。

83ea99e2.jpg
そして今さらながらに実感したのは、やはり自分はこのグループが好き、劇場公演が好きだということ。メンバーみんなかわいいし、これこそが目下の人生の一番の楽しみです。
年初のヲタ活始めに臨んで、そして推され席で公演を観てそんなことを思いました。

今年も様々な変化があるだろうし、多くのメンバーが卒業していくでしょう。えれたんが卒業したとしても不思議はありません。しかしこの不変の価値がある限り、私はやはり劇場に通うでしょう。
ふとそんな思いに耽りましたが、ここで遠い目をしているわけにはいきません。公演はまだまだ続きます。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■恋愛禁止条例の思い出

今日はいよいよ新チームKⅣ、ここ天公演の初日ですね。それを前に、ここでは恋禁公演の思い出を綴ってみたいと思います。とはいっても先日書いたチームTⅡへの思い入れや思い出に比べれば軽いものです。上演期間が期間でしたからね…
それでもいくつかの鮮やかな印象は残りました。

5189.png
手つな公演を余りにも長くやり過ぎていたことは、過去にも度々批判してきました。その弊害として、恋禁公演の上演期間が短いまま終わってしまいました。始まった時には八ヶ月半で終わるとは思いませんでした。

初日、二日目に落選してしまい、その後は生誕祭続き。漸く入れたのは二ヶ月半が経った頃でした。
その結果日向が卒業する前のフルメン公演、六期生がデビューする前でTⅡのメンバーがバックダンサーもしてしまうという初期バージョン、どれも観られずに終わってしまいました。これは返す返すも残念です。そして千秋楽にも入れないという、報われない付き合いでした。

IMG_1681.jpg
一方で、劇場で六回観られたのは社会人ヲタとしては少なくはなかったし、通常公演三回に特別公演が三回というのも良いバランスで、これについては満足しています。

その三回の特別公演はえれたんの生誕祭、びびあんの卒業公演、葉月の卒業公演です。えれたんの生誕祭は言わずもがな、二回の卒業公演もそれぞれ熟考の上で申し込み、万感の思いを抱いて臨んだものです。これらに入れたことについては報われたと言っていいでしょう。

FkPStbGVsAU-Bfe.jpg
えれたんのやったユニット三曲も全て生で見られました。

5187.png
5188.png
初日と千秋楽のどちらも長い光のソロ歌い出しはえれたん。これはえれたん推しとしては特に嬉しく誇らしいことでした。



FctkLIHakAEzP5A.jpg
しかし、もっと沢山劇場で観たかったのも事実です。良いセットリストでした。
初めて聴いた時にはなんて退屈な駄曲なんだと思ったものの見事に評価が逆転し、つい口ずさんでしまうまでになった長い光。不思議な魅力とクセになるミスマッチ感に溢れ頭から離れないJK眠り姫。数多ある48Gの曲の中で最も切なく悲しい歌詞を歌い上げるひこうき雲。存在感の光る名曲があちこちに散りばめられていました。

今日これから始まる新チーム、新演目と決定的に違うのは、チームTⅡが完成された状態で始めた演目切り換えだったことです。メンバーの振り入れさえ完了すれば成功は約束されたようなもので、初回から安心して見ていられたのも印象的でした。この点に注目しつつここ天の初日を観るとより面白いと個人的には思っています。
新チームHの目撃者、新チームKⅣのここにだって天使はいる、今度はどちらも長くやり過ぎることがないよう願います。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■け決してくるまれたい訳じゃ(震)

表題に深い意味はありません(??)

fc2blog_202302190632558b4_20230219081700c0c.jpg
推しメン以外の生誕祭には安易に投げない。自身のこの方針について以前は繰り返し述べていましたが、完全に過去の話になりました。フル定員が解禁されてからというもの、平日ならば生誕祭であっても定員を割っているのが現実だからです。誰の生誕祭であろうと申し込むこと自体に何ら問題はありません。

チームTⅡの恋禁公演、初日と二日目に落選してその後は生誕祭続き、二ヶ月半経って漸く入れたものの、既にフルメン公演も正規メンがバックダンサーも兼ねてしまう初期バージョンも終わっていた…これが未だに悔まれると先日の記事で述べましたが、同じ失敗はもう繰り返しません。
新チームHの目撃者公演、舞ちゃんが休養中なので初日からフルメンが揃わず、奈子が当然のように初日しか出ないものだから二日目から早くも二人欠員という有様。新チームKⅣは初日こそフルメンだったものの、二日目から早くも揃わないという、こちらも先が思いやられる展開です。そしてわかにゃんの卒業も控えています。こんな調子では、一日でも早く一回は観ておきたいと思うのは当然でしょう。
ここまで書けば答えはバレバレですが…



fc2blog_202302181204194b3_202302181339407c3.jpg

どーん
一日でも早くというならば今日のはな誕に投げるべきでしたが、水曜日より火曜日の方が仕事が忙しいので安全策をとってこちらにしました。
(実際のところ今日は八時近くになってやっと終わりました。投げてたら終わってた)

ところが、この事実を話しても界隈の誰も信じてくれないのですwww
前科があるわけじゃないのにおかしい
はぁくるたん…

それはともかくとして(?)、この日もフルメンが揃わないのは残念ではありますが、ひとまずは四日目にして一度劇場で観ておけることになりました。こうやって安心したいのです。
わかにゃんの卒業公演まであと一ヶ月しかありません。それまでにフルメン公演があるなら、そこは外せないなぁ…





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年1月21日、チームH「RESET」千秋楽公演(その三)

≪2023年1月21日、チームH「RESET」千秋楽公演 出演メンバー≫
秋吉優花・伊藤優絵瑠・栗山梨奈・坂本りの・田中美久・豊永阿紀・村上和叶・矢吹奈子・渡部愛加里・石橋颯・田中伊桜莉・馬場彩華・今村麻莉愛・後藤陽菜乃・坂本愛玲菜・最上奈那華

≪同セットリスト≫
影アナ:矢吹奈子

前座ガールズ.檸檬の年頃(北川、渋井、森崎、梁瀬)
0.overture
1.RESET
2.洗濯物たち
3.彼女になれますか?
4.ウッホウッホホ
MC(自己紹介)
5.制服レジスタンス(今村、田中美、村上)
6.奇跡は間に合わない(伊藤、馬場、渡部)
7.逆転王子様(石橋、後藤、矢吹)
8.明日のためにキスを(秋吉、坂本愛、坂本り、田中伊)
9.心の端のソファー(栗山、豊永、村上)
MC
10.毒蜘蛛
11.オケラ
12.ホワイトデーには…
MC
13.ジグソーパズル48

アンコール

EN1.星空のミステイク
EN2.夢の鐘
チームH振り返りVTR上映
MC
EN3.引っ越しました



ここまでは至って普通の公演でしたが、後半に向かって少しずつ千秋楽の特別感が出てきました。まずは通常四人で行うユニット明けMCをチームHのメンバー九人全員で。

6d982b1c.jpg
こうなるとやはり話が盛り上がるのか、みくりんが大笑いして前かがみになる場面が。
ここでバッチリ谷間いただきました( ̄∇ ̄)
雑誌のグラビアで脱ぎまくってるみくりんですが、だからこそ劇場で生で見る谷間に価値がある
ふ~む、やっぱり公演は席だな


それはともかくとして(?)後半曲にいきましょう。

5175.png
何度目の正直か。遂に念願の毒蜘蛛のえれたんが見えました!曲自体は大したことありませんが、毒蜘蛛とオケラの二曲は推しメンのパフォーマンスをじっくり見るのに最適だと思います。

5176.png
この席でも見えない時間が多いのだから後列が多いポジションの悪さを改めて突き付けられますが、えれたんが見えない時は引き続き超絶久し振りに出演のなこ、卒業発表をしたあーちゃん、わかにゃんの三人のうち見易い位置に来た子を見ます。

5177.png
5178.png
これまでは上手の席ばかりで、静かなる名曲ジグソーパズル48のえれたんも殆ど見えませんでした。今日はこの曲でもえれたんがよく見えました。隣りのメンバーと手を合わせたり離したりする特徴的な振り付けを目に焼き付けます。

5b30c31a.jpg
そして一番最後にステージを去る二人はなこみく!
なこみくで始まってなこみくで終わる…なんと印象的な公演でしょうか。それだけに寂しさも募りました。この二人も新体制で別のチームに分かれ、そしてなこはもうすぐ卒業します。アイドル界の至宝なこみくも事実上これで見納めなのです。



アンコールへ。

5179.png
RESET公演の最大の見所とも言える夢の鐘のカッコよ過ぎる金色バックライトですが、この曲でも最後の最後に報われました。えれたんがセンター付近の良い位置で見易く、しかもこの席からだとシルエットになっても表情が分かるのです!

5180.png
ただしステージに伏せるえれたんの姿はごく一部しか見えませんでした。てかこの時知ったのは、これがはっきり見えるのは最前列の下手に座っている人だけだということ。難易度高過ぎだろww

877896ca.jpg
最後の曲に行く前に、現チームHの振り返り映像、そして出演メンバー16人全員が感想を言いました。だから三チームとも千秋楽を土日の夕方公演にしたのか。

5181.png
チームHにはさしたる思い入れはないので特に感慨深いわけではありませんが、それよりもこれを見てTⅡの千秋楽に入りたかった思いが強くなり、改めて落選の無念に公演中なのにテンションが下がってしまいました…

5182.png
気を取り直して最後の曲にいきましょう。引っ越しましたは2番Aメロでえれたんのソロパートがあるのですが、歌う姿が目の前♪
そして遂に念願の、テープを頭にかぶることができました(笑)

13cbb1cc.jpg
しかもこの日は千秋楽の特別バージョンとして、メンバー全員が金色のテープを投げたのです。印象に残る光景でした。

5183.png
少々しんみりしつつも明るく終演です。



えれたんともすっかり顔馴染みで最近はお見送りや他の場面でも爆レスが固いですが、バイバイタイムではレスが来ないことが殆どです。
察するにえれたん、目立ち過ぎる電光推しボードはとりあえずスルーして、より見付けづらい団扇やスケブなどを明転した客席から探そうとしているのでしょう。

しかしこの日はバイバイタイムでも席位置が奏功しました。えれたんはいつもまず下手の花道へ行き、次に上手の花道へ。引き返して来て下手からハケるというルーティンです。この席は一通りの自分のファンにレスして最後に通る所。ここで目を見開いて指差しの爆レスいただきました(//∇//)

5184.png
なこみくでVRカメラのキャップを閉めて終了、勢いに乗ってお見送りへ行きましょう。えれたんは下手側、後ろの方にいました。この辺りの位置が好きなようです。

えれ「ああっ!見えたよ~♪いつもありがとう」
ぐおおお(//∇//)(//∇//)
私は個別イベントにはごく稀にしか行かないし、SRでギフト投げたりSNSにコメントしたりもしません。だからえれたんは私の名前は知りません。それだけにこの劇場認知は尊いし嬉しいです。「いつも」という言葉がこれ程破壊力を持つ場面は他にないでしょう。

5185.png
今日もお見送り大勝利で劇場を出ようとしたその時でした。一番最後にいた奈子に「すごいね~」と言われたのです。
咄嗟の事で驚きましたが、電光ボードを指して言ったことは明らか。韓国から日本に戻って来て劇場公演にも数えるくらいしか出ていないから、電光ボードが珍しかったのでしょう。低めの声で、アイドルのお見送りというよりは素の感想を言った感じでしたww
だがそれがいい(笑)

今のチームHもRESET公演も思い入れはなく、じゃない方のこっちにうっかり当選してしまって本命の恋禁千秋楽に落選するとは我ながら愚かな勇み足でした。しかし最後の最後で遂にERERESETを推され席で観るという念願が叶ったし、グループの一つの節目を見届けることができました。
なつ、あきちゃん、そしてチームHの皆さんRESET公演お疲れ様でした!





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR