■2024年02月

■2024年1月17日、ひまわり組「パジャマドライブ」公演(その三)

≪2024年1月17日、ひまわり組「パジャマドライブ」公演 出演メンバー≫
生野莉奈・井澤美優・石橋颯・大庭凜咲・川平聖・北川陽彩・栗山梨奈・田中伊桜莉・豊永阿紀・福井可憐・松岡はな・山下エミリー・猪原絆愛・大内梨果・藤野心葉・安井妃奈

≪同セットリスト≫
影アナ:井澤美優

0.overture
1.初日
2.必殺テレポート
3.ご機嫌ななめなマーメイド
4.2人乗りの自転車
MC(自己紹介)
5.天使のしっぽ(井澤、大庭、田中)
6.パジャマドライブ(猪原、大内、北川)
7.純情主義(石橋、川平、福井)
8.てもでもの涙(栗山、松岡)
9.鏡の中のジャンヌ・ダルク(生野、川平、豊永、藤野、安井)
MC
10.Two years later
11.命の使い道
12.キスして損しちゃった
MC
13.僕の桜

EN1.よっしゃーHKT!
EN2.水夫は嵐に夢を見る
EN3.バケツを被れ!
MC
EN4.白いシャツ



後半戦へ。
TYLの歌い出しのメンバーコール、パジャドラ公演(再)が始まった当初は難しく感じていました。しかしパジャマドライブの下手ポジのメンバーがこの歌い出し担当になると分かったし、加えて実際にステージ上をよく見ていれば判別できるようになったので自信を持って叫べるようになりました。

6049.png
ところがこの日、きったっがわっちゃん!を打ちそびれてしまいました。
理由は単純、パジャマドライブではんちゃんしか見ていなかったので、そーいえば下手ポジにいたの誰だったっけ?という状態になっていたのです(笑)

6050.png
命の使い道、この日は大いに見応えがありました。センターポジションとはいっても実際にはシンメでいることが多く、いかにもセンターという場面は余りないものです。

6051.png
しかしこの曲の大サビではまさにはんちゃんがドセンター!これは見ていて高まる(≧▽≦)



アンコールへ。
ここでもいきなりいぶきにやられました(?)

6052.png
レポのその一でも述べましたが、以前のような超美脚とまではいかないけれど、色白で長い脚は今でも十分にきれいです。

そしてよっしゃーの2番でセンターからやや下手寄り、近くで全身がよく見える位置にちょうどいぶきが来たのです。

6053.png
ふおおおおおいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあしいぶあし(落ち着け)(はんちゃんどこ行った)
特に横向いて脚を上げるところは反則です。ftmmの付け根まで見えて絶景あんど絶景

それはともかくとして(?)、パジャマドライブのセンターに続くこの日の大きな見所が水夫でした。命の使い道の単独センター感のさらに上をいくのです。

6056.png
サビでセンターのメンバーを頂点とした三角形のフォーメーションになるのですよ。はんちゃんただ一人がステージの一番前!勿論ど真ん中の0ポジです。おおおおお、これは超絶高まる!!

6055.png
これまでに現場で経験してきたのとはまた少し違った高揚感がありました。何というか、誇らしいとでも言いますか。
思えば、自分の推しが劇場公演のセンターという経験が今までなかったのかも知れません。とにかく、これを見るためだけでもはんちゃんセンターのパジャドラ公演に足繁く通いたいと思える程でした。

6057.png
これがあっただけに、次の化株がちょっと残念に思えてしまいました。いぶきとダブルセンターのくるたんポジにはあきちゃんが。裏センターのみくりんポジはりちゃきでした。はんちゃんは下手の端のポジション。
折角センターポジションの公演だったのに、この曲が入ることによって純度が下がってしまったんですよね…

新曲を劇場で生で見られるのは勿論嬉しいことですが、この日に限っては蛇足に思えました。せめてはんちゃんが下手ポジで見やすかったのが救いでしたかね…

6058.png
ともあれ無事に終演です。バイバイタイムでは花道が近い席+電光ボードの破壊力が存分に発揮されました。はんちゃんから目と口を開いて指差しの爆レスいただきました(//∇//)
(DMMアーカイブにもばっちり抜かれてるw)

この席位置だとお見送りが始まっても暫くは前方のヲタさん達が流れて行くのを待つことになります。
そこで劇場に響き渡る「わあーっ!」「ひゃあああっ!」という甲高い声。
声の主は勿論いぶきでしたw

6059.png
生野、渋井がksgkと言われるけれど、真に凄いのはこの人だよね。もう18歳、表題曲のセンター様にして現役のksgkとかww
少し斜めに立って半身をヲタの方に乗り出すようにしたお見送りも、初めて脳パラで見た13歳の時から何も変わってないwww
まあこれは良いこと、尊敬すべきことでもあります。センターになろうが何も変わらず、驕らず、素直で、ファンに対するサービス精神旺盛。本当にこの子はグループの宝だと思います。

そろそろ自分もお見送りの番です。はんちゃんは先頭に立っていました。えれたんは絶対に立たない位置なので、なんだか新鮮です。
この日はんちゃんに掛ける一言は決まっていました。「センターよかったよ」これしかないでしょう。

6060.png
電光ボードをしっかり掲げてはんちゃんの前へ。すると私が口を開くより先にはんちゃん「めっちゃ光って見えてたよ~、ありがとう!」
おおっ、はんちゃん推し活初日、電光ボード初日だった一週間前よりもレスが厚い!(//∇//)
しかしデレデレしている場合ではありません。センターポジションをしっかり見届けたことを伝えるのは必須でした。
私「センターよかったよ~」
は「あ~、ありがと~♪」
久々にかなり粘ってしまいました。最近はえれたんの前でもここまでは粘りません(小声)

繰り返しますが、推しメンがセンターポジションの公演というのは他にたとえようのない高揚感と誇らしさがあります。ポジ被りのくるたん、ゆえるがいない時ははんちゃんがセンターと思っていい、という法則も分かりました。はんちゃんがセンターのパジャドラ公演、次も必ず見たいし、なんなら全通したいとすら思います。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2024年1月22日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その一)

1月10日のパジャドラ公演は、まさかのえれたんが直前に休演になるという予期せぬ展開でした。何という運命の巡りか、結果として修羅場を回避したわけですが、とにかく思ったのは、えれたんとはんちゃんが両方出演する公演は当面申し込まないでおこうということでした。

ところがそんなことを言っている場合ではなくなりました。チームKⅣは現在15人で、一人欠員しています。その助っ人の一番手が他ならぬはんちゃんで、KⅣ公演に出まくっているのです。この日の出演メンバーが発表された時点で出ていなかったのは、恐らくさあや生誕だけでした。
(その後りんかがここ天を覚えて少し情勢が変わってきましたが)
とにかく、このままではここ天が観られません。年が明けてからまだえれたんに一度も会っていないというのに…
はんちゃんには二回も会ってる

IMG_3843.jpg
そして真の問題は目下のこの状況だけでなく、その先にあります。
もし現体制のままではんちゃんが昇格するとなったら、昇格先は100%チームKⅣだということです。生野、渋井がHに行った時点で当確も同然でしたが、KⅣ助っ人一番手、フル回転の現状を加えて考えれば断言していいでしょう。完全にKⅣに囲われています(笑)
Hもおいもちゃんが卒業発表して春には欠員が出ることになりますが、ここまでくればKⅣの先輩連中もはんちゃんをHに渡したくないと思っているでしょう。
はんちゃんがKⅣへ…そうなんです、当面は二刀流不可避、修羅場不可避だということです。だったら一日でも早く修行、鍛錬の場に身を投じた方がいいですよね(なんなんだ)

そんなわけでここで新年初ここ天、初えれ推し活となったわけですが、装備をどうするかです。
結論を先に言いますと、取り敢えずこの日ははんちゃんのことは考えないことにして従前通りのえれ推しフル装備で参戦しました。えれたんの生誕T着用+えれたん推し電光ボードです。

IMG_3156.jpg
二刀流などと口で言うのは簡単ですが、実際には高度な技術と瞬発力が要求され、すぐにはとても無理です。
1月10日のパジャドラ公演のお見送りで、もし予定通りえれたんとはんちゃんが両方いたら…とシミュレーションしながら歩きました。そこで分かったのは、もし二人の立ち位置が思い切り離れていたとしてもかなり忙しいし難しいであろうということです。

IMG_3840.jpg
そこで考えを改めることにしたのです。二刀流なんて自分には無理。えれたんが卒業するまでは、二人がいる公演ではえれたん装備で参戦しようと決めました。はんちゃんに対しては、この件について釈明の場(?)を設けたのでそこで話し合おう(?)と思っています。

なんだか意味不明の前置きが長くなってしまいましたが、毎度気になる席位置は何処でしょうか。
前回、1月17日のパジャドラは本当選民の中で最後列でした。空席が多かったから席位置それ自体は干されとは言えなかったものの、干されターンだったと捉えていいでしょう。
ならば今度こそは最前列でしょう。最前に呼ばれなさ過ぎておかしい問題にいい加減終止符を打ちたい。ここ天だからどうせなら下手がいい。よし、今日は下手の最前だ!3番か、それとも4番か?!





fc2blog_202401242011050d6_202401242014416b4.jpg

おおん…

★劇場座席図(最新版)240122ここ天
列に関しては、まあそんな日もあるさと思えます。それは仕方ないとして、上手の端って…
これ、後半戦からアンコールでえれたんが死ぬ程遠いやつやん…( ;∀;)

もう一つ問題があります。この座席図、(作って下さったしなももんが#さんにはたいへん失礼ながら)記号的なものであって厳密な俯瞰図ではありません。具体的に言うと、これを見ると花道と座席の間に空間があるように見えますが実際はそうではなく、完全に接しています。

★劇場座席図(最新版)240122ここ天ex
実際にはこの189番の席は上手花道の左半分の先端にベタ付きしていて、図示した位置と思ってもらえば分かりやすいかと思います。
で、これの何が問題かと言うと、花道の柵が邪魔して電光ボードがとても出し辛いのです。バイバイタイムでこの弊害が…(泣)

このように良い事が何一つない席に追いやられたわけですが、捨てる神あれば拾う神あり。こんな私を救ってくれる四つの出来事があり、一応は消化不良にならず満足して公演を観終えることができました。
救いの一つ目はこれです。

6061.png
「本えれたんの影アナきたー!(≧▽≦)
これを聞くのも久し振りですが、ただの影アナではありませんでした。影アナで伏線が張られるという珍しい展開です。その台詞がこちらでした。
「……本日の影アナは私坂本愛玲菜ですが、とっても緊張しています!」
大ベテランの三期生が何を今さら緊張?って感じですが、実はこれがさらなる救いの出来事に繋がっていきます。

それはじきに分かるとして、先に第二の救いの出来事を述べましょう。斜め前の席、166番が空席だったのです。これはかなり大きい、有り難かったです。さらにはその斜め前、143番も空席!
お陰でステージ全体がすかんと見渡せました。前の人がやたらと背が高くて視界の一部が遮られるストレスが続いていたので、メンバーはちょっと遠いけれど代償として視界良好、気分を変えることができました。



6062.png
さあ開演ですが、出だしでえれたんは下手にいます。や、やっぱり遠い…
これまでのここ天だったらテンションが上がらない状態で始まってしまいましたが、はんちゃんが上手の一番端にいました。つまり幕が開いた時、自分に一番近いメンバーがはんちゃんだったのです。

6063.png
こ、これはどっちを見るか迷う(小声)

それはともかくとして(?)、最初こそ下手にいるえれたんですが、すぐに上手に移動してきます。えれたん推しがこの公演で上手の端の席で報われるのは、僅か三曲くらいしかありません。貴重な場面に神経を集中します。

6064.png
すると、ヘイヘイヘイに行く直前、上手の花道の付け根あたりの位置から指差しの爆レスもらいました(≧▽≦)
実は途中まで左隣も空席だったのです。お陰で序盤は辛うじてステージから見えやすい位置に電光ボードを掲げることができました。その成果でしょう。

そんなこんなで悲喜こもごもで公演が始まったわけですが、やがて初めて経験する推しが二人いる公演というものがこんなに疲れるものなのか、と思い知ることになるのです…
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2024年1月22日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その二)

★劇場座席図(最新版)240122ここ天
後方で且つよりにもよって上手の端。後半戦からアンコールでえれたんが死ぬ程遠い上に、花道の柵が邪魔して電光ボードも掲げづらい。何も良い事がない糞席に追いやられて涙目になっていたわけですが、四つの救いの出来事のお陰で一応は満足して公演を観終えることができました。

救いの一つ目はえれたんの影アナが聞けたこと。
二つ目は斜め前の二つの席、166番と143番が空席で、ステージ全体がよく見えたこと。

6071.png
レポのその一でここまでは報告しました。救いの出来事の三つ目とは何でしょうか。
実はこの日の開演前、えれたんから来たモバメにこんな記述がありました。「緊張する、でも楽しみ」
えれたん推しの私はこれだけで即座にピンと来ました。えれたん推しでなくとも、こう聞かされたならすぐ分かった人もいたでしょう。ここにさらに影アナでも「緊張しています!」なんて言ったものだから、もう間違いありません。生誕祭以来四か月もやっていなかったdead bodyに二度目の挑戦、これしかないでしょう。

99%間違いない、と確信していましたが、でも100%ではありませんでした。もしかしたら上履きをやってユニット制覇、という可能性もなくはないです。大ベテラン、11年目の23歳がこの期に及んであのブリブリ曲をやるとなれば、別の意味で緊張するだろうよ(笑)
もし自己紹介MCの立ち位置が一列目ならばdead bodyが100%確定します。
…そう思っていたのですが、自己紹介を待たずして、思わぬところで99%が100%に、いや150%になったのです。
カトレアの間奏で、四人一組になってステージの前に出てきて決めポーズをします。大体どのメンバーもピースまたはぶりっ子ポーズをするもので、えれたんもこれまではそうでした。
ところが…

6069.png
6070.png
えれさん、ここでギターを弾くポーズを!なんかぶっこんできやがったwwwww
(しかもドヤ顔w)
で、当然自己紹介は一列目という展開ですww



≪2024年1月22日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 出演メンバー≫
井澤美優・今村麻莉愛・江口心々華・大庭凜咲・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・立花心良・田中伊桜莉・地頭江音々・福井可憐・松岡はな・森崎冴彩・山下エミリー・渋井美奈・猪原絆愛

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本愛玲菜

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(坂本愛)
6.何度も狙え!(江口、大庭、栗山、立花、渋井)
7.おNEWの上履き(今村、竹本、福井)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(井澤、地頭江、松岡、森崎)
9.ジッパー(栗山、田中、山下)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC
EN4.バケツを被れ!
EN5.そういうことFebruary



ユニット曲へ行く前に、少し話を戻します。

6065.png
青月のヘイヘイヘイにいく直前にえれたんが指差し爆レスをくれたと言いましたが、ヘイヘイヘイでえれたんは上手花道の四人組の中で一番先頭、いつものポジションです。
この席に座っている私にとって、この公演でえれたんが最も近くまで来る瞬間です。一番の見所が一曲目で終わるっていう…( ;∀;)

6068.png
テンションだだ下がり不可避ですが、これまでのここ天と違ってはんちゃんの存在が救いとなります。えれたんが見え辛い時ははんちゃん。常々述べていますが、推しメンが見えない時に見るべき二番手がしっかり定まっている公演は見応えがあっていいものです。
本当にえれたんが見えない時だけだろうか

6066.png
それはともかくとして(?)、ではえれたんもはんちゃんも見えにくい時はどうするのか。ここで視界に飛び込んで来たのが渋井ちゃんです。この日の公演はここ天に出演する渋井ちゃんも注目ポイントでしたが、こちらから探すまでもなく問答無用で視界に入って来ました。

話は単純にして明快、かわいさで目を引くからです。

6067.png
六期生各人もデビュー時からずっと見ていますが、やはりこの子は抜きん出たものを感じます。この日改めてそう思い知りました。
単にルックスが良いだけでなく、存在感、華があるのです。キラキラしたオーラを纏っている。これはアイドルとして何より大切なことです。この点、渡部のあーちゃんと同じものを感じます。元から48Gが大好き、ガチヲタであることが完全に良い方向に転化されている。

推しメンでも好きメンでもないけれど、常に注目していたいメンバー。いや注目せざるを得ないメンバー。渋井ちゃんはきっとこの先ずっとそうでしょう。この点においてもあーちゃんと一緒です。
勿論方向性は完全に同じではないし、持っているものも違います。しかし少なくとも私の中の扱いはこのようにあーちゃんと一緒なのです。

3696.png
あーちゃんは本店ヲタで、横山ゆいはん推しでした。彼女は本当はAKB48に入りたかったのに、ドラフト制度に翻弄された。それを知っていたから、心の中にわだかまりを残していないのだろうか、本当にHKTに骨を埋めてくれるのだろうかとハラハラするものがありました。
だからこそドラマがあったとも言えるのですが、結局は彼女の早過ぎた卒業に繋がっていたと思えてならないのです。

これに対して渋井ちゃんは福岡の人だし、推しは同グループの先輩松岡はなです。これでこそグループの未来を託せるというもの。そうはいってもグループの人気が落ちている、ファンの数が減っていることは否定できません。行く末は不安しかない。
でも、それでも渋井ちゃんやはんちゃんがセンターの座を争う日が遠からず必ずやって来ると思うと、わくわくを止められません。よく来てくれたと胸が熱くなるのです。



渋井ちゃんについて語っていたら長くなってしまいました(笑)
そろそろユニットへいきましょう。

6074.png
もうここまでくれば明らかですよね。糞席に甘んじた私を救ってくれた四つの良い出来事、その三つ目はえれたんのdead bodyが見られたことです。

6073.png
生誕祭で披露するのを劇場で見届けたはいいものの、その後二回目をやる気配が一向になく、このままお蔵入りなのか、勿体ない…とずっと思っていました。変哲もない平日の公演でえれたん二回目のdead bodyも生で見られるとは、俺氏もってる!(≧▽≦)

6075.png
はっきり言ってギターはまだまだです。素人の私でもそう分かる程。得意の歌もギターが足を引っ張ってしまい、えれたんの実力には程遠いです。歌声が滑らかに繋がっていかず、細切れに音をぶつける感じなのです。
でもこれは分かっていた事。何せ四か月ぶりの二回目ですよ。えれたんがdead bodyをやる姿を見られただけで十分に満足です♪

そして上手い下手よりももっと興味深いことがありました。カトレアの間奏でニコニコしながらギターポーズをしたことからも分かりますが、緊張するし大変だけれど、えれたんの中では楽しいが勝っているんですよね。

6076.png
音々ちゃんが以前このギター演奏を重荷だとか、ギターのせいでここ天公演が十分に楽しめていないと言っていました。それ言っちゃっていいのか、とも思いましたが、えれたんと対照的です。
音々ちゃんは「どうせやるならちゃんと弾かなきゃ。間違えてはいけない」という性格でしょう。一方でえれたんは「まだちゃんと弾けないけど、どうせやるなら楽しまなきゃ。うぇ~い」です(笑)
どちらがアイドル向きの性格かと言えば、明らかにえれたんの方。ところが人気や序列で勝っているのは音々ちゃんです。つくづくこのグループは複雑で難しいと思いました。複雑で難しいからこそ魅力が尽きないのだとも言えますが…

レポのその二は語りが多くなりましたが、さらにもう一発語ってみましょうか。
前にここちゃんセンターの何度も狙えはかなり見応えがあったのですが、あれは微妙な表情が見える前方席ならではでした。この日の席ではいつもの退屈な休憩タイム化してしまいました。サクッと上履きへ。

6077.png
ここではセンターのくるたんから目が離せなくなりました。こんなに可愛かったっけ?!

6078.png
五期生の彼女のこともデビューからずっと見てきました。かわいいなんて百も承知でしたが、この日はさらに鋭さが増しているというか、漲るものを感じました。
二十歳も目前、固い決意のもと大学との両立を決め、遂にシングル表題曲のダブルセンターに…

6079.png
まさに今がアイドル人生のピークでしょうが、そのピーク感が強くて危険にすら感じられたのですよ。眩し過ぎて見ていられないくらいで、背中がゾクッとしました。
そんなに輝いたらすぐに燃え尽きちゃうよ、お願いだからセーブして…そんな思いが湧き上がりました。

両立を決意したからには大学を卒業するまではいてくれると思いたいですが、それすらも保証されない儚さを感じました。儚いからこそ美しく、それがアイドルなのかも知れませんが、命を削って今この瞬間ステージで輝いているかのようでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2024年1月22日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演(その三)

≪2024年1月22日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演 出演メンバー≫
井澤美優・今村麻莉愛・江口心々華・大庭凜咲・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・立花心良・田中伊桜莉・地頭江音々・福井可憐・松岡はな・森崎冴彩・山下エミリー・渋井美奈・猪原絆愛

≪同セットリスト≫
影アナ:坂本愛玲菜

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(坂本愛)
6.何度も狙え!(江口、大庭、栗山、立花、渋井)
7.おNEWの上履き(今村、竹本、福井)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(井澤、地頭江、松岡、森崎)
9.ジッパー(栗山、田中、山下)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC
EN4.バケツを被れ!
EN5.そういうことFebruary



6080.png
上履きセンターくるたんの輝きとピーク感が強過ぎて儚さや危うさを感じてしまったわけですが、だからこそ若手かれんれんの対照的な姿もまた印象的でした。ここ最近でかれんれんのしっぽ、純情主義センターと見てきてこの日上履きだったわけですが、どの曲もちゃんとハマっているのです。

ダンスも凄いし、このマルチプレイヤーぶりには感心します。それが人気に直結するかというと別問題なのがアイドルの難しいところですが…

6081.png
雪の歌ははぁちがセンターでした。実は少し前、えれゆかがいるのにその真ん中で同じようにセンターで歌ったことがありました。これはいじめか?と思ったのですが(笑)、この日も歌える音々ちゃんとさあやがいました。

初めは一体何のために、と思ったのですが、今後の公演のための早めの準備だったのだと理解しました。結局は生誕祭でも雪のセンターでしたからね。

6082.png
いつメンの三人がいつも通りに脱いでユニットは終了です笑笑



★劇場座席図(最新版)240122ここ天
後半戦へいくわけですが、改めましてこの日の席は189番でした。繰り返し述べてきた通り、えれたん推しならばここ天公演は絶対に下手がいいです。

6083.png
初めての星なんてえれたんは下手の端に固定だし、側転も下手の端。リボンは途中まで上手寄りだけれど、大サビで下手花道、からのラストも下手の端です。情熱ハイウェイもずっと下手。2月の歌もずっと下手。

後方で且つ上手の端とはまさに最悪。ここからとにかくえれたんが遠い時間が続くわけですが、ここで救いの出来事の四つ目が満を持して発動します。

6084.png
そう、はんちゃん上手多めなのです(小声)
いやでも、これにはマジで救われました。後半戦からずっとはんちゃんが上手多めで、えれたんと対照的な立ち位置でした。ここ天公演でえれたんがいつどこにいるかは完全に把握しているので、遠くて見えにくい時はずっとはんちゃんを見ていました。

そして一つ、凄いパフォーマンスがありました。
100年先でもで、上体を後ろに反らせながら円を描くように回す振りがあります。かなりきつい体勢だと思うのですが、ここではんちゃん、上体を反らせながらも迷いなく鋭い視線で真っ直ぐ客席を見据えているのです。これには痺れました。推し贔屓抜きに見ても、これができる六期生が他にいるでしょうか。凄いですよ。

6085.png
この日の公演ではえれたんの生誕祭以来、コールをごりごりに頑張りました。席を干された時はこれでしょう。公演は後ろから盛り上げる!

6086.png
6087.png
それだけではありません。最大声量の全力コールで応援しなければならないメンバーが、えれたんの他にもう一人増えたのです。だから終わった時にはぐったり疲れていましたw
(ぐったり疲れた理由はそれだけではないが)

6088.png
上手の端という糞席でも、全てが悪い事ばかりではありません。遠いからこそ気付くこともあります。ドガのえれたん、バレエを舞うその姿は細い身体に小さい顔、長い脚が一層際立ちます。ああ、なんて美しい…これは眼福でした。



6089.png
アンコールへ。情熱ハイウェイの大サビで、上手花道の先端までメンバーが来ます。目の前!超至近距離!

きゅうりちゃんとまりあでした。流石にここまで近ければ推しでなくともそのメンバーを見ますよ。しかもえれたんは下手花道という劇場内で最も遠い所なので(笑)尚更です。

6092.png
6090.png
この日はえれたんの化株も初めて見ることができました。それも裏センターのみくりんポジです。これはおいしい(≧▽≦)
一方で、これはみくりんから直々に託されたのだろうな、とも思いちょっと寂しくなってしまうのでした…

6091a.png
そしてはんちゃんはパジャドラ公演の時とは違う、上手側のポジションでした。色々と俺得、受け取るものが多くてお腹一杯です。さらにはここでもえれたんとはんちゃん、二人を全力でコールしたのでぐったり消耗しました(笑)



そんなこんなで無事に終演しましたが、バイバイタイムで盛大に滑りました。折角花道の先端、目の前も目の前までメンバーが来てくれるのに、柵が邪魔して電光ボードが掲げづらいのです。いつも掲げる高さをちょうど横棒が横切っているし、それより高くしようとすると自分が前が見えません。

6095.png
そこで横棒を避けていつもより低い位置で掲げました。ところがメンバーは立見席などより遠くのファンを見逃さないようにしているから、基本的に目線が遠め、高めなんですよね…
つまり目の前の低い位置にある私の電光ボードは、いかにも見落としやすい位置なのです。えれたんとも目が合ったのかどうか、というところでした。

6093.png
しかし最近ではバイバイタイムに多くは求めていないので、べつにいいです。問題はお見送りです。
えれたんは後ろから確か三人目だったか。下手寄りのいつもの好きな位置です。そして若手の六期生が前側の上手に陣取るのは完全に通例となったようです。この日もそうだったのですが…

実に半数の八人が六期生だったわけですが、よりにもよって(?)はんちゃんが六期の中で最後、一番下手側だったのです。えれたんと近い!(震)

6094.png
とはいっても、レポその一の冒頭でも述べました。この日ははんちゃん推し要素はゼロです。つぼみ千秋楽の大事件、からのパジャドラ公演電光ボード二連発で顔を覚えられている可能性はありますが、とにかくノーアクションでささっと通り過ぎました(小声)

そしてえれたんの前へ。前の人が少し粘ったのでえれたんと目が合うのが遅れましたが、問題のない範囲内です。
えれたん、まず電光ボードと私を見て、くしゃくしゃの笑顔で「あぁ~っ!(≧▽≦)」
そこで私「今年もよろしくね~」
するとえれたん、片手を振っていたのを両手ふりふりにして「よろしくね~♪」と(//∇//)
このやり取りができたので無事にミッション完了です!

6096.png
ここ天公演に通うからには、今後もえれたんとはんちゃんの同時出演は避けられないでしょう。えれたん装備は基本として、はんちゃんに対してどう出るかが喫緊の課題となりそうです(さらに小声)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■参号機落成

fc2blog_20240120103427875_202401201038222c5.jpg
※画像と本文は一切関係ありません(?)


「二刀流」
この言葉を聞けば、全世界の人が大谷翔平を思い浮かべるでしょう。今や世界最高の野球選手とまで評される若き英雄。彼のためにあるようなこの言葉を使って語るのもおこがましいですが、時を同じくしてアイドルヲタクのおぢさんが福岡の街の片隅で二刀流を頑張ろうとしているのです。
(一体なんなんだ)

KⅣのここ天公演には従前通りにえれたん装備で行く、はんちゃんに対してどう出るかが目下の課題だと先日述べました。はんちゃんセンターのパジャドラ公演ははんちゃん推し電光ボードで行くとして、ここ天で完全無装備というのも寂しいです。
いや寂しいというより、前回のここ天のお見送りではんちゃんを無視するかのようにノーアクションで通り過ぎたことに、自分自身強い違和感を感じてしまいました。
そしてはんちゃんにしっかり認知されれば「ふーん、ここ天ではえれなさん装備なんだ…」となってしまいます(震)
そこでここ天に入る際にえれたん推し電光ボードの陰に隠して(?)、やや控えめなはんちゃん推しグッズを同時に携える必要が出てきました。



IMG_3882.jpg
どーん
推し団扇というものを生まれて初めて作りました。私はパソコンでこういう物を作ったりする知識も技術もないので、電光ボードと同様に専ら手作業です。そして手作りの物はメンバー受けが良いのも経験から分かっています。
とはいっても、現場に行くと周りのヲタさん達の団扇のクオリティの高いこと…

それらに比べると最低限のもの、という印象ですが、初めて作って、それも手作業でこれなら及第点でしょう(自分で言うスタイル)。

IMG_3883.jpg
つくづく感心するのは、材料が全て揃ってしまう百均の神っぷりです。夏の日に扇ぐという本来の目的からすればやたらと大きくしかもハート型、且つ黒い紙が貼ってある団扇も有り難いし、切って貼るだけの超絶便利な蛍光カッティングシールなど二枚組で100円ですよ。団扇にカッティングシール二色、団扇カバーも買ってたったの400円(+税)とか!
初めてだったので三時間以上かかりましたが、慣れてくれば作製時間を大幅に短縮できそうです。裏側にセロファンを貼り付けねばならない電光ボードに比べれば遥かに楽なので、今後は生誕祭とかの時にばんばんワンオフ物が作れそうです(沼ってるw)



さてこの参号機、折を見て製作に取り掛かればいいや、というくらいに思っていたのですが、まさかの落成を急がねばならなくなる事案が発生しました。昨日のここ天バレンタイン公演に参戦してきたわけですが、この公演、助っ人はりんかの予定でした。
はんちゃん推しとしてはKⅣ助っ人の筆頭、助っ人枠独占の状態でなくなったのは悔しくもあるのですが、一方でえれたんに集中できるので安心安全(?)とも言えます。ゆったりと平日のバレンタイン公演を楽しもう。そんな風に呑気に構えていたのですが…


fc2blog_202402110819425d4_2024021108415113d.jpg

ちょwww安全公演じゃなくなったっていうwwwww
席を干され、さらにお見送りでえれたんとはんちゃんが離れていれば特に危険ではありません。しかし状況によっては逆に公演開始即修羅場ということもなくはないのです。
ともあれえれたん推し電光ボードとこの新作はんちゃんうちわ、ダブル装備で公演に入ってきましたよ。果たして結果はどうだったのでしょうか…後日上がる公演レポの記事に乞うご期待(?)

それにしてもかつて「あれこれ物を持って公演に入るなんて野暮、ペンライト一本ポケットに入れて劇場に行くのがいいのだ」などと語っていたのに、どうして私はこうなってしまったのでしょうか…(震)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■一生ヨロシクHKT

この表題を見てすぐにピンとくる人は、HKTのファンであってもそう多くないのではないでしょうか。ヒントは、とあるオリジナル曲の歌詞、その最後の一節です。曲名、分かりますか?

答えは「ファンミーティング」。092のアルバム曲です。
アルバム曲というだけでも地味な存在ですが、TYPE-CのDisc2にだけ収録されている超マイナー曲です。ついでに言うと特に名曲、神曲というわけでもありません。平凡な曲です。
しかし一部のファンはこの曲に思い入れを持っている筈です。私もその一人です。


この曲にはクレジットが特記されています。歌唱メンバーは、F24。そう、F24の博多座フレコンのテーマソングという位置付けで扱われ、当時繰り返し流れていたのです。
三期生推しの私はこの曲に強い思い入れがありますが、単なる思い入れでありません。歌詞の最後の一節「一生ヨロシクHKT」が妙に胸に刺さったのです。

ちょうど1,000件の記事をもって完結した前ブログ、その最後の記事で私はこのように綴りました。
「アイドルヲタクは一生続けられる素晴らしい趣味です」と。
今も変わらずこの思いを持ち続けているからこそ、この何気ない歌詞が胸に刺さったのです。

DwZB-CtVYAAOsC6.jpg
とはいえ、フレコンが終わり、F24が事実上の終了を迎え、この歌詞も一旦胸の奥に眠ることになります。
ところが二年半の時を経て、この「一生ヨロシクHKT」という言葉を鮮やかに思い出す出来事が起こりました。HKTの単独リクアワです。当時のレポ記事を振り返ってみましょう。自著の引用を続けるというのも芸がないですが、今回はしばしお付き合い下さい。

「なんて素晴らしい場面、なんて素晴らしいグループでしょうか。
ファンでいることをこうも誇らしく思ったことはありません。そしてこれからも。
これを見て、改めて誓ったんですよ。一期生の最後の一人が卒業するまで、心から声援と拍手を送り続けると。」

4299.png
リクアワの最後の場面に心が震える程に感動した私は当時このように綴ったわけですが、思いは一期生に対するものに留まりませんでした。

アイドルヲタクは一生続けられる素晴らしい趣味……一生ヨロシクHKT……
私は元々狭く深く、熱しにくく冷めにくい典型の性格です。昔からアイドルが好きでしたが、こんなにも愛したグループは他にありません。福岡に住むことになったのも何かの縁。終生このグループのファンでいよう、胸を張って応援し続けよう。涙を流しながらそう心に決めたのでした。



IMG_2706.jpg
さて話は少々変わります。去年から今年にかけて、六期生の中から未来の推しメンを探すと繰り返してきました。
昔から私のブログを読んで下さっている人、私と親交のある人の中には、これに違和感を覚えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
元々私は「推しメンを探そう、見付けよう」という考えを持たない人間でした。結果として好きになったから推す、というスタンスです。推しメンがいないから見付けたい、探さなければ、とは思わないのです。

では何故この考えが変わったのか。それこそが「一生ヨロシクHKT」に繋がっていくのです。

yumehitotuoffshot160906a.jpg
前推しのちーちゃんが卒業した時、余りに喪失感が大きくて悲しみに沈み、そして一度はヲタ卒しました。しかし箱推し感情が強くて成仏できず、このように戻って来てしまったわけです。

DSC07915.jpg
えれたんという心から好き、推したいと思えるメンバーに再び出会えたお陰でここまで幸せな日々を過ごさせてもらいました。ではえれたんが卒業してしまったらどうするのか。間違いなくその日は遠くありません。

ちーちゃんが卒業した時と今とで決定的に違うのは、終生このグループのファンでいようという思いが胸にあることです。しかしえれたんが卒業した時にその喪失感と悲しみに耐え、一生ヨロシクHKTであり続けるにはどうすればいいのか。
だからこそ六期生の中から未来の推しメンを探す必要があったのです。



5402.png
推しメン探しの旅は二転三転、迷い道が続きました。
六期生で最初に気になったのはざわちゃんでした。かわいさは文句なし、いかにも育ちが良さそうな上品なところがどストライクだったのです。しかし比較的短期間で「なんか違う」となったのです。

5415.png
その後、一度は江口のここちゃんに行こうとしました。童顔で小顔、小柄で細身で色白…私の好物の見本市のようです(笑)
しかしここちゃんも「やっぱりなんか違う」となりました。

5867.png
結局は一年半の旅路の果てにはんちゃんという安住の地(?)に辿り着いたわけですが、それも土壇場まで燻っていました。最後の一押し、決定的なきっかけが足りないと思っていたところに2023年12月27日の大事件が起こり、とうとう長い旅が終わったわけですが、あれがなかったら未だに旅半ばの迷いの中に在ったかも知れません。

私は昔から、人生において行く末を左右する重要な場面、転機において、偶然の巡り合わせや運こそがその最も大切なきっかけであると考えています。
真面目に生きること、一生懸命にやること、努力をすること。どれも大事だと思います。しかし偶然の運や縁、巡り合わせの強大な力の前に、時にそんなものは軽く吹き飛んでしまうのです。

5996.png
そんな私にとってはんちゃんから番号を呼ばれるという0.35%の奇跡は、まさにこれ以上ないトドメでした。

そうはいっても、元から気になっていたからこそあの大事件が最後の一押しになったのであって、もし全然興味のないメンバーから生写真にサインをもらったとしても事件でも何でもないイベントでした。
去年の秋頃、こう繰り返していました。不意にはんちゃん株が急上昇したものの、どうしてなのか自分でも分からない。入口に心当たりがない、と。

5878.png
しかし今思い返せば、心の中で潜在的にはんちゃんに向かわせていた要素が一つだけありました。それこそがまだ12歳という彼女の若さです。アイドルであるからには若さこそは絶対正義。どうせ推しメンを探すのであればより年齢が低い子がいいに決まっています。

IMG_3834.jpg
大事件を報告した記事の最後を「えれたんが卒業しても、あと十年は戦える…」と締め括りました。我々世代の大好物、某ガンダムに出てくる台詞を引用したものですが(笑)、実際のところえれたんとはんちゃんはちょうど十歳差です。もしはんちゃんがえれたんと同じ歳までアイドル活動を続けてくれたとしたら、シャレでもネタでもなく本当にあと十年は戦えるのです。

もしその時まで元気にヲタクを続けられていたとしたら、「はんちゃんがいつ卒業してもいいように、十期生の中から未来の推しメンを探す」とか言っているかも知れません。その日を楽しみにお待ち下さい(笑)
一生ヨロシクHKT。





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2024年2月14日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」バレンタイン公演(その一)

助っ人はりんかではんちゃん不在。この日は安心安全(?)公演だ、いや~お願いヴァレンティヌ楽しみだなーなどとお気楽に構えていたところ、休演の代打で結局はんちゃんが出演するという…

またしても目が眩むような展開ですが、これもはんちゃんがKⅣ特待生候補であるからこそです。これは勿論良いこと、嬉しいことです。先日報告した通り、メイン機(?)のえれたん推し電光ボードに新たにサブ機(?)のはんちゃん推しうちわを加え、ダブル装備で参戦してきました。

IMG_3884.jpg
席位置やお見送りの二人の立ち位置次第では修羅場になりかねませんが、劇場に入る前からそんなことを心配しても仕方ありません。それよりもまず気になるのはやはり席番です。
ここで浮上するのが、ここ最近再燃してきた「最前列はどげんなっとーとや問題」です。新劇場になってからここまで入ること67回、最前列に呼ばれたのはたったの一回です。どう考えても確率がおかしいし、その一回もここ天公演において一番望まぬ上手の端、15番という末席でした。
今度こそは呼ばれるだろうと思った前回のここ天でも189番。列もさることながら、上手の端っこというえれたん推しにとっては最悪の干され席でした。

今日こそ、今日こそは最ちょっと待ったああ
実は2月3日のここ天公演に当選していて、これに入る予定でした。


fc2blog_202402031927226bc_20240203193137524.jpg

しかしご存知じの通り無念の中止となってしまったのです。
からの…


fc2blog_20240203192720f26_2024020319313661f.jpg

ちょwww予定通り上演されてたら最前だったwwww
これはあれか、観られなかったのに推されポイントだけ無駄に消費してしまって、次の公演で干される地獄のパターン。

ということはこの日の席は…(((( ;゚Д゚)))) ヒー
せめて上手の席だけはかんべん、下手でお願いします。
下手下手下手下手…





fc2blog_2024021519525750d_20240215195723e49.jpg

★劇場座席図(最新版)240214ここ天
素晴らしい回答きたああああ!(≧▽≦)
前々回入ったここ天公演で110番に座り、下手な前方席よりよっぽど良い大満足の席だったと言いました。その110番と同じ軸です♪
ちょうど段差が始まるところでステージも程よく近い110番に対して、真ん中ブロック最前のこの列はメンバーの腰から上しか見えず、全身が見えないという弱点があります。

どうせならまた110番の方がよかったとも思いましたが、そこまで言うのは贅沢というものでしょう。そしてこの席は通路が目の前なので、下手寄りのメンバーはちゃんと全身が見えるのです。

6097.png
この日の公演、流石にただの平日の公演とは違いました。立ち見までびっしりと満席だったのです。それでこの好位置に呼ばれるとは。
最前が流れたのは確かに癪ではありますが、14番はまたしても上手の端です。ここ天公演のえれたん推しとしてはむしろこっちの75番の方が良いとすら言える程です。これならば不足はありません。

6098.png
さあ開演ですが、いきなりえれたんが0ズレ!えれたん0ズレから公演スタート!
うおおおおこれは高まる!!(//∇//)

厳密に言うと、完全な0ズレではありません。もしそうだったらえれたんの姿はよく見えません。僅かにズレているのです。その結果、前の席とその隣りの席の間(59番と60番、40番と41番……の間)を通して、えれたんの姿がばっちり見えます。ほぼ真正面でありながら、都合の良い僅かなズレ。まさに完璧、絶妙な位置関係です。

6099.png
最高の始まり方ですが、ここでえれたん、じーっと目を合わせてくれました。「チラッ」でもなく「じっ」でもなく、数秒間じーっと見つめ合えました。公演の一曲目の歌い出しでこれとは!ぐおおおおおお
えれたんにとっても、始まった瞬間いかにも見やすい位置に自分推しの電光ボードが光っていたら高まるでしょう。超絶Win-Win!

さらには、この歌い出しではえれたんが座っているから目線の高さが近いのです。凄過ぎる展開で開始10秒でお腹一杯状態ですが、いきなり記憶を飛ばしている場合ではありません。この日は大切な仕事がありました。



fc2blog_20240120103427875_202401201038222c5.jpg
そう、二刀流の本格始動です(小声)
Radio nameでえれたんが上手の端に行ってしまい、代わりにはんちゃんが下手の端の一番見やすい位置に来るという場面がありました。そこでえれたん推し電光ボードを伏せてはんちゃん推しうちわを掲げました。するとはんちゃん、瞬時に気付いてレスをくれました!(//∇//)

6102.png
しかしレスを貰えて嬉しいとか、初めて二刀流をやってみての感慨とか、そんな事よりもはんちゃんの反応の速さにつくづく感心したというか驚きました。客席をここまでよく見る意識の高さと余裕、推し贔屓抜きで客観的に見ても、成長著しい六期生の中にあってもやはりずば抜けたものを感じます。

ともかく記念すべき(?)二刀流の一発目は大成功したわけですが、この日は曲中にはんちゃんうちわを出したのはこの一回きり、あとはバイバイタイムまで封印していました。意外に思われるでしょうか?
えれたんが上手の端に行ってはんちゃんが下手の端に、そんな都合の良い場面は再びなかったというのが最大の理由です。

6100.png
何より、はんちゃんにえれたん推し装備を見られるのは構わないのですが、えれたんにはんちゃん推しうちわが見付かるのはあってはならないからです(超小声)
席位置が良かったこともあり、修羅場を回避して安全にはんちゃんうちわを出せるチャンスが二度は巡ってこなかったと言ってもいいでしょう(なんなんだ)

それはともかくとして(?)、二刀流の件はさておき、この日はもう一つの試みをしながら公演を観ていました。えれたんの生誕祭以来ゴリゴリにコールしながら観てきたここ天ですが、一部を地蔵で観ようというものです。

6101.png
むろん全部ではありません。自分自身コールしないで観るなんてあり得ない、コールしたくて堪らない曲があります。筆頭は言うまでもなく一曲目の青月、それから上履きや2月の歌なんかもそうです。その一方で、ここいらで一度コールしないで静かに曲を聴いてみたいと思える曲があったからです。

6103.png
表題曲でもあるここにだって天使はいる、この曲を静かに見てみたいと思ったのが直接の動機でした。イントロ二連で入れる曲はレアなのでつい打ちたくなるのですが、MIXやコールが似合う曲とは思えない、と矛盾する思いもずっとありました。
他にもこの日は雪の歌や初めての星なんかを地蔵で見ていました。たまにはこういう変化を付けるのも面白いものです。

こんな感じであれやこれやとテーマを抱えて臨んだわけですが、まだ始まったばかりです。やがていつも以上のテンションの高さと高揚感に満ちた公演に魅了され、感動に包まれていくことになるのでした…
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■2024年2月14日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」バレンタイン公演(その二)

★劇場座席図(最新版)240214ここ天
初めての現場での二刀流、いよいよ本格始動の時。
二曲目のRadio nameでえれたんが上手の端に行ってしまい、はんちゃんが下手、自分の目の前に来ました。ここでえれたん推し電光ボードを伏せ、代わりにはんちゃんうちわを掲げたところ速攻ではんちゃんからレスを貰えました。

二刀流デビューは大成功、と喜ぶのも束の間、ここにだって天使はいるの大サビで、下手花道にえれたんとはんちゃんの二人が並びます(震)

6104.png
この立ち位置は分かっていたので覚悟はしていたのですが、とにかくえれたん推し電光ボードを少し左に向けながら見ていました。えれたんに対してはこれまでと何も変わらない、いつも通りです。問題ははんちゃんがこれを見てどう思うかです。

IMG_3882.jpg
そもそもはんちゃん推しうちわの製作を急いでこの日に間に合わせたのも、急遽の代打ではんちゃんが出演することになったからです。当落が出た後に決まった代役ですから、劇場にはんちゃん推しは殆どいない筈。ここははんちゃんを応援しなければ!
それ故にはんちゃんにとっても自分推しのうちわはいつも以上に嬉しいだろうし、いかにもステージから見易い席でこれを出したのだから爆レスをくれたのも当然でしょう。

その直後だけに「あれっ、さっきうちわ出してくれた人、えれなさん推しボードを…」こうなるのもまた当然です。
これについてはんちゃんに対して釈明の場を設けたと言いましたが、お話会までまだひと月半もあるっていう(汗)

IMG_2545.jpg
えれたんに対してはこれまで通りでいく。はんちゃんにえれたん推し装備が見られるのは構わないけれど、反対にえれたんにはんちゃん推しうちわが見付かるのはあってはならない。
こう方針を明確にして臨んだとはいえ、この時ばかりはどうにも居心地がよろしくないというかざわざわしました。このあたりをどう処理すべきなのか、自分でもまだ分からない状態です(震)



それはともかくとして(?)、前半曲から震えていても仕方ありません。引き続き公演を楽しみましょう(?)
前回入ったここ天では、えれたんが生誕祭以来四か月ぶり二度目のdead bodyをやるにあたり、カトレアの間奏でギターを弾くポーズをぶっこんでくるという荒技に出ましたw

6105.png
そこでこの日もカトレアの間奏には大いに注目していました。しかしこの日のえれたん、隣りのゆかちゃんとお揃いでおちゃらけポーズをするという無難な内容でした。これはdead bodyはないな、安定の雪の歌かな?

6106.png
…からのえれたん自己紹介一列目!
こ、これはもしや…

6109.png
きたあああああああ(≧▽≦)
またしても劇場でえれたんのdead bodyが見られるとは!俺氏運つええええええええ

これでえれたんのdead body、ここまで四回やったうちの三回を生で見たことになります。やはり長年推しているからこそ引き寄せられるのでしょう(割と真顔)
ともあれ、この素晴らしく俺得な展開を堪能します。

6121.png
そしてえれたんのdead body、明らかに進化して良くなってる!
具体的に言うと、ギターに足を引っ張られて得意の歌までダメにならないようにしよう、という意識がはっきりと伝わってきたし、結果にも表れているのです。

6110.png
ギターはそう簡単には上達しません。とにかく練習あるのみで、時間がかかる。だからギターはまだまだでも、ひとまずしっかり歌おうと考えたのでしょう。その効果は覿面でした。
マイクの位置を入念に微調整し、前をしっかり見て歌い、前回はぶつ切りだった言葉も滑らかに繋がっていく…これでこそえれたんの美声、歌唱力が発揮されるというものです。拍手!

6111.png
そして四回目というのは、ちょうどぐんぐん上達していくあたりなんですよね。そこを劇場で見られたのは幸せでした。

6112.png
この日の何度も狙え、ここかれんにまりあまでいました。Lit charmの無駄遣いww無駄に動きが素早いwww

6113.png
上履きのセンターは安定のくるたんでした。前回はこれが余りに凄くて危うさや儚さを感じてしまったのですが、前回の印象が強烈だっただけにこの日は特に何も感じませんでした。
きっと同じくらい凄いものを見せられているのでしょうが、頻繁に劇場に通うことの功罪を感じます。

6114.png
むしろ興味深かったのは珍しくここに入った音々ちゃんでした。音々ちゃん本人というよりは、客席のヲタの反応が興味深かったです。センターのくるたんよりも明らかに音々ちゃんコールの方が大きいww
いつメンのくるたんよりもレアなぶりぶり音々ちゃんが見られて客席のテンションが上がっていましたw

さあ雪の歌です。この日は研究生が二人だから、dead bodyをやったえれたんが二回転する可能性がありました。出るとしたらここでしょう。暗転しているステージによくよく目を凝らして見ましたが、残念ながらえれたんの姿はありませんでした。

6115.png
センターがゆかちゃんだっただけに久々にえれゆかのシンメ、最高のハモリを聴きたかったですが、仕方ありません。dead bodyを見られただけでも十分に満足です。
そう思っていたら…

6117.png
まさかのやつきたああああああああああああ
下手ポジはてっきりきゅうりちゃんだと思っていたのに、なんだこの神展開!!

6116.png
dead bodyが見られただけでも幸運なのに、まさかえれたんの脱ぐところジッパーまで見られるとは!ああああ俺得俺得俺得俺得



≪2024年2月14日、チームKⅣ「ここにだって天使はいる」バレンタイン公演 出演メンバー≫
秋吉優花・井澤美優・今村麻莉愛・江口心々華・大庭凜咲・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・立花心良・田中伊桜莉・地頭江音々・福井可憐・松岡はな・森﨑冴彩・猪原絆愛・大内梨果

≪同セットリスト≫
影アナ:立花心良

0.overture
1.青い月が見てるから
2.Radio name
3.ここにだって天使はいる
4.カトレアの花を見る度に思い出す
MC(自己紹介)
5.夢のdead body(坂本愛)
6.何度も狙え!(今村、江口、立花、田中、福井)
7.おNEWの上履き(竹本、地頭江、松岡)
8.この世界が雪の中に埋もれる前に(秋吉、井澤、大庭、森崎)
9.ジッパー(今村、栗山、坂本愛)
MC
10.初めての星
11.100年先でも
12.リボンなんて似合わない
MC
13.ドガとバレリーナ

アンコール

EN1.情熱ハイウェイ!
MC
EN2.少し苦い人生相談
EN3.不毛の土地を満開に…
MC(バレンタイン特別企画)
EN4.お願いヴァレンティヌ
EN5.そういうことFebruary



6118.png
ふおおおおおおくびれくびれくびれくびれ(落ち着け)
エロすぎてでゅふふ実に女性らしくて美しいです。

6119.png
捉え方はともかくとして(?)、とにかく凄い美くびれです。お見事!拍手!

6120.png
DMMの映像では余り伝わりません。これが堪能できるのはやはり現場特権です(力説)
一方でえれたんを長映ししたDMMアーカイブに表彰状と感謝状をダブル進呈したい

それはともかくとして(?)、公演はまだまだ続きます。後半戦に入り、劇場全体がますます熱量を増していくことになるのでした。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR