■2023年11月5日、ひまわり組「パジャマドライブ」公演(その二)

≪2023年11月5日、ひまわり組「パジャマドライブ」公演 出演メンバー≫
荒巻美咲・川平聖・栗山梨奈・坂本愛玲菜・坂本りの・田中伊桜莉・山内祐奈・生野莉奈・猪原絆愛・大内梨果・大庭凜咲・北川陽彩・福井可憐・藤野心葉・森崎冴彩・安井妃奈

≪同セットリスト≫
影アナ:田中伊桜莉

0.overture
1.初日
2.必殺テレポート
3.ご機嫌ななめなマーメイド
4.2人乗りの自転車
MC(自己紹介)
5.天使のしっぽ(栗山、坂本り、大庭)
6.パジャマドライブ(荒巻、猪原、福井)
7.純情主義(坂本愛、田中伊、山内)
8.てもでもの涙(北川、森崎)
9.鏡の中のジャンヌ・ダルク(川平、生野、大内、藤野、安井)
MC
10.Two years later
11.命の使い道
12.キスして損しちゃった
MC
13.僕の桜

EN1.よっしゃーHKT!
EN2.水夫は嵐に夢を見る
MC
EN3.白いシャツ



不意にやって来たはんちゃん株の急上昇、それは自分でも予期できないものでした。一体どうしてこうなったのか。
胎動は確かにあったのです。二回目のつぼみ公演に参戦する際、渋井ちゃんとはんちゃんが両方いることが譲れない条件だと言いました。一方で六期生にはこの先推しメンにも好きメンにも絶対なり得ない子が何人もいる、とも言いました。つまりはんちゃんはふるいに掛けられず残ったのです。

5852.png
とはいえ、好きになるきっかけとなる出来事も釣られるような事件も何も起こっていません。
私がえれたんを好きになったのは、ごめんねジュエルのバックダンサーを務める当時研究生だったえれたんを見て、稲妻に打たれるような衝撃を受けて一気に惹かれたからです。ODAも、最前列の0ズレ、目の前も目の前で遠くにいてものサビでじっと見つめられて釣られたからでした。
このようなきっかけが何も無いのに、何故はんちゃん株が急上昇したのか、自分でも分かりません。
まさに「何がきっかけだったのか 入り口を思い出せないのよ」という状態なのです。

しかし、もしこのままはんちゃん沼に沈んでしまったとしたら、この日のこの公演は後年振り返って忘れられない出来事となるでしょう。
どういう事かというと…


こ、これは…!
実は界隈にパジャドラのポジション割りにとても詳しい人がいて、この日の出演メンバーにはセンターをやったことのある子がいない、誰かが覚えて新たにセンターに入ると事前に伝えられていたのです。そしてそれがはんちゃんという可能性もあったのですが、まさか本当に来るとは。

5870.png
この日はえれたんが見えにくい時ははんちゃんに注目して見ようと決めていたし、これで楽しみが一つ増えたとも思いながら劇場へ向かったのです。ポジションが良いものだから、自分さえ望めばいつでも見える見える。
不意の株価急上昇に自分自身でも戸惑っているこのタイミングでまさかはんちゃんセンターとは。
これも何かの運命か
はんちゃんを見過ぎて立ち位置が入れ替わった時に一瞬えれたんを見失ったとか言えない


それはともかくとして(?)、そろそろいい加減えれたんに登場してもらいましょうか(小声)

5875.png
5874.png
自転車の出だしでえれたんが下手の端、おおお俺得な良いポジション!(≧▽≦)
そう思っていたらここでえれたんさん、盛大にやらかしました。
この曲はまず腕を上に突き上げ、それからぐるりと回した後に手を前に差し伸べるような振り付けです。ところがえれたん、いきなり手を前に差し出してしまったのです。隣りに居たみるんさんがそれに一瞬で気付いて、恐らくえれたんに耳打ちしたのでしょうか。二人でニヤリと笑うという展開です。
これを間近で見られたのは実においしかったです(笑)

そんなえれみるですが、前半曲でもう一つ印象的な場面がありました。ただし良い印象ではありません。
下手の花道にえれみるの並びで来る場面がありました。おおっ、近い!
…が、特別嬉しいとも感じませんでした。これが今のありのままの印象です。

o19201440p_20231122194735450.jpg
かつてはえれみるは尊い存在でしたが、今やみるんさんのみさまるさん化に拍車がかかっています。もはやアイドルとしてぎりぎりの線、これ以上少しでも太ったら本当にヤバい。そのぎりぎりの線を何年か保っているのは逆に凄いですが、褒められません。全然痩せる気が感じられないし、それでいいのか…

ちょうど一年前、えれゆかダブルセンターの白日夢を観た時は本当にテンション超爆上げで、卒倒するんじゃないかというくらいでした。尊いとはこれを指して言うのだ、と思いました。
(その時の記事はこちら)
本来のえれたんの相方はみるんさん、オリジナルはえれみるのダブルセンターなのですが、今えれみるダブルセンターの白日夢を見せられてもテンション爆上げにはならないでしょうね…



ユニットへ行きましょう。
しっぽはセンターがりちゃき、くりな、りのちゃんという安定の布陣です。

5876.png
ここはビジュアル最強くりなたんが下手の花道に来るのが最大の楽しみですが、残念ながらそうは問屋が卸しませんでした。

★劇場座席図(最新版)231105パジャドラ
改めまして、この日の座席は39番です。前回入ったパジャドラでは55番に座り、下手ポジだった俺のいぶいぶ大天使が目の前過ぎて昇天したわけですが、39番はこの図で見るよりずっと下手花道メンが見辛いのです。
結構きつい角度で斜め後ろを振り返らねばならず、振り返ったところで他の人がかぶっていまいちよく見えません。すぐ近くにいるのによく見えないというのはもどかしいですね。

5877.png
さあお待たせしました(小声)、はんちゃんセンターのパジャマドライブです。うおおおおおコールに力が入る!!(もういっちょ小声)
それだけに下手民の超絶干されタイムが残念でした。

パジャドラ(再)にえれたんが初めて出演した時に、こんなことを言いました。
自分の中でかつてのイメージはえれたん=パジャマドライブのセンター。純情主義のセンターは色々と感慨深いけれど、パジャマドライブのセンターのえれたんが見たかった、と。

5878.png
それがまさか、新たにそのポジションに挑戦するはんちゃんの姿を見ることになろうとは。
これも何かの運命か(尚も小声)

それはともかくとして(?)、公演はまだまだ続きます。
(つづく)





↓ ↓ ↓ ランキングに参加しています。よろしければ下記の二つのバナーをクリックして下さい。ご協力をお願いします。
にほんブログ村 芸能ブログ HKT48へ
にほんブログ村

HKT48ランキング

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

だから僕は音楽を辞めた(Cover : ヨルシカ)

ようこそ

HKT48を楽しむ、中年ヲタのブログ

前ブログです。よろしければこちらもご覧下さい。現役時代(笑)の全力ヲタ活の全記録です。

全記事表示リンク

プロフィール

とけすん 

Author:とけすん 

2016年夏、元推し穴井千尋の卒業とともにヲタ卒。のはずが箱推し感情が強くて成仏できず亡霊化。
2018年10月から半年だけ福岡に住み、その間29回も劇場に通って現世に引き戻される。そして幸か不幸か再び福岡に住むことに。

最近では周囲から「ただのえれたん推しでしかない」との声も(?)

検索フォーム

QRコード

QR