■2021年4月26日、R24「博多リフレッシュ」公演(その一)

IMG_0263.jpg
何日も前から楽しみで仕方なくて、いつも以上にわくわくして上ずった気持ちで劇場へ向かったのは久し振りな気がします。一年以上振りに観るR24公演、良い曲が詰まった濃密なセットリストの魅力も勿論その理由ですが、何といってもえれたんが出るR24公演を観るのはこれが初めて!(≧▽≦)

それだけではありません。えれたんも一年以上振りの出演ということで、オフの日を潰してゴリゴリに自主練していました。この日のためにそれだけの準備をしてきたわけですから、特別感があります。
さらにさやまるとみみみも同じように一年以上振りの出演、くりなが初出演でした。この日のリハは全曲通したそうです。独特の特別感、緊張感のある公演を観られるなんて、それだけでもおいしいです。

DSC07892.jpg
一ヶ月振りに劇場に行くと、いくつか変化がありました。
まずは入口脇のパネルが3-2から新曲の君とどこかへ行きたいに替わっていました。えれたんがおるうううぅぅ!♪
後で、この日に替えられたことが分かりました。ナイスタイミングすぎる!

DSC07891.jpg
一方で、それぞれのチームの所に掲げられていたはるたん先生としなもんの千回出演のレリーフが、研究生の所に移動していました。何故なんだ…笑

DSC07893.jpg
推しドリンクもやっと飲むことができました。コースターが付いてくるので推し事として欠かせないわけですが、私は甘いものが苦手なのです…
(当時の記事にも書きましたが、通りもんを食べるなど罰ゲームでしかなかった。おえ)
500円払って「ドリンク要らないのでコースターだけ下さい」というのも一瞬頭をよぎりましたが、流石にそれも痛過ぎるのでやめました。意を決して口をつけたのですが…

おおっ?!そこまで甘くない。爽やかで清涼感があって、何とか飲める範囲。甲類焼酎かウオッカを入れたら普通に美味そう(笑)
色もとても綺麗で、完成度が高いです。流石は俺のえれたん!センス最高!(゚∀゚)
ただ失敗したのは、混ぜた後に写真を撮らなかったこと。沖縄の海みたいな綺麗な色が伝わらない(泣)
中には泥水とか青汁とか言われてるのもあるようで
まあそれはともかく、余り甘くなかったのは嬉しい誤算でした。



さてさて、この日の席を確認しましょう。

IMG_0257.png

63番でした。

劇場座席図210426R24
推され席ではないけれど、干され席でもないそこそこの位置。かなり下手寄りですが、下手の花道に来たメンバーはこの図で感じるよりもずっと近いです。
両側に花道があるお陰で真ん中と端っこの格差が埋められる、改めて良い造りの劇場だと思いました。
(むしろ端っこの方がおいしい場面も多々w)

この前の脳パラで座った72番は、柱が邪魔して下手の花道が見えないという罰ゲーム席でした。その72番がすぐ近くですが、視界は全然違いました。
これらの事より何より、ここまで奇跡的に推され席が続いていたところでこの席です。干され席にならなかっただけで十分に有り難いというものです。先に言いますが、ステージ上のメンバーを遠いとは感じず表情もはっきり見えるし、存分に公演を楽しめました。



影アナはじーなでした。今回はすぐにじーなと分かったのですが、それと共に普段の影アナと明らかに気配が違うことにもすぐ気付きました。良い意味で素の喋り方ではないわざとらしさがあったのです。口を大きく開いて明瞭に、滑舌も強く意識して喋っているであろうことが伝わってきました。大きく抑揚を付けて客席に語りかけるような話し方も印象的です。

実はこの公演の直前に大型連休中の公演スケジュールや出演メンバーが発表されたのですが、じーなはH公演にもR24にも出ず、3日の集会にしか出演しないのです。
これを受けて、きっと舞台に出演するんじゃないかと噂されていたのですが、この影アナを聞いてその事を確信しました。果たしてこの公演が終わった後にじーなの舞台出演が発表されるという顛末でした。

3925.png
さあ開演です。一年以上振りのR24公演、初めて観るえれたんが出るR24公演、楽しみすぎるうううぅぅ!
が、しかし…

3926.png
3928.png
出だしの二曲はえれたんは殆ど上手の端で、しかも後列にいることが多いからこの席からだと遠い遠い…
特に二曲目では他のメンバーがかぶって見えない時間が長かったです(´・ω・`)

しかしまあ、こればかりは仕方ありません。そこで久し振りのR24公演の雰囲気を掴もうとしつつ、メンバー全員を髪型チェックしながら見渡していきました。

3924.png
何といっても印象に残ったのは初出演のくりなです。顔が紅潮してるし表情が引きつってる。ド緊張してるww

3929.png
それからもう一人の五期生みみみ。昇格してから初めての劇場公演だそうで、そうなると注目はやはり髪型です。お下げのツインをしていました。似合っていて良いですね。髪を下ろして頬の線を隠した方がかわいい女の子と、逆に顔の線を全部出した方が似合う女の子がいますが、みみみは明らかに後者ですね。なないろ公演の時よりシュッとした印象になりました。

それから、ステージ全体を見渡していて改めて気付いたことがあります。西鉄ホールとステージの幅がかなり違うんですね。
えっ、今さら?と思われるかも知れませんが、そう、今さらながらに実感しました(笑)

3927.png
なないろ公演は人数が少なかったから気付きにくかったというのもあります。10人が横一列になった時に、ステージの幅とぴったりで心地が好いのです。つまり、16人には狭いということでもあります。
新劇場で16人の公演をまだ観ていないのですが、16人全員がメインステージにいる時はぎゅうぎゅうでしょうね。だからこそ凝縮感や迫力が感じられ、また花道を使ってメンバーが横幅一杯に広がった時の気持ちよさがあるんだろうな…

さて、三曲目は抱きしめちゃいけないです。なないろ公演の桃組のセトリにも同曲が入っていて、えれたんがセンターでした。それを見てきたから、えれたんセンターじゃない同じ曲を見ても格落ちだろうなぁ
そんな感じで緩く構えていたら、思いもよらぬ展開に!

3931.png
ちょwwwえれたんがセンターなんですけどwwwwww

3930.png
じわじわきつつも、これは嬉しい誤算でした。なないろ公演よりも多い10人で、しかも先輩の二期生達を従えてのセンターです。見応えが違う!
センターの位置を外れる時もえれたんが下手側で、最初の二曲から一気に状況が好転しました。

3932.png
落ちサビ前の間奏のところで、メンバーが横一列になって一人ずつ左腕で頭の横に丸を描く「Rポーズ」をします。

3933.png
ところがえれたん一人だけこれをやらずにグリコみたいな両手広げポーズww先輩の公演なのに自由すぎるwww
しかもえれたんが下手の端っこだったので真正面に近く、よりおいしい展開でした笑

3935.png
四曲目でもえれたんがずっと下手!しかも大サビで花道の先端に来たああああ
俺のえれたんが近い!目の前!(≧▽≦)



前半曲が終わって自己紹介MCへ行くわけですが、私はメンバーの立ち位置に注目していました。ここで話はどどんと一年以上も前に遡ります。
えれたんが初めてR24公演に出演した時、何が嬉しかったって、ユニットがハートの独占権だったことです。てっきり記憶のジレンマだと思っていました。これは嬉しい誤算、超絶見たいやつ!
そう思っていたのですが、叶わぬまま公演の休眠期間に入ってしまいました。

この日はさやまる、みみみ、くりなと、えれたんの後輩が三人もいました。前述の通りくりなは初出演、みみみとさやまるもえれたんと同じように一年以上振りの出演です。
後輩が三人もいて、これだけ長い期間が空いた…これらの条件を考えると、えれたんがハートの独占権を外されて他のユニットに替わっている可能性も十分にあります。だから自己紹介MCの立ち位置が気になるのです。ハートの独占権はユニット一曲目だから、えれたんが後列にいたらその時点でアウト。前列に居たとしても、同じ前列に後輩達がいたらざわざわします。

3936.png
えれたんは前列下手の端、自己紹介トップバッターの位置。そしてみみみとさやまるが後列!記事の一番頭の写真をもう一度見てみて下さい。よりよく分かると思います。

おおっ、これは良いのでは?
果たしてその結果は…
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR