■2023年04月

■2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その一)

一日でも早くまたここ天公演を観たい!そして早く通常公演に入りたい!
前回の初参戦は他メンの生誕祭だったので、えれたん推し装備全開では行けないのが惜しかったのです。

待ちに待ったここ天通常公演です。これに入らないわけにはいきませんが、この日は祝日で17時開演でした。なんか噂に聞いたところによると、世の中には祝日休みの仕事という概念が存在するらしいですね(白目)
そうなんです、私にとって17時開演は迷惑でしかない…
そこで結構強引に休みを取りました。お陰で翌日五時起きする羽目になりましたが…

IMG_2546.jpg
そんなことはどーでもいいとして、何といっても気になるのは席番です。
これの前の目撃者公演、ODA生誕祭は165番という自分にとってはかなり良い位置でした。そしてその前、最後列でもいいと思っていたパジャドラでは無駄に推されてしまい、78番でした。

流れからすると次は干される番です。恐れおののいていましたが、席と言えばもう一つずっと気になっていることがあります。新劇場になってから何故だか一回も最前列に呼ばれていないのです。四十回も入ってるのになんでだ…
いくらなんでもそろそろ呼ばれてもよくね?
果たして結果は…





fc2blog_20230401082954b85_202304010837241b9.jpg

★劇場座席図(最新版)230321ここ天
やっぱりそうなるのかあ…(´・ω・`)
干されるターンだと思っていたから、覚悟は出来てました。仕方ないことですが、やっぱりパジャドラの78番はマジで余計でした。
しかしこれで最後列三回、最前列一回も無しか…う~ん、解せん

とはいえ、まだ始まったばかりの貴重なここ天通常公演、そして祝日です。この日は2次募集もなかったし、全席完売でした。当選してよかった、入れてよかったと言うべきでしょう。272番の人も本当選だと言っていました。立ち見にならなくてよかった…
当日券は数枚だったのでしょうね。

5322.png
無念の最後列に甘んじたわけですが、先に言ってしまうと、ステージが遠かった割には楽しめて、満足できました。これには二つ理由がありました。
まず目の前が女性で視界良好だったことです。253~255番の三人が女性だったのです。これには救われました。一方で256番は身長185cmはあろうかという大男でした。一つ席がズレていたらと思うとゾッとしました。
しかし隣りの271番の御仁、東京からの遠征でHKT劇場は二回目だったそうで…そういう人はもっと前に座らせてあげましょうよ。気の毒過ぎてこっちまで泣けてくる( ;∀;)

最後列でも満足できた二つ目の理由は言わずもがな、コール解禁です。そう、偶然の結果とはいえ、パジャドラ、目撃者、ここ天と三つの演目のコール解禁初日を制覇しました!これは地元劇場民としては嬉しいところです。
ここ天公演のコールとはいかなるものか。時に探り探り、時に全力で盛り上がって楽しめたから最後列でも満足できたのです。



≪2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・今村麻莉愛・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・田中伊桜莉・田中美久・地頭江音々・長野雅・馬場彩華・松岡はな・村上和叶・本村碧唯・山下エミリー・大内梨果・大庭凜咲

≪同セットリスト≫
影アナ:山下エミリー

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(地頭江)
6.何度も狙え!(田中伊、長野、馬場、松岡、本村)
7.おNEWの上履き(今村、栗山、竹本)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(秋吉、坂本愛、田中美、馬場)
9.ジッパー(栗山、村上、山下)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC
EN4.そういうことFebruary



さてさて、この日は電光推しボードの新作を持参しました!

IMG_2545.jpg
どどーん
実はこの「天使の歌声」という言葉、キーワード的な感じで自分の中にずっとあって、だからこのボードの構想は前々からあったんです。

しかしなかなか作る時間がないまま来てしまったのですが、まさかえれたんの所属するチームがここにだって天使はいる公演をすることになるとは。
作るならこのタイミングしかありません。ただ残念なのは、製作時間が十分にとれなかったのでクオリティは歴代作の中でも最下位レベルに…

5321.png
とりあえず影アナ待ちの時間にカメラさんにアピールして、オバチャでばっちり抜いてもらいました。この一連の作業、久々にやったな~(笑)

DMMに抜いてもらっただけではありません。最後列の特権として、頭上にこの電光ボードを掲げて開演を待ちました。ステージが遠いんだから、このくらいの楽しみがないとねぇ
この頭上電光ボードは絶対目立つやつ。遠くても開演の瞬間えれたんの目に留まったことでしょう。



さあしかし、頭上電光ボードよりもこの日はコールです。ゴリゴリに予習していくのも一つの手でしたが、敢えてそれをしませんでした。
ここ天公演、これでまだ二回目です。まだ全ての曲が頭の中に入り込んでいないし、新鮮さが残っているんですよね。余り予習するとその新鮮さがなくなってしまい、勿体ないのです。

そこで、一曲目の青月だけ完璧に予習して、あとは三曲目のここにだって天使はいるは二連MIXから入れることを確認しました。それ以外の曲については予習せず、その場の成り行きで対応することにして臨みました。

5323.png
その一曲目の青い月が見てるから、盛り沢山でコール的には最高の始まり方です。目撃者公演とまさに好対照w

普通にMIXから入れるのですが、ただのイントロMIXではありません。アカペラで静かに歌うところから始まって、それから徐々に盛り上げて、そしてどーんと陽気なイントロに合わせてのMIX!この始まり方、最高に高まる!

5325.png
続いて予習の成果を発揮します。1番Bメロの四人歌パートにえれたんです。

5326.png
ここはコール合戦たい!全力えれなコール四連んんん!!
血が沸騰するかのようなこの感覚。これですよ、これ!

最高に盛り上がりながらも、同時にしみじみと感慨深くもなりました。全力えれなコール、実に三年振りですからね…
最後は忘れもしない天音が卒業する直前の手つな公演でした。あの時えれたんのユニットがGlory daysで、珍しい下手ポジで自分の目の前という神展開だったのです。あの時のコールは激アツだった…余りの感慨にそんな事まで克明に思い出してしまいましたよ。

5329.png
それはさておき、この曲さらにヘイヘイヘイ!からのオッケー!まで叫べてしまいます。なんておいしい曲なんだw
一曲目で半分声枯れた。もう帰っていいすか?ww(絶対帰らんけど)

そんなこんなで色々と忙しいですが、最高に楽しいここ天通常公演、わかにゃんを最後に見る尊い機会でもある公演がいよいよ始まったのでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■私たちも、かもめ。プロジェクト駅巡りの旅(その二)

駅巡りのヲタ活をしながら平日の疲れを癒す休養も兼ねたい。そんなコンセプトでゆるゆるの行程を組み、初日は長崎に泊まることにしていました。六つの駅を訪ねて等身大パネル撮影+スタンプ押印をするだけなら、高速を使わなくても福岡から日帰りで行けます。しかしそういう慌ただしい詰め込み旅行をしたくなかったのです。
とはいっても嬉野温泉駅の時点でまだ11時、このまま進むと流石に長崎に早く着き過ぎます。そこである場所に寄り道していくことにしました。

レポのその一でここまで書いたわけですが、勘の良い方なら既に「ある場所」の目星が付いているのではないでしょうか。
嬉野温泉から南へ進み、そのまま国道34号を長崎方面に進むのではなく、海沿いに出たところで国道205号に入りました。そして長崎とは反対方向に進みます。

IMG_2559.jpg
やって来たのはこちら。君どこの聖地である小串郷駅を再訪しました。

IMG_2560.jpg
IMG_2561.jpg
IMG_2562.jpg
何も変わっていません。懐かしいなぁ…

さてここでちょうど正午でした。ここから来た道を引き返し、千綿駅へ向かえば12時半に着くでしょう。絶妙の時間帯です。ならばかつてのリベンジでカレーに再挑戦しか!
と言いたいところですが、この五日前に閉業してしまったのですね。何と間の悪い…( ;∀;)

IMG_2563.jpg
IMG_2564.jpg
ならばこれしかないでしょう。メンバーのサインも掲げられている小串郷駅の向かいのパン屋「ペルル」でパンを買って昼食にしました。美味いです。

IMG_2567.jpg
国道205号を南へ引き返し、こちらも君どこの聖地千綿駅を再訪しました。カレー屋の閉業は残念でしたが、素晴らしい駅舎は変わらず健在です。

IMG_2566.jpg
海を目の前に緩くカーブするホーム、やはりここは良い所です。

IMG_2568.jpg
駅舎の中の店はカレー屋から花屋に替わっていました。



千綿駅のホームでしばし海を眺めてのんびりしていたら、寂しさがこみ上げてきました。君どこの時はえれたんも選抜だったし、聖地巡礼のヲタ活ももっと規模が大きくてやりがいがありました。何より、当時はまだしなもんが現役だったから界隈の人達の集まりも良くて、休日のこの手の活動が頻繁に催されていたのです。本当に楽しかった…
変わらぬ関係は続いていますが、皆がこぞって福岡までやって来る機会は激減しました。
君どこの頃は良かった…色々と本当に楽しかったなぁ…

アイドルヲタクたるもの時に懐古厨が発動するものですが、久々に重いやつに襲われてしまいました。
だったらアンフィニッシュ観に行って、久し振りに福岡に集まった皆と打ち上げに参加すればよかったじゃないか。こうツッコまれたら何も言い返せないのですが、それはまた別の問題なのですよww

IMG_2569.jpg
ともあれ、気持ちを切り換えて目の前の巡礼活に集中しましょう。千綿駅を後にして次の目的地である新大村駅にやって来ました。

IMG_2572a.jpg
当駅の等身大パネルは俺のここは様!
今回のプロジェクトの最大の特徴は、長崎県出身の六期生二人をこうして等身大パネルに抜擢したことです。これはGJといえばGJなのですが、その結果プロジェクト選抜メンバーと等身大パネルメンバーが一致しないというおかしな事になりました。
これには違和感を覚えます。等身大パネルに抜擢するのなら、この二人もプロジェクト選抜メンバーということにすればいいのに…

それはひとまず置いておいて、ここでは事件が発生しました。

IMG_2572b.jpg
よく見てみると…

IMG_2572c.jpg
ちょwwもうサインが入ってるじゃないか!
これまでもそうだったのですが、この手のパネル巡礼活、サインが入る前と入った後、二周するのが楽しいのです。だからこそ、期間が三ヶ月もあるのに「週末の予定が詰まっているからここで行くしかない」と言ったのです。
然るにプロジェクト開始から半月しか経っていないのに、もうサインが入っているとはw
まあ研究生らしい行動といえばそうなのですが…

ちなみに、ここは様パネルは改札の中にありました。では博多駅と同じように入場券を買って中に入ったかというと…

IMG_2571.jpg
近いので軽くズームして望遠にしたら改札の外から撮れました(笑)

IMG_2573.jpg
IMG_2574.jpg
次の諫早駅のななちゃんパネルにもサインが入っとーとww
六期生さんかい?早い、早いよ!(このネタが分かる人は世代が近い)

IMG_2575.jpg
この諫早駅ではスタンプ置き場がそれらしく飾られていてよきでした。

さあ等身大パネル撮影+スタンプ押印もリーチです。残すは長崎駅のみです。しかし車で行くのは大変でした。
駅前がまだ工事中で仮の状態だからか、駐車場が狭い上に分かり辛いのです。何とか一台だけ空きがあったところに車を停めたはいいのですが、その後も慌ただしかった。ここでも駅前駐車場が20分無料なのは嬉しいのですが、駐車場から駅までが結構離れているのです。

IMG_2577.jpg
しかもパネルが改札の中にあってホームの方を向いているので今度こそ入場券を買って入る必要があったのですが、駅が何処も人でごった返してる…

IMG_2576.jpg
それでもどうにかこうにかかれんれんパネルを撮影+スタンプを押印して、20分ぎりぎりで車で戻ることができました。入場券で改札内に入ったのに、一分も経たずに外に出たw
しかもこれも既にサインが入っとった。早い!ww

IMG_2579.jpg
最後がバタバタになりましたが、各駅に設置の等身大パネル撮影+スタンプ押印の活動が完了しました!
この後はおまけの旅行記のようなものを上げます。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その二)

5327.png
≪2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・今村麻莉愛・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・田中伊桜莉・田中美久・地頭江音々・長野雅・馬場彩華・松岡はな・村上和叶・本村碧唯・山下エミリー・大内梨果・大庭凜咲

≪同セットリスト≫
影アナ:山下エミリー

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(地頭江)
6.何度も狙え!(田中伊、長野、馬場、松岡、本村)
7.おNEWの上履き(今村、栗山、竹本)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(秋吉、坂本愛、田中美、馬場)
9.ジッパー(栗山、村上、山下)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC
EN4.そういうことFebruary



無念の最後列で、ステージが遠い…
ただし前の席が女性の三連番で視界は良好。
初めてのここ天通常公演でえれたん推し全開、しかも新作電光ボードを持参。最後列の特権で頭上に!
まさに悲喜こもごもで公演が始まりました。

5328.png
開演から青月の1番まではえれたんが下手にいるものの、最初の二曲は上手にいることが多くて見易くてよかったです♪
特にヘイヘイヘイ!のところでえれたんが上手花道にいるのは良い展開!

5331.png
そんなえれたん、この日はツインテでした。

5333.png
俺のきゅうりちゃんもツインテ、みくりんもツインテ、ゆかちゃんもハーフツインです。

5332.png
そして自分にとっては最後となるわかにゃんまでツインテでした。ツイン率高いな!w

アイドルらしくって大好物なので大歓迎なのですが、開演して少しの間、もう一人ツインテの、誰だこの子は?という子がいました。いくら最後列とはいえ、今さらメンバーが判別できないとかそんな事があるのか。

5330.png
そう思いましたが、やがて音々ちゃんであることが判明。黒髪ツイン前髪ぱっつんの音々ちゃんが幼過ぎて印象が変わり過ぎてるww

三曲目のここにだって天使はいるは二連MIXで入れます。曲調に似合わないから、MIX打つのもどうなの?とも思うんですが、イントロ二連で入れる曲はレアなのでやっぱり打ってしまうっていう(笑)

5334.png
それはともかく、やはり不思議な存在感のある曲です。天使というキーワードと、清らかなメロディ。これらと余りにかけ離れたこの病んだ歌詞は何だろう。どうしてこの曲にこの歌詞なんだ。
ミスマッチ感を「良い」と感じる曲も沢山あります。JK眠り姫なんて最高峰ですが、この曲はそこまで良いミスマッチとも言えず、「なんとも言えない」です。そう思いながらも、つい口ずさんでしまうのです。

そして印象的というか怖いのは、アウトロがなくてぷつんと終わることです。清らかなメロディの余韻を感じたいのにこの終わり方では勿体ないというのも一つありますが、この歌詞でぷつんと終わられると「僕」の自殺を連想してしまうんですよ。ねえやめてよ!と思いますね。



自己紹介へ。
…行く前に、音々ちゃんがあおいに向かって「あおいさん、今日の客席の元気はどうですか」と振りました。
すかさずあおい「まだまだ」と。このやり取り、打ち合わせしてただろww

5335.png
それでもあおいちゃんにまだまだと言われると、よおおしもっと声出してやんよ!と思ってしまうのだからヲタクは単純だなあw
こんなところにもコール解禁の喜びが、メンバーにも客席にも溢れていてほっこりします。

5336.png
えれたん自己紹介の歌復活きたあああああ
懐かしい嬉しい…(涙)
でもえれたん噛み噛みのgdgdで歌になってなかった笑笑



ユニットへいきましょう。

dead bodyはソロユニットだから当然音々ちゃんがずっとステージの真ん中にいます。
前の席が女性で最後列ながら視界は良いと言いましたが、所詮最後列は最後列です。煩わしい程に視界を遮られてはいないという程度であって、所々ステージが見えない部分があります。ちょうどど真ん中が見辛くて物足りなかったです。

5337.png
ついでに言うと、黒髪ツインの幼い外見でこの曲をやられても余り入ってこないw

何度も狙え!意味不明でくっそ退屈な曲だと酷評しましたが、この日もその感想は変わりませんでした。

5338.png
しかしここでも一つ仕事があります。あおいちゃんをずっと見ていました。

最後に残ったたった一人の一期生、卒業の時期も決まっています。アイドル人生の最終節に臨んで、HKT48の歴史を全て見てきた彼女の目には今何が映っているのか。どんな思いで後輩達の姿を見渡しているのか。最近そんなことをよく考えるのです。

5339.png
パフォーマンスが安定し過ぎていてその場その場で特筆するような感想は持ち得ないのですが、一つ一つの事に必ず意味がある。だからぼんやりあおいちゃんを見つめているだけでも意義のあることだと、そう思います。

5340.png
お!「お!」
N!「N!」
E!「E!」
W!「W!」
ここまではいいのですが、テンポが速くなると付いていけない。む、むずかしいww

5341.png
これはおいおい慣れるとして、センターくるたん、まりあ、ぴなのアンダーでビジュアル最強くりなたん。うおお、この面子はおつよい
そして個々にコールできる三人ユニットはやはり最高ですね。

5342.png
さあお待ちかね、えれたんが出る「この世界が…」です。
一曲目の青月以外は敢えてコールを予習してこなかったと言いましたが、ここでどうするかです。この日はコールはしないでじっくりと聴いていました。

えれゆかユニットというとどうしてもじっくり歌い上げる曲という印象、というか先入観が強くて、しかし二回目見て(聴いて)実はこの曲はそうでもないことを知りました。意外とアップテンポでノリが良い曲で、メンバーのコールもできるしサビでハーイハイ!…も入るんですね。

5343.png
これまたおいおい慣れるとして、そもそもこの日はえれたんが見える時間が少なかった…(泣)
う~ん、やはり最後列は最後列ですね…その代わり曲中ずっと電光ボードを頭上に掲げていました。えれたんの方からはよく見えていた筈!

5344.png
さあさあ超お待ちかね、ジッパーのお時間です。
前回と同じエミリー、くりなたん、わかにゃんです。下手だった前回に対して上手なので、今日はくりなたんがよく見えるターンか、と思いきや実際には違いました。距離は遠いけれど前方の人の頭が被らず、よく見えたのはわかにゃんでした。

5345.png
自分は彼女の姿を見るのはこれが最後です。ここでわかにゃんのへそとくびれと肋骨がよく見えて、良い思い出になりました。

それはともかくとして(?)、無念の最後列ながらそれでも楽しいコール解禁初日のここ天、初めての通常公演への参戦。充実した時間はまだまだ続きます。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その三)

5357.png
≪2023年3月21日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 出演メンバー≫
秋吉優花・今村麻莉愛・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・田中伊桜莉・田中美久・地頭江音々・長野雅・馬場彩華・松岡はな・村上和叶・本村碧唯・山下エミリー・大内梨果・大庭凜咲

≪同セットリスト≫
影アナ:山下エミリー

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(地頭江)
6.何度も狙え!(田中伊、長野、馬場、松岡、本村)
7.おNEWの上履き(今村、栗山、竹本)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(秋吉、坂本愛、田中美、馬場)
9.ジッパー(栗山、村上、山下)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC
EN4.そういうことFebruary



5346.png
ユニット明けMCはこれまでと顔ぶれが変わり、この日初出演の六期生二人が出て来ました。りちゃきとりんかちゃん。二人ともよく見るのは初めてなので、これは好機です(小声

5347.png
りちゃきは愛嬌がありますね。美人!かわえええ!という系統ではないけれど、実に愛嬌がある。そして顔が円い!(笑)
分かりますか、さやまるは顔が丸いけど、りちゃきは円いのです。

りんかちゃんは力強い顔立ちの、これも洋風美人ですね。おでこまゆ毛ちゃんだし、個人的には全然刺さらない…

5348.png
後半戦へ。前回のここ天では58番に座り、後半曲がえれたん下手祭りだったので幸せな時間を過ごすことができました。

★劇場座席図(最新版)230321ここ天
レポのその一でも述べましたが、この日は253~255番が女性、256番がかなり背の高い人で、皮肉なことにステージの近い上手が見えず、反対に下手がよく見えました。距離は遠いけれど後半戦でえれたんの姿が見易かったのはせめて救いでした。

5349.png
とはいっても所詮最後列は最後列です。ずっとえれたんが見えるわけではありません。その時はどうしたかというと、勿論卒業を目前に控えて自分としては生で見るのはこれが最後のわかにゃんです。

そうしてわかにゃんのことを見ていたら、えれたんが側転に入る瞬間を見逃してしまいました。がーん

5350.png
まだこの公演を観慣れていないことを痛感しました。何度も通って体に沁み込んだ公演ならば、他の子を見ていても大事なタイミングは逃さないんですけどね。あっ!と気付いて側転の途中からえれたんを捉えましたが、これはやっちまいました(笑)

5351.png
リボントラブルで慌てるえれたんがかわええ(//∇//)

5352.png
DMMではずっと抜かれるわけではないから、一部始終を見ていられる現場の特権です。そしてこれが上手だったのですが、ぎりぎりよく見える位置だったのも幸運でした。

さあ、再び推し事の時間です。

5353.png
5354.png
本編最後のドガとバレリーナ、まずはペンラを手放します。そして一番では神秘的な美しい楽曲に耳を傾けました。えれたんがソロバレエを踊る二番に入るところで頭上に電光ボードを!(`・ω・´)
最後列でしかできないこの特殊オペレーション、ステージのメンバーからはどんな風に見えるのかちょっと気になりますね。



5355.png
ゴーゴーゴーゴー!「ゴーゴーゴーゴー!」
アンコールでも引き続きえれたん下手が多いです。よく見えるは見えるんですが、とにかく遠い…

改めて、この日がコール解禁というのは救われました。ここ天のコールを習得するという仕事ができたので、最後列でも楽しめました。

5358.png
最後の、不毛の土地を満開に…
この曲は独特の存在感がありますね。最初の歌詞は「ここには花は咲かない」
題名も含めてこれ、大阪ではアイドルは成功しない、大阪にアイドル文化は育たないと昔から言われていることにぶつけて書かれた歌ではないかと、私はそう解釈したのですがどうでしょうか。

5359.png
何故そうなのか、そんな風に言われているのか知らないのですが、とにかく、それとは反対の芸どころ福岡でこれを歌われても違和感がありますね。ここがオリジナルじゃないお下がり公演の痛いところなんだよなあ…



コール解禁の高揚感に包まれたまま無事に終演です。

5360.png
バイバイタイムではえれたんの姿を追いつつ、勿論ここでも頭上に電光ボードを掲げます。

最近はバイバイタイムではレスが貰えないことが多いと言いましたが、この日は違いました。えれたんから指差しの爆レス!しかもこの時えれたん、口を真横に結んで「よし!んっ」という表情をしてくれたのです。やばい、笑顔や手振りよりも嬉しいやつ(//∇//)(//∇//)
新作効果+頭上効果+顔馴染み効果で完全勝利!

5361.png
お見送りへ行きましょう。毎度気になるのは前の人が推しかぶりでないかどうかです。この日は前の人はエミリー推し、その前はまりあ推し、後ろの人はみくりん推しでした。よし完璧!
新作の電光推しボードをしっかり持って進みます。

えれたんは真ん中からやや後ろでした。てか一期~三期のベテランが後ろに固まっていました。無駄に圧が強い、ってか怖いww
声出し解禁なので、えれたんに声を掛けます。これも三年振りなのか、懐かしいな~
「新作作ってきたよー!」
「ね~、めっちゃ見えてたよー♪」
「ね~」が嬉しいですね、「ね~」が(//∇//)

そんなこんなで、最後列だったとは思えない満足感を持って退場です(チョロい)
ここにだって天使はいる、一回目に入った時に素晴らしいセットリストだと思いましたが、コール解禁でさらに魅力が増しました。一曲目の青月から盛り上がりが最高です。
さあ次こそはユニット曲のえれたんがよく見える、上手花道前の席でお願いしますよ!





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■私たちも、かもめ。プロジェクト駅巡りの旅(その三)

のんびり出発し、高速道路も使わず進み、小串郷駅に寄り道して…それでも夕方早い時間には、六つの駅全てを訪ねて等身大パネル撮影+スタンプ押印をコンプして巡礼活が完了しました。
ここからはおまけの旅行記としてその後の事を綴ってみます。久々にヲタ成分が全く無い記事ですが、たまにはこういうのもいいでしょう。刺身のツマのようなものと思いお付き合い下さい。



午後四時には長崎市内のビジネスホテルに投宿しました。この日は宿が混み合っていて、繁華街から少し離れたところしか空室がありませんでした。それでも一泊九千円とか、ビジホにしては高過ぎる…

しかし長崎県は旅行支援の割引きが継続していました。ワクチンの接種証明を忘れずに持参して、これで7,200円になりました。さらにこの宿は駐車場が無料でした。都市部のビジネスホテルの駐車場は800円から千円が相場ですから、この分を差し引けば六千円台の前半です。これならばビジホとしてアリと言える料金です。

IMG_2588.jpg
元がこの値段ですから、流石に広くてきれいで快適な部屋でした。早速一時間ほど昼寝(夕寝?)をしました。巡礼活をしつつ休養も兼ねるというこの日のコンセプトが見事に叶いました。

これで大浴場があったら尚よかったのですが…ただしユニットバスも広くてきれいで、湯を張って浸かろうと思えるものでした。

IMG_2581.jpg
夕寝と風呂でさっぱりしたところで、夜の街に繰り出します。

繁華街の中心部までは少々離れています。路面電車で行くのも味わいがあって良いですが、ちょうど日が暮れていく趣ある時間帯だったので、眼鏡橋などが架かる川沿いを散歩がてら歩いて行きました。これも風情があって素晴らしいです。長崎は良いところだなあ…

IMG_2582.jpg
この写真を撮影したのは18時51分でした。春分を過ぎたばかりでしたが、三月で夜七時まで日が暮れないとはさすが長崎w

思案橋までやって来たところで、とっておきの居酒屋1推しへ向かいます。ただし土曜日の夜七時です。満席御免だったとしてもおかしくありません。その通りでした。

IMG_2584.jpg
しかし持ち駒は一つではありません。すぐ近くのとっておきの居酒屋2推しを覗いてみると、席が空いていて無事に着席となりました。至福のひとときを過ごします。

IMG_2585.jpg
一時間ほど飲み食いしたところで、再度1推しを訪ねてみました。すると席が空いていたので迷わず入りました。1推しは魚介の店、2推しはおでんの店です。だから1推し→2推しの順番が理想的なのですが、土曜日の書き入れ時に両方に入れただけでも十分満足です。

IMG_2586.jpg
IMG_2587.jpg
ついとっておき町中華でちゃんぽんの締めに走ってしまいました(震)
でも長崎に来たならやはり外せません。



明けて翌3月26日の朝です。
泊った宿には朝食はありませんでした。何処かへ行って食べなければなりません。しかし長崎で朝から開いていて「らしいもの」が食べられる店って殆どないんですよね…

IMG_2589.jpg
事実上唯一の選択肢と言えるのがここ、南蛮亭です。しかしこの店は良いです。美味いし値段も手頃だし、何より長崎港のフェリー乗り場の中というのが最高です。出港案内を聞きながら朝食を食べるのは旅情があってよいですね~
駐車場が一時間無料というのもよきです。

朝のお得なセットが二種類。一番人気は五色うどん+おでん+ご飯の朝定食のようですが、私は前夜にとびきりのおでんを食べたばかりw
迷わず朝カレーセットにしました。

IMG_2590.jpg
出汁は上品で美味。細めでコシがあるうどんは福岡のものとはかなり違うけれど、これも美味いです。
カレーはふつーでした(笑)

腹ごしらえができたところでどうするかです。天気が良ければ野母崎まで往復するもよし、島原半島一周ドライブもよし、はたまた車を置いて路面電車で長崎観光もよし、と夢が広がるのですが、長崎は今日も雨だった…(泣)
空もどんより暗く、これでは野母崎も島原もあったものじゃありません。少々思案しましたが、結局は真っ直ぐ帰ることにしました。早く帰ったら帰ったでやる事はいくらでもあるからです。
折角車で長崎まで来たのに少々勿体ない気がしなくもないですが、悪天候で強行しても消化不良で中途半端な結果に終わるだけです。

帰りも高速を使わず無課金で走って来ました。西九州道の無料区間の破壊力が半端なくて、午前中のうちに福岡市内の自宅に戻って来ました。
この活動での総走行距離は356km、楽しいドライブでした!
家に帰ったところで結局昼寝して終わったとか言えない

IMG_2620.jpg
さて最後に、スタンプの個人的な評などを。
 なっぴ→似てない
 はぁち→全然似てない
 みくりん→やや似てる
 音々ちゃん→まあ雰囲気は伝わってると言えなくもない
 ここは様→表情で特徴を捉えてるかな
 ななちゃん→似てる!
 かれんれん→似過ぎてて草。しもぶくれ感www
 




↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年3月29日、SHUFFLE FUKUOKA(その一)

fc2blog_202304081836151da_2023040818455136e.jpg

三回目のシャッフク参戦です。ここまでえれたんが出演する三回を全て劇場で観られているのは有り難いことですが、何より有り難いのはまたしても界隈の方に良席を回してもらったことですm(_ _)m

よしもと劇場230329
B-16、二列目のドセンです。前の人が背が高いということもなく、というかそもそも劇場に比べてステージが高く見上げる感じなので、視界はごく良好です。
この席ならばえれたんが下手のSチーム、上手のFチームどちらに行っても至近距離で見ることができます♪

三回目の観覧ともなると安定感が出てきました。今回もえれたん生誕T着用、手にはツアーグッズの推し団扇という装備で参戦しました。



≪2023年3月29日、SHUFFLE FUKUOKA 出演メンバー≫
荒巻 美咲, 坂本 愛玲菜, 田中 伊桜莉, 馬場 彩華

fc2blog_20230408185715329_20230408185954cd1.jpg
えれたんの他のメンバーは俺のきゅうりちゃん、さやまる、そしてみるんちゃんがいました。

fc2blog_20230408185717b62_202304081859536e2.jpg
かつてはえれみるんは尊くて、この面子だったら俺のえれみるきたあああああとなっていたところでした。しかしそれも遠い過去の話になりつつあります。みさまるさんが丸三年以上もみさまるさんのままじゃ、流石に興醒めですよ…
それより俺のきゅうりちゃんの方が気になる

それはともかくとして(?)開演しましょう。

5363.png
シャッフクというのは劇場公演に比べてレスを貰える機会はごく少ないです。メンバーにとっても難しいのでしょう。開演の瞬間と終演の瞬間くらいしかありません。
開演早々、ごく一瞬軽くではありますが、えれたんと目が合ってレスがもらえました。良席+生誕T+顔馴染み効果はやはりつよい!(//∇//)

5362.png
そして自己紹介を兼ねたオープニングトークでは、この翌日が発売だった月刊エンタメのえれたんのグラビアの話題に。

えれ「布の範囲が狭めの洋服を…」
ほほお…もっと聞かせなさい( ̄∇ ̄)

5366.png
実は先にモバメで、えれたん史上最大露出であることが報告されていました。だからこれについては初耳ではなかったのですが、こうして本人の口から聞かされると生々しいですな。
たいへんよきです。
これだけでもこの日入った甲斐がありました。


5365.png
それはともかくとして(?)、そんなオープニングトークが終わったところでメンバーがマスクを着用するのが残念でした。
オープニングで延々10分以上もマスク無しでステージで喋っているのに、本編に入るところでマスクをすることに意味があるのでしょうか?

メンバーのかわいいお顔が見えないだけではありまえん。芸人の喋りだって、顔が見えた方がより面白いに決まっています。最初からずっとマスクをしていたのなら、まだ仕方ないのかとも思えますが、途中から着用というのは腑に落ちないですね…

5364.png
さて、こうしてメンバー四人並んで、そしてステージの近い推され席で見ると今日もえれたんの美脚が際立ちます(//∇//)
この顔ぶれだと尚更…
みさまるさんとさやまるさんは言わずもがな、きゅうりちゃんもかわいいお顔の割にはどっしりとしているんですよね。
てかこの子が美脚まで兼ね備えていたらたぶんドハマりしていたと思う

それはともかくとして(?)、いよいよ本編に突入。今回も波乱のチーム分けが行われました。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2023年3月29日、SHUFFLE FUKUOKA(その二)

IMG_2599.jpg
fc2blog_20230408185721eab_202304091505248c3.jpg
前回のシャッフクでは、上手の席に座っていたのにえれたんがSチームになってしまいました。ガッカリしていたら、どういうわけかその日だけルール無視してSチームが上手に!えれたんが長時間にわたって0ズレ至近距離にいるという、特上至福の時間を過ごしました。

5366_20230409150517d1b.png
今回のチーム分けくじ引きはどうでしょうか。

5367.png
5368.png
5369.png
ちょwwまたえれたんSチームでたった一人+芸人三人。デジャブ感www

さて、最初の企画ではスケブを持って絵を描く場面がありました。Sチームは座る場所は下手ですが、ここではえれたんが上手側に立ちました。ドセンの席でよかったと思える一幕です。
二列目の至近距離、えれたんの指の感じやネイルまでよく分かります(//∇//)

5370.png
もう何年も前のただ恋公演のレポで同じことを書いたのですが…
えれたん、指もすらりと長いんですよ。では綺麗な指かというと、そうでもないんですよね。細過ぎるが故に骨ばっているんです。それも凄いといえば凄いですが…

5371.png
5372.png
続いての徐々にテンションを上げていくという企画では、えれたんがハイテンションを表現するためにターン!
良席の特権で#えれあしftmmと見せパンもチラリと( ̄∇ ̄)

それはともかくとして(?)、この日の見せ場は残念ながらこれくらいでした。前回のようにえれたんが大活躍というわけでもなかったのもありますが、企画が面白くなくて全体的に盛り上がりを欠いていたんです。
ただし、今回もえれたんが罰ゲームパンストかぶりに!他の三人よりはおいしかったと言えます。

5373.png
5374.png
かぶる前にマスクを外すから、オープニングに続いて再びこの距離で素顔を見られたのもよきです。しかも髪をかき上げる仕草を間近で見られるとは(//∇//)

5375.png
5377.png
他のメンバーがえれたんの顔にパンストをかぶせていきます。前回は先輩と後輩だけだったので若干の遠慮があったのですが、笑いながらゴリゴリにかぶせにいくみるんさんw
ここで同期がいたのはある意味おいしいwww

5376.png
で、やっぱり顔が小さ過ぎてそこまでブスにならないという、前回と同じ展開に。もはやかわいいとさえ言えるレベル。う~ん、流石は俺のえれたん(?)

そんなこんなで、意外とあっさりと終わってしまった今回のシャッフクでした。しかしまたしてもこんな良席で観られるとは。改めていつもいつも界隈の方々には感謝ですm(_ _)m





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■その名は研究生公演

公 演 不 足 !(怒)

最近いくらなんでも公演が少な過ぎます。
毎日のように劇場公演をやるのがこのグループのコンセプトではなかったのか?そのための大人数であり、そのための専用劇場ではないのか?
昔はコンサートを全員出演にせずに、裏で劇場公演もやるなんて事が当たり前でしたよ。それに対して特に理由の見当たらない平日にまで休館日がある現状は看過し難いものがあります。


私の場合、えれたんが舞台の稽古期間に入っているため元々公演に出られないからまだいいものの、推しに特に外仕事がないのに公演で見る機会も無いなんて人の心中は察するに余りあります。もし私がその状況だったら激おこ(死語)ですよ(ぷんぷん)

せめて大型連休中も公演があることだけは評価しましょう。そう寛大な構えを見せていたら驚きの知らせが…


5378.png


研究生公演くるうううう!!
研究生公演…ああ、なんて心躍る響きでしょうか(笑)
あくまでパジャドラであり研究生公演を謳っているわけではありませんが、料金が千円安いという時点で公にそう言っているも同然です。

むろん手放しでは喜べません。前からしつこく研究生公演をやれと言ってきました。いくつかの現実的な困難があったとしても強引にでもやるべきだと。五期生だって16人いなかったのに研究生公演を強行したではありませんか。あれでいいんですよ。そして先輩達がやっていない演目を新人皆で作っていくのがいいというのに…
しかし取り敢えずそれは一旦置いておきましょう。これが研究生公演の布石となるかも知れないし、とにかくこの公演が実現したのはワクワクする事案です。



fc2blog_20230427192939ad3_20230427193917931.jpg

fc2blog_20230427192937e23_2023042719391661e.jpg

昼夜参戦!!wwww
同じ演目でのダブルヘッダーはTⅡの手つなでさえ経験がありません。一日に公演を二回観るのも初めてです。
研究生公演に対する並々ならぬ熱意が感じられますな(他人事)

それはともかくとして(?)、公演一回一回毎に成長していく研究生だからこそこれは非常に楽しみです。さらにユニット替えなどあるならしめたもの。
さあ見つけるぞー!(小声)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR